現在、リライトにも力を入れています!最近のリライト記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

大人の喧嘩、どうやって仲直りすればいい?仲直りするための3ステップ

こんにちは(ฅ`ω´ฅ)

エンジョイフルエンサーのわくにん(@wakunin89 )です!

 

小さい頃、兄弟や友達と喧嘩した記憶はおそらく誰にでもあるでしょう。

おもちゃの取り合いやどっちかがたたいた、なんてことからすぐに喧嘩になりますよね。

 

ですが、大人になるにつれて喧嘩の数って減ってきますよね。

それは喧嘩になるのがイヤだから。

 

言いたいことはあるけど、グッと我慢して言葉を飲み込む。

喧嘩になると、かなりエネルギーを使いますし、疲れちゃいますもんね。

 

でも、言いたいことが言える仲である場合はどうでしょうか?

親しい仲だからこそ、自分の思ったことをそのまま伝えませんか?

 

自分の思ったことを伝えた結果、相手と喧嘩になってしまう……。

これが、大人の喧嘩のはじまりだと思います。

 

では、大人の喧嘩の場合、どのように仲直りすればいいのでしょうか?

仲の良い友達やこれからも交流を続けていきたい人。

本記事では、大切な人と喧嘩をしてしまった場合の対処方法および仲直りの仕方をご紹介していきます。

仲直りの基本、すぐに謝る

喧嘩の基本は、やはり『すぐに謝る』ことが鉄則です。

 

喧嘩している状態はなんとも居心地が悪いもですよね。

その居心地の悪い状態から抜けだすためにも、

可能であるならば喧嘩相手には速攻謝って仲直りできるか試みます。

 

なぜ、『可能であるならば』と書いたかというと、

大人になってからの喧嘩は、プライドや自分の考えが邪魔してしまい、

すぐに謝るという行動をとれないことが多いからです。

 

また、喧嘩直後は、自分もけっこうイライラしてしまっていることも多いです。

なので、すぐに謝ったとしても

 

「ハイハイ、どうもすみませんでしたぁーーーー!!」

 

みたいな、まったく心入っておらず……な謝り方をしちゃったりね……w

 

大人の喧嘩の仲直り方法で大切なのは、原因究明自分の気持ちです。

次項から詳しく見ていきましょうね。


喧嘩の原因を探る

喧嘩をしてしまったということは、自分と相手との間に、

考えのちがい、意見の食い違いなど、何かしら相手と衝突してしまったということですよね。

 

喧嘩してしまった後はお互いに興奮状態になってしまっていると思います。

なので、まずは一旦距離をとり、冷静になるよう努めましょう。

 

そして、なぜ喧嘩が起きてしまったのか、原因を探ってみましょう。

どうやって原因を探っていくかというと、紙に書き出してみることがオススメです。

 

紙に書くという行為は、自分の気持ちを外に出すことでもあります。

なので、書いているうちに冷静さも取り戻すことができるんです。

 

そんなわけで……

紙とペンを用意~~~~!!

 

紙とペンの用意ができたら、以下の項目を書き出してみましょう。

やってみよう!

  • 何の話題で喧嘩になったか
  • その話題における自分の意見は?
  • では、相手の意見は?
  • 自分と相手の意見で、かみ合わなかった部分はどこか?
わくにん
難しく考えずに、実際に起きたできごとをそのまま書いてみよう!

 

書き出していく時のポイントは、自分が喧嘩の当事者であることを一旦忘れて、

喧嘩仲裁人になったつもりで、客観的に物事を考える立ち位置にいると思い込むことです。

 

喧嘩の当事者のまま考えても、自分の意見に流されて

やっぱりあっちが悪い!!

となってしまうため、堂々巡りをしてしまいます。

 

喧嘩の原因を探る際は、『自分はあくまでも喧嘩の当事者ではない、第三者である』と考えましょう。

 

上記で挙げた項目について、実際に書き出していくのがベストですが、

すぐに紙とペンを用意できないということであれば、この記事を眺めながらぼんやり思い出すでも大丈夫です。

とにかく少しずつ何が起きたのかを客観的に捉えていきましょう。

 

自分がこう言ったことに対し、相手はこう反論してきた、というように、

自分の感情に注目せずに事実だけを取り上げていくと、自分でも驚くくらいに冷静になることができますよ(^^)/


自分の気持ちと向き合う

喧嘩の原因を探ることができたら、次は喧嘩の当事者に戻ってしまって大丈夫です。

今の自分はどういう気持ちなのか、自分に素直になって向き合ってみましょう。

 

喧嘩の原因を探る前は、

あっちが悪い!悪いったら悪い!

と自分側でしか考えることができなくなっていたのが、

原因を探った後は、ほんの少し、相手側の事情や考えに寄り添うことができているのではないでしょうか?

 

仲直りをしたい相手だからそこそ、少し冷静になると相手のことも考えることができるようになります。

 

これで一方的に痛めつけられたり、完全に傷つけられて関係修復は困難という相手であれば、

それはそれで今後は距離を置くという選択ができます。

なので、別に相手のことを考えることができなくても自分を責めることはありません。

 

大丈夫、あなたは何も悪くない。

 

さて、喧嘩をしてしまい、喧嘩の原因が分かった上で、

今の自分はどうしたいのか、自分はどういう気持ちを抱いているのかを自分で受け止めてあげましょう。

 

おそらくこの記事を読んでくださっているということは、「大人の喧嘩 仲直り」と検索して、この記事を見つけてくれたということ。

つまり、あなたの中に『仲直りしたい』という気持ちがあるからだと思います。

その気持ちを無下にせず、大切にしてあげましょうね。



喧嘩の相手に、自分の素直な気持ちを伝える

自分の気持ちと向き合うことができたら、あとは最後の仕上げ。

 

相手に、

『喧嘩をしたときにどう思ったのか』

『どういう感情を抱いたのか』

『その後冷静になってみて、今はどんな気持ちになっているのか』

を素直に伝えましょう。

 

こうして自分の気持ちをきちんと順序だてて説明できるのは、大人になったからこそ成せることだと思います。

 

この段階までくると、プライドより相手と仲直りしたいという気持ちが勝っているはずなので、

変に構えず自分の腹の内をさらけ出すつもりで相手に伝えましょう。

 

元々、喧嘩をするということはお互い思っていることを言い合える仲、ということです。

相手も、客観的に喧嘩を捉え、自分の感情を冷静に伝えてくるあなたに対して、目くじらを立てることはないと思います。

注意
それでも何かしら言いがかりをつけてくる場合は、あなたと立っているステージがちがうので、残念ですが距離を置く対象にしてしまってもいいと思います。

 

お互い腹を割って話すことができれば、仲直りはもちろん、今まで以上に分かり合える相手になることまちがいなしですよ!

大人の喧嘩、それは自分を見つめ直すチャンス

いかがでしたでしょうか?

今回は大人の喧嘩をした時の対処方法および仲直り方法をご紹介しました。

 

……実はこれ、私が今まで生きてきた中で編み出したコツなんです。

私も結構深く交流がある人には思ったことを言ってしまうタイプなのですが、これにより何度も喧嘩をしてしまいました……。

 

ですが、

わくにん
思ったことを言える仲だからこそ、喧嘩程度で失いたくない……!

そう考えてから喧嘩を客観的に捉えるようになりました。

 

沸点は高い方ではないので、今でもカッとなりますが……笑”

あくまでも客観的に、冷静にをモットーに対処し仲直りしています♪

MEMO
あ、私のようにカッとしちゃうタイプの方はこの本オススメですよ↓↓

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です