現在、リライトにも力を入れています!最近のリライト記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

【7年交際した彼氏とお別れ】結婚する気がない彼氏の特徴と対応方法

椅子に離れて座った男女シルエット

こんにちは(ฅ`ω´ฅ)

わくにん(@wakunin89 )です。

 

あなたには、長年付き合っている彼氏がいますか?

もしくは、今の彼氏が大好きで結婚したいと思っていますか?

 

女性であれば、一度は夢見るしあわせな結婚。

夢見る女性
どんな結婚式にしようかな♪
新婚生活ってどんな感じかな♡

といろいろ妄想がふくらむこともありますよね。

 

でも……あれれ?

 

「彼は、私と結婚する気があるのかな?」

 

と、不安になることはありませんか?

悩める女性
・結婚する気がない彼氏にはどんな特徴があるか知りたい
・長年付き合っているのに、結婚の話が出ないのはどうして?
・結婚の話にならない場合はどうすればいい?

本記事では、こんなお悩みにお答えします。

 

本記事の内容

  • 結婚する気がない彼氏の特徴まとめました
  • 長年付き合っているのに結婚の話が出ない理由
  • 結婚の話にならない場合の対応方法

私は、以前7年交際した彼氏がいました。

7年という長い期間交際したにも関わらず、結局その彼氏とは別れています。

 

現在は、別の男性と結婚して子どもがいるのですが、今の夫とは結婚前提で交際をはじめました。

このため、結婚する気がある彼氏と結婚する気がない彼氏のちがいについては痛いほどによくわかります。

こんな私が解説していきます。

結婚する気がない彼氏の特徴をまとめました

結婚する気がない彼氏の特徴は以下の5つです。

結婚する気がない彼氏の特徴

  • 結婚の目途が立たない
  • 結婚したあとの話をしない
  • 子どもと触れ合っても子どもの話にならない
  • 現在の収入や貯金の話をしない
  • 仕事などを理由に結婚の話を進めない

順番に解説していきます。

 

結婚の目途が立たない

長年付き合っていると、結婚を意識するカップルも多いと思います。

 

ですが、

「何年以内に結婚しよう」

「何歳になるまでに結婚しよう」

といように、彼氏の口から結婚までの具体的な数字が出てこない時は要注意です。

 

なぜなら、結婚というのは一大イベント。

一家の大黒柱になるということもあり、男性側にも覚悟が必要になるのが結婚です。

 

なので、彼氏側も心の準備というものが必要で、

それが結婚までの具体的な数字に表れるんですね。

わくにん
2~3年以内に結婚しよう!という言葉があれば、その2~3年で彼氏は覚悟を決めるということだよ!

なので、この具体的な数字が一向に出てこない場合は、いつまでも彼氏の覚悟ができないということ……。

つまりは、結婚する気がない……ということになってしまうんですね。

結婚したあとの話をしない

結婚したあとの話というのがどういうものかというと、

今は都内に住んでいるけど、いつかは郊外にマイホームを建てたいよね!

とか

少なくとも年に一度は旅行に行きたいよね!

などの、結婚してからのふたり(家族)の生活についての具体的な話です。

 

結婚すると、ひとりでの生活がふたりでの生活に変わります(当たり前ですが)。

この変化って、意外とでかいです。

 

何もかも自由だった独り身から、多少の制限も入ってくる結婚生活。

男性にとってもかなり大きな変化ですよね。

 

なので、結婚後のふたり(家族)の生活について具体的にイメージできるかできないかのちがいってすごく大きいです。

 

結婚後のふたりの生活について具体的に考えたことがないということは、

結婚についてもあまり積極的ではないといえます。

子どもと触れ合っても子どもの話にならない

親戚や家族、友人の子どもと触れ合う機会があっても、

結婚したら子どもは3人くらいほしいなー

とか

子ども可愛いけどまずは結婚だね

というように、子どもや結婚の話にまったくならない場合も要注意

 

もしも本気で近い将来結婚を考えてくれているのであれば、子どもと触れ合うことで結婚について意識します。

 

たとえ「結婚はしたいけど子どもは欲しくない」と考えていたとしても、

目の前に結婚を考えている相手がいるのであれば、どこかのタイミングでやんわりとそれを伝えてくれるハズ。

  • 子どもと触れ合う ⇒ いつか自分も子どもをつくるんだなぁ ⇒ その前に結婚だ
  • 子どもと触れ合う ⇒ 自分は子どもは欲しくないなぁ ⇒ 結婚はしたいと思っているけどね

上記いずれかの思考ルートをたどるにしても、子どもから想起されるのはやはり結婚なんですよね。

 

なのに、子どもと触れ合ってもまったく子どもの話や結婚の話が出てこない…というのは、

  • 今は結婚のことを考えたくない(考えられない)
  • 結婚したいと思っていない

など結婚に対して後ろ向きである可能性が非常に高いです。

現在の収入や貯金の話をしない

いずれ子どもをつくるにしろつくらないにしろ、結婚することによってふたりの生活が始まります。

 

生活に必要なもの、それは何か。

 

ズバリ、お金です。

 

夫婦になると、共有財産という夫婦ふたりの財産ができたりもします。

 

そもそもふたりでの結婚生活が始まる前に、結婚式費用や新婚旅行の費用もかかったりしますよね。

なので、結婚を真剣に考え始めると避けては通れないのがお金(収入や貯金)のことなんです。

 

そんなわけで、

  • 今の収入はどれくらいか
  • 貯金はあるか

こういったお金に関する話をまったくしないのも要注意です。

 

具体的な金額を言い合うのはちょっと…という場合でもざっくりと「これぐらいかな」という話をしないことには、

結婚式を挙げるためにあとどれくらいの貯金が必要なのか…などの逆算もできないですよね。

 

お金の話をしない…というのも、将来のことを考えられない(考えたくない)ということにつながるということです。

仕事などを理由に結婚の話を進めない

これは、最初の特徴で挙げた『結婚の目途が立たない』とすこし似ています。

ですが、厄介なのが「2~3年以内に結婚」という具体的な数字を言う点なんです。

 

正確にはこんな感じ。

2~3年以内には結婚したいと思っているんだ。その頃にはある程度の役職にもつけているし、仕事も落ち着いていると思うからさ。

おわかりになりますでしょうか?

  1. 結婚までの具体的な数字を言う
  2. 結婚するための仕事状況の条件を上乗せする

という二段構えなんです。

 

こういうことを言ってくる彼氏の場合、何が起きるかというと……

もしも2,3年経過していも、それなりの役職についていないor仕事が落ち着いていない場合、

たしかに2~3年以内に結婚したいとは言ったけど、予想してたよりも仕事が忙しくて……もう少し結婚は待ってくれないかな?

という感じで、仕事を理由に結婚を遅らせようとしてくるんです。

 

そうなってくると、いつまで待てばいいのやら状態になっちゃうんですね。

気づけば7年も10年も待っているけど、いまだ結婚の話にならず……ということもありえます。

わくにん
自分で書いててつらいよ!

長年付き合っているのに彼氏から結婚の話が出ない理由

ここからは、長年付き合っているにも関わらず、そもそもどうして結婚の話がでないのか。

その理由を3つご紹介していこうと思います。

長年付き合っているのに結婚の話がでない理由

  • マンネリ化する
  • 結婚する意味を見出せない
  • 結婚後の想像ができない

順番に解説していきます。

 

マンネリ化する

同棲しているカップルによくある理由が、このマンネリ化するというもの。

 

同棲する前は、デートする時のいわゆる『オン』の状態しか知りませんよね。

ですが、同棲をするとすっぴんや部屋着姿の『オフ』の状態が見えるようになります。

 

この状態が長年つづくと、マンネリ化することが多いです。

まぁ、結婚はしていないけど家族みたいな状態になる感じ!

 

マンネリ化(家族化)すると、男女のスキンシップがなくなってしまうこともあり、結婚からは遠のいてしまうことが多いです。

結婚する意味を見出せない

・結婚生活は地獄

・結婚するメリットがない

このように考えている男性は、意外と多いです。

結婚したら、ずっと家族のためにお金を稼ぎつづけなければいけないんだよね……

というように、結婚後に起きる不安を想像してしまう。

今すでに彼女と一緒に暮らせているし、何のプレッシャーもないし、この状態が一番いいや♪

と、男性側が感じると、結婚に踏み出すきっかけ(子どもができたなど)がない限り、

なかなか結婚しよう!ということにはならないんですね……。

わくにん
そりゃ楽なのが一番いいもんね……

結婚後の想像ができない

当然のことではありますが、結婚は婚姻届を提出したり、結婚式を挙げることがゴールではありません。

 

結婚をしたあとの、結婚生活。

そこからが本当のスタートです。

 

・金銭感覚が合わない

・食べ物の趣味が合わない

など、男性の中で

恋人として付き合うのはいいけど、結婚してずっと一緒に生活するのはちょっと……

と思う点があれば、男性は結婚という選択肢を選びません。

わくにん
なにか気になる点があれば言ってくれ!と思うんだけどね……

彼氏と結婚の話にならない場合の対応方法

では、結婚の話にならない場合、どのような対応をとればいいのでしょうか?

ここからは、彼氏と結婚の話にならない場合の対応方法についてご紹介していきます。

結婚の話にならない場合の対応方法

  • 自分から結婚の話をしてみる
  • 別れる
  • 人に相談してみる

順番に解説していきます。

自分から結婚の話をしてみる

彼氏からいっさい結婚の話が出ないのであれば、自分からしてしまおうという方法です。

メリット
  • 否が応でも彼氏と結婚の話ができる
  • 結婚についての彼氏の反応を確認できる
  • 彼氏が結婚を意識する可能性がある
デメリット
  • 彼氏に煙たがられる可能性がある
  • 彼氏にイヤな反応をされて自分が傷つくことがある

 

いろいろ考えるのは面倒であれば、もう腹を割って話しちゃうのが一番てっとり早いですよね。

彼氏の反応も確認できますし、彼女から結婚の話がでることで、

はじめて結婚を意識する男性もいます。

 

ですが、彼氏が結婚を考えていない場合は、かなりの高確率で煙たがられますし、

また今度、ちゃんと話そうか

とはぐらかされることもあります。

 

そんな反応をされると、こっちが傷ついちゃいますよね。

なので、ある意味では『諸刃の剣』といえる方法かもしれません。

 

いずれにしても大事なことは、

冷静に結婚の話をすること

です。

 

万が一

ちょっと!なんで全然結婚の話してくれないの!?

なんて言ってしまった日には、結婚の話が進むどころか、

うわ、何コイツ……

という感じで、彼氏に嫌われちゃう可能性もあるので、要注意。

 

また、もしも彼氏が結婚に乗り気でない様子を示したのであれば、

どうして結婚に乗り気じゃないのか

を聞いてしまうのもアリだと思います。

 

たとえば、

収入が不安で……

という答えがくれば

私も働きつづけるから大丈夫やで!

と返してあげることで、彼氏の中にある結婚不安要素を取りのぞいてあげることができますよね。

 

結婚への不安がなくなれば、彼氏も

結婚、こわくない!

と思って、一気に結婚への話が進むかもしれませんよ。

別れる

究極の選択がコレ、別れるです。

メリット
  • 結婚するために新たに行動できる
  • 結婚願望がある男性と出会える可能性がある
デメリット
  • 自分にとってつらい選択になる場合がある
  • 長年交際していたため、喪失感が大きい
  • またイチから恋愛をはじめなければいけない
今まで何度も、私から結婚の話したんだけど……

という場合や、彼氏が結婚についてなんの興味も示さない場合、

残念ながら彼氏とのお別れを検討した方がいいかもしれません。

 

別れることで、新たな出会いがあったり、

結婚願望のある男性とスルッっと結婚……なんてこともあるかもしれません。

 

ただ、長年付き合った分、自分の中で彼の存在ってけっこう大きくなってますよね。

なので、別れた後は、ポッカリ穴があいたような喪失感に襲われることも。

 

ただ、あくまでも別れるという選択は、

結婚して、子どもがほしいんだ♪

というように、結婚がしたいと思っている場合に限ります。

 

 

『自分はなぜ結婚したいのか?』

 

という点はよく考えてみた方がいいです。

 

・今の彼だから結婚したいと思ったのか

・ゆくゆくは子どもがほしいから結婚したいのか

結婚したい理由によって、今後の行動って変わってきますよね。

 

今の彼だから結婚したいと思ったのであれば、

彼と一緒にいたい ➔ 結婚しなくても彼と一緒にいればいいや

となるかもしれない。

 

でも、子どもがほしいからゆくゆくは結婚……と考えているのであれば、

結婚する気がない彼氏と長年いるのは、オススメできないです。

 

だって、女性にはどうしても子どもを産む年齢というのが関係してきちゃいますからね……。

 

結婚する気がない彼氏と別れるという選択は、かなりつらいですし、

思いきった判断だと考えてしまうかもしれません。

 

ですが、

『自分がどういう人生を歩みたいのか』

ということを考えたときに、必要な選択肢のひとつであることは覚えておいてほしいです。

人に相談してみる

自分から結婚の話をしてしまうか……

別れてしまうか……

2つの選択肢で悩んでしまう場合に、おすすめしたいのが『人に相談する』という方法です。

メリット
  • 自分の今の状況を客観的にみることができる
  • 自分にはなかった選択肢に気づく場合がある
  • 気分が落ち着く、スッキリする
デメリット
  • 最終的な解決にはならない
  • ただの愚痴で終わってしまうことがある

シンプルですが、人に相談するのってけっこう大事だったりします。

人に今の状況を説明することで、客観的に自分をみることができますよね。

 

また、人からアドバイスを受けることで、自分の中にはなかった選択肢に気づくこともあります。

あとは、自分の気持ちを話せてスッキリできるっていうのもけっこう大きかったり。

 

ただ気をつけてほしいのが、人に相談するのはあくまでも、

次の自分の行動を決める前のワンクッションであり、最終的な解決にはならないという点です。

 

結局自分はどうするか、どうしたいのか。

それを決めるのは、相談相手ではなくて、自分自身です。

 

また、友達や家族に相談する際に起きがちなのが、

ただの愚痴で終わってしまうこと。

 

もちろん、

彼氏が結婚の話してくれなくてムカつく!

という愚痴を話して、スッキリするのであればそれはそれでOKですが……

 

まぁ、愚痴っても状況は改善しませんよね。

わくにん
私もむかし散々まわりに愚痴りまくっていたがね……

 

そんなわけで、相談するからには、愚痴で終わらせないというのがベストなんですが、

友達や家族の場合、

自分のアドバイスで傷ついたらやだな、とりあえず話を聞いてスッキリさせてあげよう

となり、愚痴で終わってしまう場合もあるんですね。

 

なので、

友達や家族に相談する場合は、

思ったことは気にせずに言ってね!

と事前に伝えておくのがいいと思います。

 

もしくは、友達や家族ではない人に相談してしまうのもひとつの手です。

ココナラでお悩み相談・カウンセリング

わくにん
悩んでいる時は、誰かに話を聞いてもらうだけでも安心したりするもんね!

どうして結婚したいと思うのかの見極めは大事

そんなわけで、以上です。

 

記事の途中にも書きましたが、

『自分はどうして結婚したいのか』

という点を考えてみるのってけっこう大事です。

 

もしかしたら、まわりに「早く結婚しろ!」って言われて、

無意識のうちに『結婚しなきゃ』って思ってるカモしれないしね。

 

彼氏と結婚について向き合う前に、まずは自分と向き合ってみてくださいね。

そこから、自分がどういう人生を歩んでいきたいのか考えるのもアリアリのアリ。

自分の人生、自分でしあわせになっていきましょ!

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

また別の記事でお会いしましょう。

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。