現在、リライトにも力を入れています!最近のリライト記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

【やりたことが見つからない人へ】自分の最高の価値観を見つけることで人生が変わる!

ひまわり畑の中でばんざいする女性

こんにちは(ฅ`ω´ฅ)

 

エンジョイフルエンサーのわくにん(@wakunin89 )です。

 

よく『人生を楽しむために自分のやりたいことをしましょう!』なんて表現を見かけますよね。

 

でも、こんなことを感じたことはありませんか?

そもそも自分がやりたいことがわからないんだけど…

 

だって、自分がワクワクするようなやりたいことがわかっていたら、

とっくにそのやりたいことやってるてばよ!って話なもんで。

 

そのワクワクできるやりたいことがわからないから困っているんですよね。

 

でも、安心してください。

この記事を読めば……

いえ、正確にはこの記事で紹介している本を読めば、必ず自分のやりたいことがわかります。

 

なぜ『必ずやりたいことがわかる』なんて断言できるかというと、

私自身が、自分のやりたいことを見つけることができたからです。

 

もったいぶらずにいきますね。

その本の名前は……

 

『最高の自分が見つかる授業』

 

自分のやりたいことがわからない人にはぜひ読んでほしいなって思う本です。

では、どんな本なのかについて具体的にみていきましょう!


 

やりたいこと=自分の最高の価値観

両手に広げた金色の種

価値観という言葉。

日常生活であまり使わないですよね?

 

私のイメージも

「あの人とは価値観が合わない」

っていう時にしか使わないんじゃないかっていうレベルでした。

 

ですが、『最高の自分が見つかる授業』の中では『価値観』という言葉がバンバン使われています。

 

なぜなら……

自分の最高の価値観こそ、人生において最も重視するべき大切なこと

だからなんです。

 

つまり、自分の最高の価値観が何かがわかると、自分のやりたいことも自然にわかるということ。

 

この本では、自分の最高の価値観を見つけるための方法が書かれています。

ちなみに……
『価値観』ときくと、

  • 貯金はすべき vs お金があるなら投資しろ
  • 結婚はした方がいい vs 結婚は人生の墓場

みたいな、いろいろな考え方というざっくりとしたイメージがありますよね。

本来の意味は、『何に価値がある認めるかに関する考え方』だそうですよ。

参考 価値観weblio辞書


価値観の見つけ方

双眼鏡で遠くを見る人

では、具体的にどのように自分の最高の価値観(すなわち、やりたいこと)を見つけていくのか?

 

本を読み進めているうちに、

あ、私の最高の価値観わかったわー

となるのか?

 

いやーーーー

そんなカンタンなものじゃありませーーーん!!

 

この手の『自分と向き合おう系の本』あるあるなんですが、

自分について書き出していくというワークをやっていく必要があります。

わくにん
本の中では『エクササイズ』と呼ばれていたよ!

 

そんなわけでね、準備が必要なんですね。

自分の最高の価値観を見つけるための、エクササイズの、準備。

 

紙とペンを用意ーーーーー!!!!

 

正直なところ、

わくにん
あ、読むだけじゃアカンやつね……

と私自身も思いました。

 

でも、この本に書かれているエクササイズは、

冗談抜きで、ほんとにほんと~~~~にやってみた方がいい。

人生変わっちゃう。

ちょこっとだけ、内容紹介

開かれた本

で、自分の最高の価値観ってどんな風に見つけていくんだ?

って思いますよね。

 

そこで、自分の最高の価値観を見つけるためのエクササイズ、その内容をちょこっとだけご紹介しようと思います。

 

何に時間を使っているか?

 

上記の質問に対する回答を3つ書き出してください。

 

最もお金を使っているものは何か?

 

こちらの質問に対しても、同じように回答を3つ書き出してください。

 

……とまぁ、こういう感じの質問が13個出てきます。

それぞれ3つずつ回答を書き出して、全部で39個の回答になります。

 

で、この39個の中には重複して出てくる単語や考え方なんかがあるハズです。

その上位5つが自分の最高の価値観トップ5ということになるんですね。

 

この13の質問に答えるだけで、自分の最高の価値観……

すなわち、自分が何をやりたいかがわかるってすごくないですか?

 

私ね、もう自分でやってみてビックリしたよ。

ビックリというか、納得に近いかも。

 

わくにん
そうかぁー!確かに私、これらのこと重視してたカモだわ!!

 

って感じの。

でも、改めて自分が大事にしていたことがわかるからこそ、すごくスッキリしますよ。



自分の実際の行動に注目するから説得感がある

岩山を飛び越える人

『やりたいことを見つけましょう!』

『理想の自分になりましょう!』

みたいな自分探しでよくあるのが、なりたいイメージを想像するってやつだと思います。

 

例えば、

『どんな暮らしがしたいか理想を思い描いてみましょう!』

みたいなやつですね。

 

もちろん、理想のイメージって大事です。

理想のイメージって目標であって、自分が到達したいところを思い描くのってめちゃくちゃ大事。

 

でもね、でもねなんです。(何)

ハワイで年中バカンスみたいな、ゆったりのんびりした暮らしがしたいなぁ……

と思い描いたとして、自分が何を大事にしているのか(何を優先しているのか)ってハッキリわからない部分もあると思います。

 

ハワイ暮らしが優先?

バカンスってことは南国であればOKってこと?

ゆったりって日本の田舎でもできる気がするぞ?

 

みたいな感じで。

 

ですが、この本で紹介されている自分の最高の価値観を見つけるためのエクササイズは、

過去、もしくは現在自分が実際に何を優先して行動しているのかを見ていきます。

 

例えば、

ハワイの風景写真ばかりを集めていたのであれば、ハワイが大事であるということですし。

国外問わず、海の写真が好きなのであれば、ハワイに限らず海が大事ということですよね。

 

こんな感じで、自分が実際に起こした行動ベースで価値観を探すので、

わくにん
あ、はい。確かに現実の私はそれを選んで今に至っておりまする。

って言わざるを得ないんですね。

 

だからこそ、説得力がある。

だって、自分自身でそれを選んで行動して、ここまで生きてきたんだもんw

 

自分探しをするなら、インドのガンジス川もいいかもだけど、

まずはこの本を読んでみて!って声を大にして言いたいです。

価値観には、”欠落感”も関係している

ソファに座り落ち込む女性

ここまで、

自分のやりたいことを見つけられる……!✧˖°

という感じで、明るめな雰囲気でお届けしてきたのですが、

実は明るい話題だけでは終わりません。

 

自分を見つめるということは、光と影、両方を知る必要があるのじゃ……(誰)

 

『最高の自分が見つかる授業』の著者、ドクターディマティーニは、

「価値観は欠落感から生まれる」

と述べています。

 

欠落感って、ふだんあまり使わないし、完全にネガティブなイメージしかないと思うんですけど、

要は、自分の中で「足りないなぁ……(´·ω·`)」って思ったことなんです。

 

私を例に挙げると、

私の価値観トップ5に『家族』というのがあるんですね。

 

実際、家族めちゃくちゃ大好きだし、家族のためにお金も時間も使いまくりだし!

とまぁ、私の家族好きアピールは置いといて。

 

私の『家族』という価値観は、実は幼少の頃に家族との時間があまりなかったという欠落感からきています。

 

実家の家族は、仲が悪いわけではないんですが、特段良いということもなく……

あまり『家族で一緒に何かした』という思い出がないんですね。

 

塾があったり、仕事があったりと、ごはんの時間もバラバラ。

休みの日は完全に個人行動で、家族旅行なんて小さい時に行った京都しか覚えていません。

(おそらく最後の家族旅行)

 

こんな感じで、けっこう家族関連のイベントとか、

そもそも家族といる時間が、めちゃくちゃ少なかった。

 

だからこそ、

わくにん
家族といっぱい過ごしたい……

という、家族に対する思い入れが強くなり、その思いがそのまま価値観に反映された……というわけなんですね。

 

なので、小さい時に感じていた

『自分にはこれが足りないなぁ……』とか

『こういう生活にあこがれるなぁ……』みたいな

欠落感から今の自分の価値観が形成されている可能性もあります。



 エクササイズはけっこう大変

伸びをする猫

で、この本に出てくるエクササイズなんですが……

 

ぶっちゃけけっこう大変です。

 

わくにん
え!?こんなこと考えたことない!!
わくにん
全然思いつかないんだけど……

みたいなのがけっこうでてきます。

補足しよう!
自分の最高の価値観を見つける以外のエクササイズもたっぷりあるぞ!

 

なのですが。

 

『自分の最高の価値観(自分が人生で大切にしたいもの)を、どうやってビジネスに結びつけるか』とか

『やりたくない仕事を最高の価値観と結びつけちゃおう』みたいな

好きなことを仕事にするための考え方や、イヤなことも楽しむ方法みたいなのが出てくるんですね。

 

実は私自身、最後の方に出てくるかなりボリューミーなエクササイズ……終えられていません。

 

そんなわけで、この記事は読了レビューとは程遠い記事なのですが、

本を読んでいる最中だとしても、とにかく早く皆さんにこの本の良さを知ってほしかった。

早くこの本に出てくるエクササイズに取り組んでほしかったんです。

 

だって、自分のやりたいことが見つかって、人生に対する考え方が変わっちゃうんだぜ?

そりゃ早く教えたくなるでしょう!!

だから、この記事を書きました。

 

ぜひ私も悪戦苦闘中のボリューミーなエクササイズに挑戦してみてください。

挑戦者求む!!!!!

自分の最高の価値観が見つかったことによる変化

光の中で跳ぶ女性

最後に、私自身が自分の最高の価値観を見つけたことで、どんな変化があったかをザッとお伝えしますね。

 

自分の最高の価値観が見つかったことによる変化

  • 自分のやりたいことが見つかった
  • 将来の方向性が決まった
  • 何かの選択で迷うことが激減した
  • 自己肯定感が高まった
  • 新しく挑戦することが楽しくて仕方ない etc……

今、思いついたことを書いてみました。

でももっと恩恵はあると思います。

 

本を読んで、紙とペンいろいろ書き出して、こんなにいいことあるかいな!

って思った方もいるカモですが……。

 

うーーーーん、これが本当なんだな!!

 

でも、くり返しお伝えすると、本当にエクササイズはけっこう大変です。

量の問題もありますが、自分の中で封印したかった過去の出来事とか感情とか、

自分的にはできれば触れたくない部分に触れたりもします。

 

だからこそ、自分をぜーんぶまるっと見直すことができる。

その結果、自分の最高の価値観を見つけることができるのかなという気もします。

 

『やりたいことが見つからない……』

『人生、絶賛迷子中。』

『自分の好きなことを仕事にしたい』

 

こういった思いを抱えている人には、本当に読んでほしいです。

そしてエクササイズをやってほしい!!

 

ここまでお読みいただき本当にありがとうございました。

ぜひあなただけの最高の価値観を見つけて、これからの人生の指標にしてみてくださいね。

 

それではまた別の記事でお会いしましょう!

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です