現在リライト中心で更新しております!最近の更新記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

【経験者が語る】〇〇しちゃうなら、遠距離恋愛はやめたほうがいい。

ハート型の風船を手放す女の子

こんにちは(ฅ`ω´ฅ)

昔、遠距離恋愛をした結果、苦しくて辛い日々を過ごしたわくにん(@wakunin89
です。

 

いま、遠距離恋愛をしていますか?

毎日をどのように過ごしていますか?

辛いな、寂しいなと思っていませんか?

 

もし、『辛い』『寂しい』と思ってしまうのであれば、遠距離恋愛はやめたほうがいいかもしれません。

 

私は今の夫と交際する前、約3年に及ぶ遠距離恋愛をしていました。

当時は、遠距離恋愛に慣れてくると「こんなものか」と思えた時期もありました。

ですが、今思い返してみると、やはり辛い・寂しい・苦しいというような、ネガティブな気持ちに襲われることが多かったように思います。

 

結局私は交際期間7年、内遠距離恋愛歴3年だった彼との交際は終わりを迎え、今の夫と交際して1年後に結婚しました。

今でこそ幸せな結婚生活を迎えることができていますが、過ぎた時間は絶対に帰ってこないです。

もっと早く自分の幸せのために動き出せばよかった

と、ふと考えてしまう時もあります。

 

何歳までに結婚したい。

何歳までに子どもが欲しい。

自分の中で、結婚や出産についての希望があるなら、遠距離恋愛についてすこし考えてみませんか?

 

この記事を読めば、このまま遠距離恋愛を続けていいのかどうかが分かります。

どうか、私と同じ辛い経験はしないでくださいね。

【経験者が語る】〇〇しちゃうなら、遠距離恋愛はやめたほうがいい。

青空の中の飛行機

このまま遠距離恋愛を続けてしまって大丈夫ですか?




相手を疑ってしまっていませんか?

『相手のことを信頼していれば疑うことはない。』

 

という言葉をよく見かけます。

ですが、私は正直そんなことないって思います。

 

もちろん、浮気しているかどうかの不安については、相手を信頼しているかどうかで払拭できるかもしれません。

ですが、自分に自信がない場合はどうでしょうか?

 

私は可愛くない。

スタイルが良くない。

わがままだし、いつも彼を困らせてばっかり。

もしかしたら…彼は別の人を好きになってしまうかもしれない。

 

人の気持ちはコントロールできません。

自分に自信がもてないと、どうしても『自分以外の誰かを好きになるのではないか』という気持ちに襲われてしまうことがあります。

 

一度でも相手を疑ってしまうと、それ以降疑い続けてしまいます。

 

別に毎日疑う、というわけではないですよ。

ですが、ふとした時。生理前。疲れている時。

 

ちょっとした時に、

浮気してないかな?

別の人のこと好きになってないかな?

ということを考えてしまうんです。

 

相手を疑ってしまう自分も嫌いになってしまい、まさに悪循環です。

 

私も遠距離中に彼の家に行って、女物の洗顔フォームがあった時に「え?」ってなっちゃいました。

彼は「母親が来たときに忘れていったやつ」と言っていましたが、本当だったのかどうか今もわかりません(;^_^A

 

ともかく、一度相手に対して疑いの芽が生じてしまうと、事あるごとに疑うようになってしまうんです。

遠距離恋愛中の彼のこと疑ってしまっていませんか?

 

不安をあおってごめんなさい。

でも遠距離恋愛をやめない限り、これからもずっと彼のこと疑っちゃうと思います。

そして、それは自分にとってとても苦しいということを、どうか忘れないでください。

会えない日々が続いて、寂しく思っていませんか?

すぐ会える距離であれば、

「今夜会えないかな?」

「今週末、お出かけしない?」

と、すぐに会う約束をすることができますよね。

でも、すぐに会えないからこそ遠距離恋愛です。

 

カップルが手をつないで歩いている。

一緒に映画を観ている。

買い物している。

すぐに会える。

 

今は、LINEなどのコミュニケーションツールが発達して、遠くにいても顔を見ながら会話ができる時代です。

ですが、直接会って触れ合うのってやっぱりちがうんですよね。

 

手をつなぐ。

腕を組む。

抱き合う。

「よしよし」と頭をなでてもらう。

「もー!」って言いながら彼の肩を軽く叩く。

 

ちょっとしたスキンシップですが、LINEではこれができません。

(いつかできる時代が来るかもしれないですが。)

 

こんなちょっとしたスキンシップができなくて、寂しいという気持ちを抱いてしまっていませんか?

 

もっと一緒にいたい。

一緒にいろいろな所に出かけたい。

家で一緒にくつろぎたい。

 

遠距離恋愛を続けているあいだ、ずっとこんな気持ちを抱き続けてしまいます。

寂しい日々を過ごすのは、もうやめませんか?

将来のことが不安になっていませんか?

いつまで遠距離恋愛するんだろう?

いつか結婚できるのかな?

そんなことを考えて、将来に不安を感じていませんか?

 

女性は結婚や出産について『何歳までに』と考えることが多いです。

だからこそ、冒頭にも書いたとおり結婚や出産について希望を抱く女性も少なくありません。

 

どうして年齢のことを考えてしまうのか?

それは、結婚適齢期の女性が一度は考えるだろう『高齢出産』のことがあるからですよね。

 

世の中には、高齢でも元気な赤ちゃんをたくさん産んでいる女性がたくさんいます。

その一方、高齢で出産したために……ということがあるのも事実です。

 

本来であれば、あまりブログにこういうことを書くべきじゃないかもしれません。

何度も不安をあおってしまってごめんない。

でも、私自身、子どもがほしかったからこそ何度も結婚・出産の年齢については悩みました。

もっと早く産んでいれば…と後悔したくなかったからです。

 

だからこそ、将来に不安を抱えているなら、ぜひ動き出してほしいなって思います。

彼に以下のことを聞いてみてください。

全部じゃなくても大丈夫。

彼が将来について考えているのか、考えてくれそうなのかをちょっと確認してみるだけです。

  • 彼に結婚する気はあるのか
  • 結婚する気があるなら何歳くらいなのか
  • 彼は子どもについてどう思っているのか(ほしいorほしくない)

できれば直接会っている時に聞いた方がいいです。

LINEとかだと、文字だけなので彼の口調や語気、テンションがわからなかったりします。

 

でも問い詰めたりしないでね。

それで一気に彼の気持ちが冷めちゃうことも充分ありえます(´·ω·`)

 

もし、将来のことを考えていない、将来のことを考えてくれなさそう…

という感じがしたのであれば、今の彼との遠距離恋愛は考えたほうがいいかもしれません。

 

もちろん、『今の彼が大好きだから』という理由で待ち続けてもいいんです。

あなたの人生ですもん。

 

ただ、何度も言うように、過ぎた時間は決して帰ってきません。

彼のことが大好きだとしても。

もし少しでも『あの時決断していれば良かった』と後悔してしまう可能性があるならば。

やっぱり今の遠距離恋愛を続けるかどうかをきちんと考えたほうがいいです。

 

私は、元カレとの交際期間が7年間だったため

「きっとこのまま遠距離恋愛が続いてもいつか結婚するだろう」

と勝手に思い込んでいました。

 

なので、実はそこまで結婚することに対して不安になることはなかったのですが、

「いつまで遠距離恋愛が続くんだろう」

という将来の不安については結構考えていました。

 

楽しいことがたくさんある人生なのに、その内の何年間を不安な気持ちを抱えたまま過ごす。

もったいないことしちゃったなって、正直私は後悔しています。

 

まぁ、その後悔があるから今の生活があり、この記事も書けているのですが。

でもやっぱり、私のように思い悩んで、辛く苦しい日々を過ごしてほしくないです。




やりたいことがあるのに、我慢していませんか?

来月、彼に会いに行くために貯金しよう!

と思って、飛行機代やデートのためのお金を貯めますよね。

 

でも、そのお金って何かを我慢したお金じゃないですか?

 

気になるセミナーがあるけど、このお金は飛行機代。

美術館行きたいけど、交通費含めると結構お金かかるんだよなぁ…。

友達に飲みに誘われたけど、今月は厳しいから断ろうかな。

そんなことを考えながら、自分が挑戦したいこと、やりたいことを我慢して貯金していませんか?

 

もしかしたら、人生損しちゃってるかもしれませんよ。

 

セミナーに行っていれば、スキルアップができるかもしれない。

美術館に行けば、何かアイディアが閃いて副業につながるかもしれない。

飲み会に行っていれば、新しい出会いがあるかもしれない。

 

  • 仕事におけるチャンス
  • 自己成長におけるチャンス
  • 恋愛におけるチャンス

遠距離恋愛中の彼に会いに行くお金を貯めるために、これらのチャンスを逃していませんか?

 

人生はチャンスの連続です。

訪れるチャンスをつかむのか、逃すのかは自分次第です。

 

私も当時は、遠距離恋愛中の彼に会いたいが一心で、盲目的に彼の所に通っていました。

ですが、今にして思うと、あの時間とお金があればもっと自分に興味のあるセミナーやワークショップ等に参加できていたなぁ…と考えたりします。

 

結果的に別れてしまったから、そんな風に考えてしまうのかもしれません。

ですが、やりたいことや挑戦したいことを我慢して、結果的に彼とも別れることになるなんて。

あまりにも悲しすぎる。

 

これでね、彼と別れはしたけどやりたいことをやった結果だから良いのだ!

とか、

やりたいこと我慢したけど、おかげで彼と結婚して今ハッピーだよ!

ってなるならいいんですけど、ね。

 

なので、今何かを我慢したお金で遠距離恋愛中の彼に会いに行っているのであれば、ちょっと考えてみてください。

本当に我慢したまま遠距離恋愛を続けていいのか?

実はやりたいことがあるのではないか?

 

仕事のチャンス、自己成長のチャンス、恋愛のチャンス。

そのチャンスを逃したままで大丈夫ですか?

まとめ:その遠距離恋愛、続けますか?

いかがでしたでしょうか?

今回は遠距離恋愛をやめたほうがいい場合について、私の経験をもとにご紹介しました。

 

遠距離恋愛ってある意味

『本当にこの人と人生を一緒に過ごしていけるのか』

を問うことができる貴重な機会だと思います。

 

その結果別れてしまったら負けとかではなく。

あくまでも、『自分にとって今のパートナーと歩んでいくことは幸せなのか』を考えるタイミングということですね。

 

私は遠距離恋愛の結果、元カレとはお別れし、今の夫と交際して結婚に至りました。

元カレと過ごす時間もとても楽しかったです。

ですが、遠距離恋愛中はとても辛かったですし、彼の所のに遊びに行っても

「またすぐ離れちゃう…」

と心の底から楽しめなくなってしまっていました。

 

お互いのことを考えても、正直あのまま結婚しないで良かったと思っています。

私にとって、遠距離恋愛は辛いものでした。

でも、遠距離恋愛の末、結婚された方もたくさんいますよね。

だから、遠距離恋愛に賛成な人と反対の人…それぞれいると思います。

 

私は、自分が辛い経験をしたので遠距離恋愛は反対派です。

自分自身の経験から、本文中でもかなり主観的で偏った意見になってしまったかなと思います。

 

ひとつ思うのは、もう少し誰かに相談してみたらよかったかなということ。

自分ひとりだけで悶々と考えてしまった挙句、やりたいことを我慢してズルズルと彼に会いに行っていたなぁ…と。

 

家族や友達に相談してもよかったのかもしれないですが、

家族や友達って良くも悪くも自分の味方をしてくれるんです。

 

つまり、彼陣営というよりは自分陣営

このため、客観的な回答って得られないことが多いんですよね。

もちろんそれは、自分のことを考えてくれているからなんですが。

 

だから、

『客観的な回答が聞きたい』

『いろいろな視点から今の恋愛をとらえたい』

と思うのであれば、家族や友達以外の人に相談するのがベストなんです。

 

でも、ぶっちゃけ恋愛コンサルタントとか恋愛相談みたいなのって結構高いんですよね…。

予約が取れるかどうかもよくわかなんないし…。

なんとなく敷居が高い。

もしかしたら話を聞いてもらうだけでも、気持ちが晴れるかもしれないのに。

 

だったら、一度ココナラで相談してみるのはいかがでしょうか(^^)/

ココナラでお悩み相談・カウンセリング

ココナラであれば、自分に合った価格帯のサービスを見つけられますし、

恋愛相談だけではなく、占いもお願いできちゃいますよ♪



私が元カレとの遠距離恋愛で悩んでいた当時、まだココナラというサービスはありませんでした。

でも、もしあの時ココナラがあったら、私は間違いなく利用していました。

 

だって誰かに話を聞いてほしかったもん。

自分だけじゃ答えを出せなくなってて、いろいろな意見を聞きたかったもん。

 

だからこそ、昔の私のように遠距離恋愛で悩んでいるならココナラをおすすめしたいんです。

ほんとに、話を聞いてもらえるだけで全然ちがうと思う。

……飛行機代とかでお金もそんなにないからさ、高いコンサルタントとか占いって手が出せないしねw

 

無料なので、登録しておくだけで安心できるかも。

「あぁ、自分は誰かに相談できるんだ」って。

無料登録はこちら

 

『自分は今後も遠距離恋愛を続けられるのか』

 

それはあなた次第。

あくまでも、自分の心に正直に。

でも、どうか自分ひとりで悶々と思い悩んで、私のように時間を無駄にすることだけはしないでくださいね。

 

最後にもう一度だけ言わせてください。

過ぎた時間は絶対に帰ってこないです。

後悔のない選択をしてくださいね!

 

ちょっと今回は重めな内容になってしまいましたね。

長文にも関わらず、ここまでお読みいただきありがとうございました!

また別の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です