現在リライト中心で更新しております!最近の更新記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

【母乳ミルク混合育児】産後2ヶ月で生理再開!生理再開が早かった理由とは!?

野原に座るママと赤ちゃんのアイキャッチ画像

こんにちは(ฅ`ω´ฅ) 産後、久しぶりの生理に毎月困惑しているわくにん(@wakunin89 )です!

 

子どもを出産し、慌ただしく育児がスタートしますよね。

さて、子どもが産まれたとなると、気になってくるのは『生理の再開はいつなのか』ということではないでしょうか。

 

妊娠中は生理がこないことが当たり前になっていたため、ついつい生理の存在を忘れがちですが、

子どもをこれからも作るのであれば、とても必要な生理。

 

今回は、産後の生理がいつ始まるのかを調べてみた結果と、私自身生理が再開して気づいたことや注意した方がよいことをまとめてみました!

産後の生理がいつ来るのか気になるママさんへ。

ぜひ、私の体験談を参考にしてみてくださいね(^^)/

産後2ヶ月で生理再開!生理再開が早かった理由とは!?

草原で手をつなぐママと子どもども

子どもを産むために必要な生理、いつ再開する?

産後、生理はいつ始まる?

産後、生理がいつ始まるかについては、絶対に●ヶ月目に始まる!ということはなく、『人それぞれ』というのが正解になります。

再開するタイミングはかなりバラバラで、生後2ヶ月という人もいれば、完全母乳で子育てをしていた結果産後1年後に生理がきた!という人もいるようです。

 

気になるのが、母乳を与えることで生理の再開が遅れるのか!?ということですよね。

実際、完全母乳育児をしている人では、上記の通り産後1年後に生理がきた人もいるとのことなので、母乳育児であることと生理が遅れることは関係がありそうです…!

 

MEMO
ちなみに、平均的には産後8ヶ月程度で生理がくるママさんが多いようです!

母乳をあげていると生理が遅れる原因

母乳をあげることで生理が遅れる原因にはホルモンが関係していました!

 

『プロラクチン』というホルモンには母乳の出を促してくれる作用があるのですが、同時に排卵を抑制するという作用もあるそうです。

このため、母乳育児のママさんの場合は排卵が抑制されやすくなり、生理が遅れる…ということになるんですね。

 

また、このプロラクチンはもともと夜間に多く分泌される傾向にあるため、夜間に母乳を与えている場合、母乳の出を良くするために、よけいにプロラクチンが働き、さらに生理が遅れることになるようです。

 

プロラクチンは赤ちゃんに乳頭を吸われることで、分泌されて母乳の出を促します。

つまり、赤ちゃんに乳頭を吸われれば吸われるほどプロラクチンは分泌されて、母乳の出を促すとともに排卵を抑制するということになります。

 

完全母乳育児の場合は、生理が大幅に遅れる傾向にある。

完全ミルク育児の場合は、母乳の出を良くするプロラクチンが分泌されないため、比較的早い段階で生理が始まる。

 

では、母乳ミルク混合のママさんの場合、いつ頃生理が始まるのでしょうか?

完全母乳でも完全ミルクでもないため、本当に人それぞれ…ということになりそうですが…!

 

ここからは、母乳ミルク混合の私の場合についてお話ししていきたいと思います!( •̀ω•́ )✧

【母乳ミルク混合】産後2ヶ月で生理再開しました

私の場合、産後3ヶ月まであと2週間ちょっと…くらいのタイミングで、生理が始まりました。

 

久々に生理が来てみると、ビビります!!

子どもがお腹の中にいた時、生理が来ないのが当たり前になっていたからなんですが…(;^_^A

 

経血を確認した時に、

「何かの病気!?」

「え、また悪露出てきた!?」

と焦ってしまいました(>_<; )

 

生理が再開するということは、また子どもを産めるようになったということ。

それに、初経が来てからというもの、ずーーーーーーーっと付き合ってきた生理が再開したことで安心感と喜びがありました。

 

…と同時に、また毎月あの生理痛に悩まされるのか…。面倒だしね~。という思いもあったり( *´艸`)

 

ちなみに、『出産前後で生理痛が軽くなった/重くなった』みたいな感想をたまにみかけますが、

私の場合は経血の量も生理痛の辛さも、そんなに変化がないように思いました!

 

そして、実は生理が来て安心したことがもうひとつあったんです。

体の不調を感じたらPMSかも

『なんだか最近異様に眠い…』

『お腹?下腹部?が痛い気がするけど、病気…?』

『母乳もあげてるし、胸が張っているわけじゃないけど痛い…なんで!?』

ある時、原因不明の症状に悩まされるようになり、実際に内科を受診しました。

 

出産前後も健康で、産後1ヶ月健診で問題なかったことを伝えると、お医者さんに

「妊娠・出産の時は、病院側も細かく健康状況を確認しているはずだから、こんな短期間で大病を患うということはないですね…」

とハッキリ言われる始末。

 

えぇ、でも確かに体調不良なんですけど!?

私の体、どうしちゃったの!?(´;ω;`)

 

と思った1週間後、生理がきたんです。

 

そう、もしかすると突然現れる謎の体調不良は、PMS(月経前症候群)かもしれないです!

 

なので、体調不良を感じる産後のママさんにオススメしたいのが、どういう体調不良が起きているかをメモしてみることなんです!

 

ある程度、体調不良の内容をメモできたら、PMSの時に表れる症状と照らし合わせてみてください。

もし、PMSの症状に表れる体調不良が多いのであれば、まもなく生理が再開する可能性がありますよ…!

生理用品の準備を忘れずに!

母乳をあげていれば、生理が遅れる…というのは、実は私もどこかで聞いたことのある情報でした。

なので、正直なところ…まさか産後2ヶ月で生理が再開するとは思っていなかったんですよね(;^_^A

 

ラッキーなことに、産褥期に使用していた生理用のナプキン(昼用・夜用)が大量に余っていたため、突然の生理再開にも焦ることなく対応することができました。

 

ですが、もしナプキンがひとつもなかったとしたら…

『Amazonで買ったとしても翌日到着だし…』

『近くのドラッグストアに行くにしても、トイレットペーパーを大量消費してナプキン代わりにして買いに行くか…(漏れないかしら…)』

という緊急事態になっているところでした(>_<; )

 

なので、母乳ミルク混合で、母乳を与えているからといって生理再開が結構遅れるというのは確実なものではなく、

本当~~~~~に人それぞれなんだな、ということを実感しました(^q^)

 

母乳ミルク混合のママさんも、事前に生理用ナプキンを用意しておくことを強く、強くオススメします!!!!

まとめ:母乳ミルク混合なのに生理再開が早かった理由を考えてみた

いかがでしたでしょうか?

今回は、産後の生理がいつ始まるのかを調べてみた結果と、私自身生理が再開して気づいたことや注意した方がよいことをご紹介しました!

 

ちなみに、母乳ミルク混合の私が、どうして産後2ヶ月で生理が再開したのか…についてなのですが、

個人的に、夜間の母乳授乳をやめたのが大きな要因ではないかと思います。

 

既述のとおり、排卵を抑制する働きがあるプロラクチンは、母乳の出を促す作用も持っており、赤ちゃんに乳頭を吸われることで分泌されます。

また、元々夜間に多く分泌されるホルモンであるため、夜間の母乳授乳をやめたことでプロラクチンの分泌が少なくなったのではないかと思います。

 

まぁ…夜間の母乳授乳をやめたというか…日中の育児で疲れすぎて夜起きられなくなったんですけどね…(;^_^A

夜中にミルクを授乳してくれている夫には感謝してもしきれねぇ…( ˘ω˘ )

 

なので、私と同じように日中だけ母乳ミルク混合のママさんは、もしかすると生理の再開が早いかもしれませんよ!?

 

いずれにせよ、いつ生理が再開してもいいように、準備だけはバッチリ行っておきましょう!( •̀ω•́ )✧

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です