Twitterはコチラ

あなたは何タイプ?パーソナルカラー見分け方の基準!

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ)わくにんです!

パーソナルカラーという言葉が広がり、メイクやファッションに取り入れる方々が増えていますよね(*^_^*)

私自身も以前、パーソナルカラーを診断いただいたことがあり、自分のパーソナルカラーを知ることができたおかげでメイクやファッションにおける色選びが楽になりました♪

私が受けたパーソナルカラー診断についての詳細はこちらの記事をご参照ください。

パーソナルカラー診断を受けてきました!

今回は私が実際に受けたパーソナルカラー診断の結果と、パーソナルカラーに関する書籍から学んだ知識をもとに、パーソナルカラーをどのように見分けるのかの基準をまとめていきたいと思います!

パーソナルカラー見分け方の基準

パーソナルカラーのおさらい

まずは簡単にパーソナルカラーについて簡単におさらいしておきましょう!

肌の色味からイエローベースかブルベースなのかを大別します。

・イエローベース……スプリング(春)、オータム(秋)

・ブルーベース……サマー(夏)、ウィンター(冬)

 

さらに、その人の雰囲気から適するシーズンを選択します。

◆イエローベース

・スプリング……キュート

・オータム……ゴージャス

 

◆ブルベース

・サマー……エレガント

・ウィンター……クール

上記の通り、パーソナルカラーを診断する上で重要な要素なるのは、以下の2つであることが分かります。

  • 肌の色味
  • その人の雰囲気

では、早速具体的に見ていきましょう!

イエベかブルベか?

肌の色味をどのように判断するかについてですが、一番わかりやすいのは手のひらのようです。

以前、百貨店のデパートのメイクコーナーで、腕の内側にイエベ用のファンデーションとブルベ用のファンデーションを塗り、馴染んだ方がその人の肌の色味と判断できるという診断を受けたことがありましたが、

使われるファンデーションの濃さによっては、イエベ用のファンデーション(濃かった)を塗っても色白のためなじまないということが実際にありました。

このように、ファンデーションを塗ってみてどうか、というよりその人が本来持つ肌の色に着目したほうが良いようです。

どのパーツを見るのかというと、手のひらです。

そこで、次の画像をご覧ください。

少し恥ずかしいですが、私の手のひらですw

私はイエベとブルベの境界線と言ってもいいくらい、微妙~~~な肌の色味をしているそうです。

実際に色が白く、指の方は特にピンクっぽく見えるためかなりブルベのように見えるのですが、私の肌はイエベです。

※実際にサマータイプ(ブルベ)の方と手のひらを広げて比較してみると、その方の手のひらは黄色みが一切なくどことなく赤黒さを感じるような色味でした。

で、何が言いたいかと言うと、上記の画像とご自身の手のひらを見比べてみてほしいのです!

私より黄色みがあれば文句なしでイエベですし、私よりもっとピンクっぽい、赤みがかっているという印象を受ける場合はブルベということになります!

良ければ参考までに見比べてみてくださいね(^^)/

雰囲気

もうひとつの重要な判断要素はその人の雰囲気です。

実際、パーソナルカラー診断を受けた時も、診断してくれる方は私の話し方やリアクションの印象など、私の雰囲気を常に確認しながら診断項目を進めていたようです。

ゴージャスやクールというよりかは、キュート、ソフト、女性らしいという印象だったようで(自分で言うとちょっと照れますがw)スプリングかサマーのほぼ2択でした。
※手のひらからするとたぶんイエベだからスプリングだとは思うけど…的な感じでしたね。

このように、その人からにじみ出ている元々の雰囲気をつぶさに観察しながら、パーソナルカラーを診断していくので、自分ひとりの目ではなかなか判断がつかないかもしれないです。

家族や友人、恋人に「キュート、エレガント、ゴージャス、クールの内どれが一番自分に合って雰囲気か」を聞いてみると良いかもしれないですね。

ドレープ(布)

パーソナルカラーを最終的に決定づけるのはやはり、こちらのドレープ(布)です。

色として表現すれば、すべて同じ色といえる4色の布(黄色みが入っていたり若干色味はちがう)を顔の近くに当ててどのような印象になるのかを見ていくのです。

例えば、4枚ともピンクと呼べる布を当てていくことによって、顔色全体が明るくなったり、肌の白さが際立つ、目の下にクマができたように見える、老けて見える、など本当に当てる布によって印象が変わります。

この印象のちがいから、一番自分の魅力を引き出す布がどれか、そしてその布はフォーシーズンの内どのシーズンの布なのかから自分のシーズンを診断していくのです。

ですが、このドレープ(布)ってどの家庭にもあるものじゃないですよね?(;^_^A

パーソナルカラー関連の書籍を購入すれば付録としてついてきたりもしますが、こういった書籍もない!という方はお手持ちの服である程度判断することも可能です。

なるべく同じ色の系統の服を用意し、その服を着た時の印象がどう変わるのかを見ていきます。

もしくは家族や友人、恋人に客観的な意見をもらっても良いかもしれません。

客観的な意見をもらうのは少々ショックを受けるかもしれないですが、いくつか着た服の中で似合わない色や疲れた印象になったり、老けて見える色がどれなのかを探っていき、その色が属するシーズンを除外していくのです。

こうして絞り込んでいけば、自分に合う色の系統を知ることができ、うまく絞り込むことができれば自分はどのシーズンタイプなのかを診断できます(*^_^*)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はパーソナルカラー見分け方の基準についてご紹介いたしました!

もしも近しい人から客観的な意見を聞くのはちょっと…ということであれば、私にご連絡いただいても構いません(*^_^*)

お問い合わせフォームやTwitterのDMから連絡可能となっておりますので、もし何かあればお気軽にご相談くださいね(^^)/

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です