現在、リライトにも力を入れています!最近のリライト記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

【くせ毛は個性】くせ毛を生かしたい人必見!おすすめヘアクリーム

机に置かれたくせ毛用ナイトケアクリームKURURI

こんにちは(ฅ`ω´ฅ)

天パくせ毛のママブロガー、わくにん(@wakunin89 )です。

 

自分がくせ毛であることを知った小学生時代から今まで。

数多くのくせ毛ケアアイテムを試しては、ガッカリするということをくり返してここまできました。

 

さて、くせ毛にキーーーッっとなりながらも、

くせ毛をお持ちの方はこんなことを考えるのではないでしょうか。

・くせ毛を生かしたい!
・縮毛矯正はしたくない……
・続けられるくせ毛ケアを知りたい

本記事は、これらのお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • くせ毛を生かすために必要な3つのこと
  • 縮毛矯正はもう必要ない!
  • くせ毛ケアは自分が快適であることが必須
  • くせ毛を生かしたい私がたどりついた答え

私自身、子どもの頃からくせ毛に悩まされてきました。

とにかく扱いやすい髪の毛にしたくて縮毛矯正をしたこともあります。

 

ですが、スーパーまっすぐな自分の髪を見て違和感を覚えるようになりました。

そこから、自分のくせ毛を生かしつつ、ヘアアレンジやおしゃれを楽しみたいと思うように。

 

今では自分のくせ毛が大好きになり、くせ毛スタイルを楽しみながら毎日を過ごしています。

こんな私が解説していきます。

くせ毛を生かすために必要な3つのこと

ベッドに置かれたヘアケアアイテム

くせ毛を生かす……と簡単に言っておりますが、

実際にくせ毛を生かすためには何が必要なのでしょうか。

 

ここからは、私が長年におよぶくせ毛との戦いで学んできた、

くせ毛を生かすために必要なこと3つをご紹介していきます。

くせ毛を生かすのに必要な3つのこと

  • 柔軟性
  • うるおい
  • ダメージの軽減

順番に詳しくみていきましょう!

柔軟性

くせ毛を生かす上で必要なこと、1つ目は髪の柔軟性です。

 

髪に柔らかさが必要ってこと?そんなに大事?

と思われる方もいるかもしれませんが、他のものに例えてみるとわかりやすいです。

 

たとえば、サランラップの芯とちくわ

どちらも、真ん中に穴が開いている筒状の形をしていますよね。

 

サランラップの芯は硬すぎて曲げようと思っても曲がりません。

一方で、同じ形をしているちくわは、力を入れると自由自在に曲げたい方向に曲がります。

 

これと同じで、髪も硬すぎると言うことを聞いてくれないんですね。

剛毛・柔毛という、髪の性質のちがいもありますが、

柔毛だからといって柔軟性があるわけではないです。

わくにん
私も柔毛だけど、しなやかで柔軟な髪かと聞かれるとそんなことはない……(だからこそくせ毛悩んでるのだが)

うるおい

髪にはうるおいが必要!

というのは、かなり言われていることですよね。

 

くせ毛を生かす場合にも、うるおいってとても大切なんです。

 

髪が乾燥してしまうことで何が起きるかというと、

髪が足りない水分を補おうと、空気中の水分を吸収してしまうんです。

その結果、髪の毛全体が広がってしまいます。

わくにん
くせ毛を生かすどころか、抑えることに精一杯……
参考 【保存版】広がる髪はこうしてまとめる!原因と対策とは肌ナチュール ヘアケアコラム

 

もともとうるおいがある髪は、空気中の水分を吸い込む必要がないので、

広がることもなく、ストンとした形に収まってくれるんですね。

 

くせ毛を生かすには、くせ毛が落ち着いてくれている条件が必須!

なので、くせ毛を生かすためには髪のうるおいがとても大切なんです。

ダメージの軽減

髪へのダメージといえば、まっさきに思い浮かぶのが、

ドライヤーの熱

ではないでしょうか。

 

かく言う私も、ドライヤーの熱とは数多くの戦いをくり返してきました。

わくにん
なんか壮大な話になってきた!?

 

髪をドライヤーで乾かす時に、よく言われるのが

ドライヤーの暖かい風で髪を乾かした後、最後に冷風をあてるという方法。

 

最後に冷風をあてることで、髪のキューティクルが閉じて天使の輪っかができやすいとか。

 

でね、若き日のわくにんが何を思いついたかというと、

わくにん
最後だけじゃなくて、最初から冷風で髪を乾かせば、髪って傷まないんじゃない?

というものだったんですね。

 

試しましたよ。

試しましたとも。

 

お風呂上りに最初から冷風で髪を乾かしました。

 

それどころか、

わくにん
熱風じゃないから、至近距離でドライヤー当てても良いのでは!?

なーんて考えて、めちゃくちゃ至近距離で髪に冷風を当てまくったんですね。

 

で、何が起きたかというと…………

 

次の日、髪の毛チリッチリ。

 

この時にね、

わくにん
あぁ、髪へのダメージって熱だけじゃなくて、風あてまくるのもよくないんだな……

ということを自らの髪を犠牲にして学んだわけでありますな。

 

私のおバカエピソードを紹介してしまいましたが、

何が言いたいかというと……

 

ドライヤー 使うだけでも ダメージよ

(わくにん心の俳句)

 

ということ。

 

髪にダメージがいってしまうと、ご紹介したように髪の毛チリッチリになったりして……

くせ毛を生かすどころの話じゃないんですね。

 

だから、ダメージの軽減って本当に大事なんです!!マジで!!(チリチリ経験者は語る)

わくにん
良い子はまねしないでね。ホントに髪の毛チリッチリになるからね。

縮毛矯正はもう必要ない!

美しいくせ毛の女性

ここまで読んで、

くせ毛をストンとさせたいんなら、縮毛矯正かける方が早いんじゃない?

と思った方もいるのではないでしょうか。

 

実は、縮毛矯正って結構髪へのダメージが大きいんです。

参考 <br /> 髪は大丈夫?縮毛矯正のダメージってどれぐらい?EPARKビューティー

 

このため、ブリーチをかけた後に縮毛矯正をお願いしても、お断りする美容室もあるんです。

わくにん
ブリーチも髪へのダメージが大きいからね。髪のことを考えると、断ってもらった方がいいよね……

 

しかも、縮毛矯正をかけると、髪がスーパーまっすぐになってしまって、

くせ毛を生かすどころか、楽しめるのはスーパーストレートヘアだけなんですよね。

 

実際に、縮毛矯正をかけてからカールアイロンで巻こうとしても、全然くるんってなりません。

わくにん
くせ毛を生かしたいのに、くせ毛の要素がなくなっている!

 

かと思いきや、高いお金を払って縮毛矯正しても、

私のように強いくせ毛の場合、1ヶ月くらいでまたウネウネが始まっちゃうんですよね……。

わくにん
髪にダメージがいってしまうのも原因のひとつなのかも……。

 

それに、そもそも縮毛矯正って言葉。

縮毛を”矯正”するってあたりが、なんかなーーって。

だって、矯正って悪いものを直したり、整える時に使う言葉じゃん?

 

まぁ私の個人的な意見は置いておくとして。

 

縮毛矯正をかけた直後は、

わくにん
わーい!くせ毛から解放されたー!

となるものの、上記の通り1ヶ月ほどで戻ってしまい。

 

またウネウネが戻ってしまった日には、また縮毛矯正かけねばならぬ。

という状況となり、またもや縮毛矯正に割とお高いお金を払うというループに陥るわけなんです。

 

……まぁここまでめちゃくちゃ書いといてなんですが、

「くせ毛は生かさなくていい!!とにかくストレートになりたい!!」

という方は、縮毛矯正アリアリのアリです。

 

ただ、私のようにくせ毛を生かしたい方は、

縮毛矯正ではない別の方法で、くせ毛を落ち着かせる必要があります。

くせ毛ケアは自分が快適であることが必須

野原の中で笑う女性

くせ毛を落ち着かせるには、日々のくせ毛ケアが欠かせません。

 

毎日お風呂に入って、髪を洗って、ドライヤーで乾かす。

この流れのどこか(もしくは朝イチ)に、毎日できる簡単なケアが必要になります。

 

なんで簡単じゃないかいけないかというと、

簡単じゃないと長続きしないからです。

 

だってさ、くせ毛ケアができるアイテムがあったとして。

めちゃくちゃ効果があったとしてもだよ。

 

Aのオイルで地肌をマッサージして、

Bのミルクを髪全体になじませた後にドライヤーして、

髪が半渇きの状態になったらCのジェルを髪全体に塗って、

髪が完全に乾いたらDのクリームでうるおいを閉じ込めます。

 

みたいな手順が必要だったらどうかしらん。

めちゃくちゃ効果あっても、毎日コレやるなんて大変すぎやしないかい。

少なくとも私は3日坊主……いや、初日で挫折するかもしれません。

 

だからこそ、難しい方法や面倒な手順がいっさいない方法で、

毎日くせ毛ケアをしていく必要があるんです。

わくにん
継続は力なり!美は一日にしてならず!だね♪

 

簡単なだけではなく、髪に塗る系のアイテムであれば

  • 自分に合う触り心地か(ベタベタすぎやしないか等)
  • 香りは自分好みか(においがキツすぎてつらくないか等)

という点も大事ですよね。

 

自分がこういう気持ちになれないアイテムだと、

いつかは必ずくせ毛ケアをやめてしまい、またくせ毛に悩まされる日々に逆戻り。

毎日使うくせ毛ケアアイテムだからこそ、

自分が好き・快適・幸せと思えるアイテムであることが必要なんです。

くせ毛を生かしたい私がたどりついた答え

山頂にたどり着く女性

これまで、私がくせ毛ケアの経験を通して学んだことをお伝えしました。

 

ここまで読んで、

くせ毛ケアは悪戦苦闘するものじゃない?それに簡単で触り心地がよくて香りも自分好みなんてアイテムなんて夢物語なのでは?

と思う方もいるのではないでしょうか。

 

私も同じ感想を抱いたと思います。

くせ毛ケアクリーム『KURURI』に出会うまでは。

机に置かれたくせ毛用ナイトケアクリームKURURI

くせ毛専用ヘアケアアイテム『KURURI』

たまたま、最近試したヘアオイルの使い心地が微妙で、

わくにん
なんかいいくせ毛ケアアイテムないかな~~

と思っていたのがKURURIです。

 

なんと、このKURURI……

くせ毛に特化したヘアクリームなんです!

コンセプトが素晴らしい

わくにん
くせ毛専用ヘアクリーム……うーん、どんなもんじゃろ?

と思っていたのですが。

 

商品が届き、まず感動したのがコンセプト

一部引用させていただきますと……

『KURURI』は、くせ毛って素敵な個性だということを全力で肯定したい、

自分の髪をもっと好きになって楽しんでほしい、そんな私達の想いから誕生しました。

こんな感じ。

 

私、この文を読んで

わくにん
これは期待できるぞ!!

って思ったのと同時に、嬉しさがこみ上げてきたんですね。

 

というのも、多くのくせ毛ケアアイテムって、

とにかくくせ毛を抑えつけよう!

みたいな部分があって。

これってくせ毛を無理やり矯正しようとする感覚に近いなぁって思ってたんです。

 

でも、KURURIのコンセプトを読んで、

くせ毛は素敵な個性なんだ。

自分自身の大切な一部なんだ。

生かしていいんだ!

と思えるようになったんです。

 

そして、ルンルン気分で使い始めた私にさらなる驚きが待っていた……!

実際の使い心地は……?

KURURIを使う前は、

『くせ毛専用クリーム』

という言葉から、けっこう重たい感じのこっくり系のクリームかと思っていたんです。

わくにん
くせ毛は重たいヘアオイルで抑えつけよう!って聞いたことあるしね……。

 

それでもまぁ、まとまりがよくなるのであれば良いかと思い。

1プッシュ、2プッシュ、3プッシュして驚きました。

 

手にのばしたくせ毛専用クリームkururi

なんとまぁテクスチャの軽さよ!!

 

ヘアミルクといってもいいかもしれないくらいの軽さ。

でもヘアミルクほど頼りない感じもしないし……

しいて言うなら、ヘアクリームとヘアミルクの中間くらい

 

ミルクに近い質感なので、サラサラで使いやすいです。

 

でもね、髪に塗るとまるでヘアオイルみたいにしっとりしてくれる!

この質感のちがいには、毎回本当に驚かされます。

 

そしてさらに驚かされるのが、香り!!

もうね、めっちゃくちゃいい香りです。

 

私はけっこうアロマ系の香りが好きで、

アロマオイルを石にたらして玄関に飾ったり、

気分転換にアロマミストをシュッシュと自分や空間に吹きかけるのが好きなのですが、

 

アロマ好きの私にはドンピシャの香りでした!!

 

成分表をみると、ラベンダーやマンダリンオレンジ、ベルガモットなどの油が使われているようです!

わくにん
どれもリラックスを代表する香りだね!

 

ヘアケアアイテムって、妙に甘い香りがするものもたまにありますよね。

男子ウケはいいのかもしれんが、どうにも私はめっちゃくちゃ甘ったるい香りって苦手なんですな。

 

KURURIの香りは、ほのかに甘~い香りなので、

手のひらにプッシュした瞬間から幸せなひとときがはじまりますよ(*^_^*)

 

で、いざドライヤーをかけてみてまたまた驚き!!

 

指通りが(゜_゜)

スルスルだよ(゜_゜)

 

わくにん
これホントに私の髪なんだよな!?

ってガチで一瞬疑うほどのサラサラスルスル感。

 

長年くせ毛と戦うべく、たくさんのヘアケアアイテムを使ってきましたが

ここまでサラサラ感を感じたアイテムはないかも。

わくにん
ぜひ一度は試してほしい、わくにんオススメアイテムだよ!

くせ毛専用ヘアケアアイテム『KURURI』

注意点は?

ここまでKURURIの使い心地をお伝えしてきました。

 

メリットばっかりで逆にちょっと不安になるんだけど……。

という声が聞こえてきそうですが(笑)

 

ものごとには、メリットもあればデメリットもある……

それがこの世の理(ことわり)……。

わくにん
え、急に中二病!?

 

デメリットというほどではないかもしれませんが、

私が使ってみて感じた注意点をひとつだけお伝えしますね。

 

KURURIの説明書には、髪を乾かすときには3プッシュ使うよう書かれているのですが、

髪の量が多い人には、3プッシュでは足りないと思います。

現に、私は5プッシュ必要でした……!

 

こればっかりは、人それぞれ毛量のちがいがあるので、

自分の髪にはどれくらい必要なのか、使いながら確かめてみてる必要があります!

 

KURURIは、髪に塗るとしっとり感があるので、髪全体がしっとりになる量を調整してみてください。

わくにん
塗る時しっとり、ドライヤーかけてサラサラって最高かよ!

まとめ:くせ毛を生かしたい人は、KURURIを試してみて♡

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、くせ毛を生かしたい人向けに

くせ毛専用クリーム『KURURI』をご紹介しました。

 

くり返しにはなりますが、

KURURIは本当にコンセプトが素晴らしい。

 

『くせ毛を自分の素敵な個性と捉えて、もっとくせ毛を楽しんでほしい』

そんな想いから、KURURIは生まれてきたのだろうし、

そんな思いに共感する人が、KURURIを使い続けていくのではないかなと思います。

 

くせ毛は個性で、大切な自分のひとつ。

そう考えると、いつも悩まされるくせ毛がすこし愛しく思えてきますよね。

 

『くせ毛を生かしたい』

そう考えつつも、なかなかくせ毛を扱えていないのであれば、

ぜひKURURIを試してみてください。

 

あなたの素敵な個性であるくせ毛に、そっと寄り添ってくれる素敵なクリームです。

くせ毛専用ヘアケアアイテム『KURURI』

 

私はもうすっかりKURURIのとりこです。

今後しばらくリピ決定まちがいなしのヘアクリームになってくれました。

 

KURURIを使った人が、自分のくせ毛を好きになりますように♡

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また別の記事でお会いしましょう。

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。