現在リライト中心で更新しております!最近の更新記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

友達や職場の人の愚痴に困った時の対応方法【結論:冷静に分析して対応しましょう】

愚痴をのアイキャッチ画像聞いて疲れた女の子

こんにちは(ฅ`ω´ฅ) 人と会話していると聞き手に回ることが多いわくにん(@wakunin89 )です!

 

友達や職場の同僚から愚痴を聞くことが多く、対応に困っている…ということはないでしょうか?

かく言う私も、友達や職場の同僚と話をしている際に聞き手に回ることが多く、時には愚痴を聞くということもあります。

 

今でこそ愚痴を聞くことに抵抗がなくなってきましたが、愚痴を言ってくる彼女たちに対し、どのような対応をすればよいか困ってしまった時期もありました。

そして、何度も愚痴を聞いている内に気づいたことがあり、それを実践することで愚痴を聞くことがほとんどなくなったのです(^^)/

 

愚痴の対応に困っている方へ。

愚痴を言ってくる人に対してどのような対応をとればよいかをまとめてみたので、ぜひどうぞ。

友達や職場の人の愚痴の対応に困った時は?

窓辺にたたずむ心配そうな女性

ずっと愚痴を聞いているとしんどくなってくる…

でも、邪険に扱うわけにもいかないし…

 

愚痴を言ってくる相手に対して、どうやって対応すればいい?

愚痴が始まっても、自分は冷静な状態を保つ

まず、愚痴を聞く前提として『愚痴を言ってくる相手はあること(人)に対して不満や怒りを感じている』ということを認識しましょう。

愚痴を言ってくるんだから当たり前じゃん!と思うかもしれませんが、相手のことを「また愚痴が始まったよ…」と捉えるのではなく、冷静に分析することが大事です。

 

なぜかというと、相手が感情的になっている状態の時に、自分まで感情的になってしまうと自分自身もネガティブな感情に支配されてしまう可能性が高いからです。

ゲームの画面を想像して、相手のストレス度が100%の状態!のような字幕をつけてみるのもいいかもしれないです。

一歩ちがった見方をすることで、客観的に物事を捉えることができます。

 

あくまでも相手の愚痴が始まったとしても自分自身は冷静さを保つことを忘れずに、です。

愚痴をすべて出しきってもらう

あとは、相手のストレス度100%から0%まではいかないにしても、ある程度下げることを目標に愚痴を出しきってもらいましょう。

 

既述の通り、愚痴を言う人は何かしらの不満があり、それを誰かに聞いてほしくて愚痴を言います。

つまり、ある程度誰かに聞いてもらうことで気持ちが落ち着くと、愚痴は言わなくなるということです。

 

ここで、親身になって愚痴を聞いてあげてももちろん良いのですが、

 

「人の愚痴って聞いていると疲れるんだよね…(´・ω・`)」

 

という方は、先ほどお伝えしたゲーム画面を思い浮かべてみるといいです。

愚痴を言うたびに相手のストレス度が下がっていくイメージを想像して、愚痴を聞いてみましょう。

 

イメージに集中しすぎると「聞いてるの??(-“-)」となって、相手のストレス度が上がってしまう可能性があるのでご注意ください。

 

人の話をそんなゲーム感覚で聞くなんて、失礼じゃない?と思うかもしれませんが、

親身になって聞いてあげることで、あなた自身が疲弊してしまうのであれば、いっそのことゲーム感覚でいいと思います。

 

愚痴を言っている相手も、メンタルすり減らしてまで聞いてくれと思っていないハズです。

自分自身を大切にしましょう。

愚痴を言う方には2タイプある

実は、愚痴を言う方には2タイプの方がいます。

それぞれのタイプによってベストな反応の仕方が異なってきます。

 

一方的にぶわーーーーっと愚痴を言ってくるタイプの方であれば、「うんうん」「そうなんだ」といった相づちだけで良いです。

 

この手の愚痴を言う方は、とにかく『人に聞いてもらいたい』という気持ちが強いです。

なので、こちらが聞いているだけで、どんどんストレス度も下がっていきます。

 

ちょっと対応に困るのが、こちらの意見を聞いてくるタイプの方ですよね。

 

例えば、↓↓こんな感じ。

「●●さんって、本当仕事できないよね!!そう思わない?」

このように、愚痴っている内容に対して私たちの意見を聞いてくるタイプの方です。

 

この手の方は、『愚痴に共感してほしい』『自分の気持ちを分かってほしい』という気持ちが強いです。

なので、自分の愚痴に対して「わかるー!」と同調してほしいんです。

だからこそ、こちらの意見を聞いてくるんですね。

 

じゃあ、同調すればいいのか?

いえいえ、そこはちょっと待った!です。

愚痴は聞くけど、同調はしない

相手の言ってきた愚痴に対し、「わかるー!」「私もそう思うんだよねー!」と同調するとどうなるか?

 

十中八九、「だよねーーー!!」と相手もノリノリになっちゃいます。

そして、「しかも、前にもムカつくこともあってさー!!」といった感じで、愚痴がどんどんエスカレートしていってしまうんですね。

 

何より、愚痴に同調してしまうと、自分の気持ちまで相手の愚痴の内容に引っ張られてしまいます。

(あの人、確かに仕事はできないもんね…)

なーんて思っちゃいますよ。

 

それもそのはず。

「あの人本当仕事できないよね」⇒「私もそう思う」って自分自身に言い聞かせてしまっているんですもん(;^_^A

 

このことに気づいてから、私はその時から同調するのをやめました。

仕事の愚痴を聞くのをやめた女性 仕事の愚痴を聞いてもいいけど、自分が愚痴を言うのはやめようと思った話。

どのような反応をすればよいのか?

「同調ができないとなると、どのような反応をすればいいの?」

と思いますよね。

 

きっちりとお伝えしますので安心してくださいね(*^_^*)

 

「●●さんって、本当仕事できないよね!!そう思わない?」

と、愚痴の内容について同調を求められた場合の対応方法…!!

 

それは……

 

ズバリ、とぼけるです!!

 

例えば…

「●●さんって、本当仕事できないよね!!そう思わない?」と同調を求められたら、

「自分のことでいっぱいいっぱいで、気づいてなかったわ…!」とか

「あんまり●●さんと一緒に仕事する機会ないから、わからんかったわ…!」といった感じで返します。

 

相手の愚痴の内容に対して、直接的な回答を避けるんですね。

 

あ、すみません。

期待させておいて、大それた内容ではないんですが(;^_^A

でも、これが効果バツグンなんですよ( *´艸`)

同調しなくなると愚痴が減っていく

既述のとおり、愚痴の内容について同調を求めてくるタイプの方は『愚痴に共感してほしい』『自分の気持ちを分かってほしい』という思いがあります。

いわば、愚痴を言い合える仲間がほしいんです。

 

だからこそ、愚痴に対して「わかるー!」「私もそう思うんだよねー!」と同調すると、相手から「愚痴を言い合える仲間だ!」と認識されることになります。

愚痴仲間認定された先がどうなるかは……わかりますよね?

相手は「この人とだったら愚痴を言い合える!」と思って、何かイヤなことがあると、あなたに愚痴を言うようになります。

またあなたが「わかるわかる!」「そうだよねー!」と言ってくれることを期待して。

 

なので、そうならないためには、同調しなければいいんです。

同調をしなければ、愚痴仲間として認定されないので、「この人に愚痴ってもあんまり盛り上がらないんだよね…」と思って愚痴を言わなくなります。

 

だって、愚痴ってお互いに言い合って盛り上がるこそ楽しいんですもん。

自分が愚痴を言ったところで、相手から期待した反応が返ってこなければ盛り上がることもできないです。

さらに愛のある対応を!

上記までの対応でだいぶ愚痴を聞くことも減るのですが、さらにもう1ステップお伝えしますね。

 

それは、愛のある対応をすること!✧˖°

 

どういうことかというと、

「●●さんって、本当仕事できないよね!!そう思わない?」と言われたら…

「自分のことでいっぱいいっぱいで、気づいてなかったわ…!でも、あなたがサポートしてるから仕事はきちんと進んでいるし、●●さんもきっと感謝してくれてるよ

といった感じで、相手が愚痴を言ってきたら愛のある内容で返すんです。

 

ストレス度100%の相手に対し、愛LOVEビームを打ち込んで、ストレスゲージごと破壊するイメージです♡

 

なんのこっちゃって感じですけど、これも結構効くんです。

だって、誉められてイヤな気分になる人はいないじゃないですか(*^_^*)

 

不満を抱えていたところに、突然「あなたは頑張っているよ!素敵だよ!」と言葉をかけられる。

不満を抱えながらも頑張っている自分を肯定してもらえる、理解してもらえる、見てくれている人がいる。

これだけで、ネガティブな感情が癒されるんです。

なので、もしも余力があれば、ぜひ愛のある対応を試してみてくださいね(*^_^*)

まとめ:愚痴の対応に困ったらゲーム感覚で!

いかがでしたでしょうか?

今回は、愚痴を言ってくる人に対してどのような対応をとればよいかをまとめてみました。

 

愚痴を親身になって聞くと、どうしても自分自身が疲れてしまいます。

相手に申し訳ないと思わずに、まずは自分自身を大切に、ゲーム感覚くらいの気持ちで対応しましょう。

 

また、愚痴を言ってくる方のタイプによって対応方法も異なってきます。

どのようなタイプなのかを見極めて、冷静に対応しましょう。

  • 人に聞いてもらいたいタイプ:基本的に相づちだけでOK
  • 共感してほしいタイプ:同調せずにとぼけながら聞く+愛のある対応

上記のような対応をすれば、かなり楽に愚痴と付き合えるハズです♪

ぜひ、試してみてくださいね。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です