Twitterはコチラ

Audacityを使って、ハモるセリフを録音する方法!

コンデンサーマイクのアイキャッチ画像

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ) わくにん(@wakunin89 )です!

突然ですが、朗読をしたり登場人物のセリフを録音する際に、2人以上の人物が声をそろえてセリフを言う(ハモる)場面が出てくることはないでしょうか?

 

太郎・花子:だ、誰がこんな奴と…!!

 

みたいなセリフですw 例は適当に考えました!笑”

 

今回は、フリーの音声編集ソフト『Audacity』を使って、上記のようなハモるセリフを録音するための方法をご紹介したいと思います(*^_^*)

 

Audacityを使って、ハモるセリフを録音する方法!

慣れると簡単にできますよ~( *´艸`)♡

で、今回はこのハモったセリフを作成してみます!

太郎・花子:つまり、犯人はあなたしか考えられないんですよ。

 

実際の音声はコチラ☟

 

なぜこのセリフかというと、完全にわくにんの趣味ですw 言ってみたかったw

では早速この音声の作成方法を見ていきましょう!

 

Audacityのインストール

既にインストール済みの方は、こちらの内容は飛ばして次の項目からで問題ありません!

 

Audacityは、窓の杜さんからダウンロード&インストールすることが可能です(^^)/

参考 「Audacity」無料の音声編集ソフト窓の杜

 

Audacityをインストールできましたら、マイクやヘッドフォンなどを用意して録音準備を行いましょう!

 

ハモらせる音声をそれぞれ録音する

2つ以上の音声をハモらせるためには、当然2つ以上の音声が必要となりますよね。

まずは、ハモリにする音声を録音しましょう!

 

1回の録音でふたつの音声をそれぞれ録音します。

オーダシティの録音画面1

 

音声にするとこんな感じになります☟

 

それぞれの音声が録音できたら、ハモらせるために編集していきます。

 

注意
音声を録音する時は、後から編集することを考えてセリフとセリフの間に少し間隔をあけて録音することをおすすめします!

また、キレイにハモらせるのであればセリフの言い方はなるべく統一しましょう。どちらか一方が間延びしてしまったり、語尾をのばしたりするなど統一性がなくなる、キレイにハモらせることができなくなります(>_<; )

元々のキャラ設定で語尾がのびるキャラとかであれば問題ないです!

 

ハモらせるための編集を行う:ライン複製

録音時点ではラインが1つしかないので、このラインを複製して2つにします。

オーダシティの録音画面2

先ほど録音したラインを全選択した上で、画像のように『編集』⇒『複製』を選択します。

 

オーダシティの録音画面3

このように、録音したラインの下にもう一つまったく同じ音声のラインが複製されます。

 

ハモらせるための編集を行う:2つのラインを編集

オーダシティの録音画面3

先ほどお聴きいただいた通り、左側に波形が女の子のセリフ、右側の波形が男の子のセリフでしたよね。

 

このセリフをハモらせるためには、女の子のセリフと男の子セリフを上下で揃える必要があります。

※再生開始すぐに女の子と男の子が同時に喋るように編集する必要があるため

つまり図で説明すると……

オーダシティの録音画面4

赤丸で囲んだ部分を上と下で合わせる必要があるということです!

 

そうなると、上のラインでは右側の男の子のセリフが、下のラインでは左側の女の子のセリフが不要になりますよね?

なのでバッサリ削除して編集していきます!(`・ω・´)✧˖°

 

オーダシティの録音画面5

こちらが、上のラインの男の子のセリフを、下のラインの女の子のセリフを削除した画面です。

まだ、完全に上下が一致している状態とは言えないですよね(>_<; )

 

ここから、無音部分を削除するなどして微調整していきます。

微調整したのがコチラ☟

オーダシティの録音画面6

女の子と男の子のセリフが大体上下で揃いましたね!

ここまできたら次のステップです!

 

ハモらせるための編集を行う:2つのラインを合体!

あとは、この2つの音声を1つの音声に合体すれば完成となります!

具体的な手順を見ていきましょう(^^)/✧˖°

 

オーダシティの録音画面7

このように、全選択で女の子と男の子のセリフを選択し、『トラック』⇒『ミックス』⇒『ミックスして作成』を選択します。

 

オーダシティの録音画面8

2つのラインがミックスされて、1つのラインとなりました!✧˖°

これで女の子と男の子のセリフが合体されて、ハモリのセリフとなっています(*^_^*)

 

ですが、波形を見ていただくと分かるとおり、少し音声が大きいように感じますよね(>_<; )

なので、必要であれば『エフェクト』⇒『増幅』機能を使って、音全体を下げましょう!

『増幅』機能を使って、音全体を下げたものがコチラ☟

オーダシティの録音画面9

 

あとは、この音声データをMP3やWAVなどお好みの形式で書き込めば、ハモリのセリフ完成です( *´艸`)♡

 

まとめ:ハモリの加工で対応できる仕事が増える!

いかがでしたでしょうか?

今回はAudacityを使って、2人以上の登場人物がハモる場合のセリフの作成方法をご紹介いたしました!

 

慣れるまでは、編集する際に少し苦労してしまうかもしれないですが、ハモリの加工ができることで声の仕事の幅も増えます♪

 

私も現在レギュラーでお仕事をさせていただいている動画ナレーションで、はじめて女の子2人が同時に喋っているセリフを見て、

え?!2人同時に喋るセリフ対応したことない!!(゜_゜)

とめちゃくちゃ焦りましたが、今回ご紹介した方法で対応するようになって、こわがらずにハモるセリフを対応できるようになりました!

 

ハモらせる場合、ハモっていることがわかるように、なるべくそれぞれのキャラの声を生かすように録音することが必要になりますが、

大抵は音の高低でカバーできるかと思いますので、どうかおそれずにハモるセリフに挑戦してみてくださいね(*^_^*)♪

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です