Twitterはコチラ

前駆陣痛・おしるし・破水のちがいについて経験者が語る

赤い花をお腹に添える妊婦さん

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ) わくにん(@wakunin89 )です!

 

 

前駆陣痛やおしるしは陣痛が近い証拠、破水は陣痛のはじまりの兆候と言われます。

書籍やインターネットにもそれぞれ「こういう感じ」という情報が載っていますよね。

 

私自身、それらの情報を見て「こういう感じ?」と想像を膨らませていたのですが、

実際に起きてみると微妙に見ていた情報とちがったり、「え!これがそうだったの!?」と気づけなかったことなどがあったりと、実際に出産を終えてから驚いたことがチラホラありましたΣ(・ω・ノ)ノ!

 

 

今回は、初産において前駆陣痛・おしるし・破水のすべてを体験した私が、それぞれのちがいについて実体験をもとにご紹介していきたいと思います!

これから出産するママさん達に参考にしていただければ幸いです(^^)/

 

前駆陣痛・おしるし・破水のちがいについて経験者が語る

眠る赤ちゃん

本番の陣痛が始まるサインはいろいろあるけれど、それぞれどんな感じなの…!?

 

前駆陣痛

出産を終えてみると、私の中でいちばん悩まされたのが前駆陣痛(ぜんくじんつう)でした(;^_^A

 

出産当日の数日前から、2日目の生理痛くらいの痛さの腹痛が何度か起こっていて「これはもしや陣痛…!?」と何度も思ったのですが、結果的には前駆陣痛だったという…。

 

そして、前駆陣痛くらいの痛みが続いていたので「また看護師さんに前駆陣痛ですね~って言われるのかなぁ」と思って痛みに耐えていたら本当に陣痛だったwという…。

 

 

痛みの強さとしては、

前駆陣痛<<<<<<越えられない壁<<<<<<<<本番の陣痛

くらいだと思っていたので、痛さの強さがそこまで変わらんというのは私的にはかなり意外でした(人によるのだと思います…!)

 

 

なので、よく「本番の陣痛が来れば絶対に分かる!」という意見を見かけるのですが、正直私は前駆陣痛なのか本番の陣痛なのか、結構ギリギリまでわかりませんでした…(;^_^A

 

 

出産を終えてみて思うのは、

本番の陣痛は、10分間隔(といってもピッタリ10分じゃなくて12分間隔くらいから始まった気がします)からどんどん間隔が短くなっていくのに対して、

 

前駆陣痛は痛みとしては本番の陣痛と同じくらいの痛みだけど、間隔が10分間隔からどんどん長くなっていって(10分⇒15分⇒18分)、最終的に痛み自体が消える

というちがいがあったかなぁという点でした。

 

痛みの強さとしては、前駆陣痛も本番の陣痛もそこまで変わりなかったので、やはり重要なのは間隔である!ということがわかりました。

なので、生理痛の重い痛みがきたと思ったら前駆陣痛と本番の陣痛どちらの可能性もあるので、きちんと時間を計ってどれくらいの間隔なのかを分析することが大事であると学びました!( •̀ω•́ )✧

 

おしるし

おしるしも、陣痛が近い証として有名ですよね。

 

このおしるしについても、人によっておしるしから24時間以内に陣痛が来たという人もいれば、おしるしから1週間経過してから陣痛が来たという人もいてかなりマチマチなんですよね。

 

 

私の場合、実は本番の陣痛が来ている最中におしるしが来ましたw

はじめは前駆陣痛かなと思っていた(後から本番の陣痛であったことが発覚)のですが、生理はじまりの時の経血のようなものを確認して、これが噂のおしるしかしら…!?と思いました。

 

 

おしるしがあった場合も産院に連絡するように言われていたので、おしるしかどうかハッキリしていなかったものの「こんな感じのが出ました!」とお伝えしたところ、「それはおしるしだと思いますよ♪」と看護師さんに教えていただき…!

 

おしるしについては、痛みも前触れも本当に何もなく、トイレに行ってはじめて「おや?」となりました。

痛みなどはない、という情報は前もって調べてあったのでここは事前に調べてあった情報通りでした!

 

破水

破水についても、前駆陣痛同様「思ってたのとちがうw」ものでした。

 

破水も「起きたら分かる!」と言われていたのですが、結論から言うと…いつ破水したのか正直わかりませんでした(´·ω·`)

 

MEMO

そもそも破水というのは、赤ちゃんと羊水を包んでいる卵膜が破けて羊水が流れでることをいいます。

卵膜の下側部分(子宮口側)が破水すると「バシャアッ!」という量の羊水が出るために分かりやすいようですが、

卵膜の上側部分が破水した場合は「チョロチョロ…」という量の羊水が出るだけなので少々わかりづらいのです。

 

私の場合、分娩室に入ってそろそろいきみ始めるかくらいのタイミングで、助産師さんに

「卵膜ない、破水してるね!」と言われて

「えええええ破水してたんん私(゜_゜)」という感じで後から言われて気づきました!

 

 

いつ破水してたのかについて、思い当たるのは「お風呂の中で」でした。

 

おしるしがあったことを産院に伝えた際に、

「しばらく湯船に入れなくなるから、今のうちにゆっくりお風呂に入った方がいいよ~」と看護師さんに言われていました。

 

そこで、すぐにお風呂の準備をして入浴をしたのですが、湯船に入っていた時に…

なんとなーく自分の意思とは関係なく、水っぽいものが出たような気がしたんですよね。

その時は、湯船に入っていたので「お湯かな?」と思っていました。

 

 

お風呂上りにも「ポタポタ…」という水っぽいものが出た感覚があったのですが、湯上りだったためにそこまで気にせずにいたんですよね(;^_^A

 

 

破水(自分の意思とは関係ない水分の排出)と言われて思い当たるのがこの時しかなかったので、おそらくこのお風呂の時間帯で破水が起きていたんだと思います…!

というくらいに本当にわからなかった!!(゜_゜)

 

 

一般的に破水は陣痛の兆候と言われていて、確かにお風呂から上がった後に本格的な陣痛が始まったように思います。

きっと卵膜の上側が破水したから分かりづらいタイプの破水だったんですね!!

 

まとめ:出産は情報通りにいかないこともたくさん!

いかがでしたでしょうか?

今回は、前駆陣痛・おしるし・破水のそれぞれのちがいについて実体験をもとにご紹介しました。

 

 

既述の通り、事前に調べていた情報とはちがったことが起きたため、いろいろなことがわからないまま本番の陣痛が進みました!

そしてあれよあれよという間に分娩室に入ることに…w

 

 

今回の出産で学んだことは、出産までの道のりは本当に人それぞれで情報通りにいかないこともたくさんあるということです。

破水が起きた!とハッキリわかる方もいれば、私のように「これ破水?」と戸惑う方もいらっしゃると思いますし、

陣痛についても痛みの強さでわかる方もいれば、前駆陣痛?陣痛?とギリギリまで悩まれる方もいらっしゃると思います。

 

 

いずれにしても、「これって…?」と思った場合はすぐに産院に連絡することが大事です!

無事に赤ちゃんを産むためにも、何かあった時は「こんなことで電話していいのかな?」などと思わずに産院に連絡しましょう。

また、記事内で散々「調べていた情報通りじゃなかったー!」と私は書いていますが、それでも事前にこういうことが起きるかもしれないんだという心構えは必要だと思います!

なので、自分なりに出産の兆候を確認しておくことをおすすめします(^^)/

大きくなったお腹を支える37週目の妊婦 妊娠37週目、正産期突入!お産はじまりの兆候をおさらい!

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です