現在リライト中心で更新しております!最近の更新記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

仕事の愚痴を聞いてもいいけど、自分が愚痴を言うのはやめようと思った話。

仕事の愚痴を聞くのをやめた女性

こんにちは(ฅ`ω´ฅ) わくにん(@wakunin89 )です!

 

さて、皆さんの周りには仕事の愚痴をこぼす人はいますか?

愚痴をこぼすという言葉だけ聞くと、あまり良いイメージがないかもしれないですが、愚痴を吐き出すことで、気持ちがスッキリするという面もありますよね。

 

私の仕事仲間にも愚痴をこぼす人がいます。

いろいろ思いを抱えながら仕事しているんだなぁ…と思いながらいつも聞いているのですが…

 

それはそれとして。

 

愚痴を聞いている内に自分も「あー、それわかるわーー」って思うことなんかもあったりするんですよね。

で、わかりみが深い愚痴については、つい一緒になって愚痴ってしまうということをしていました。

 

でも、

人の愚痴を聞くのはいいけど、自分がふちを言うのはやめた方がいいわ!!

と思いました。今回はそんなお話。

仕事の愚痴を聞いてもいいけど、自分が愚痴を言うのはやめようと思った話。

同僚と話す女性

なに善人ぶってんのよー?と思う方もいるかもしれないんですけど

なんで自分が愚痴を言うのをやめようかと思ったかというと…

 

自分のため

 

なんです、完全に。

それを語っていくぜ!!!!

油断すると負のスパイラルに巻き込まれるよ

愚痴を聞く時の基本姿勢って「うんうん」っていう同調だと思うんです。

愚痴を言う方も、話を聞いてほしいから愚痴ってくるわけで、愚痴を言うたびに

 

「それはちょっとちがうんじゃない?」

 

なーんて言ってたら、相手にとってはストレス発散のための愚痴なのに、さらにストレスレベルあがーる!ということになっちゃうじゃないですか。

なので、相手のストレスレベルを上げないように「うんうん」って聞いているんですけど、

 

愚痴を聞いている内に、暗示のようなものにかかってくるの(´・ω・`)

 

「あの人のこういう点がちょっと良くないですよね…」

「この案件って、あの人が事前に相談受けたらしいのに、なんであの人がやらないんですかね」

 

みたいな感じで、愚痴を聞いている内に愚痴の対象となっている案件や人(どっちかというと人)に対するネガティブシャワーが降り注ぐんです。

仕事仲間が愚痴ってくるのは、たいてい『あの人』と呼んでいる男性社員についてなんですね。

 

そのネガティブシャワーを全身で浴びている内に

「そういう点がよくないあの人」

「あの人がやるべきである、なんか面倒くさい案件まわってきたわ」

って思うようになっちゃうんですよね、不思議なことに(´・ω・`)

 

今までも、私は『あの人』と仕事をして「もー!(プンスカ)」と思うことがあっても、

諸悪の根源はあの人である。

とまでは思わなかったんですよね。

…まぁ、そこまでその人のことを深く考えないで仕事してたのかもだけど…w

それに人の相性ってあると思うので、私が「もー!」で終わることが、別の人にとっては「許すまじ」ってことになるのかなーって気もします。

 

んで、そうなってくると次にどんな行動とっちゃうかというと、

 

あの人はあの点もこの点も良くない!!というか全部!!(`´)

 

って考えるようになっちゃって(´・ω・`)

気づけば自分も愚痴のネタを探している…みたいな状況になっていることに気づいたんです。

愚痴が愚痴を呼ぶ…おそろしき負のスパイラル。

 

自分弁護みたいでアレですけど、たぶん人間の本能的に、共感しないと生き残れない的なそういった共感能力が発動して、こんな状況になってたのかなーなんて思うんですけど、思うんですけどね。

うん、生存戦略だとしてもあかん!!

愚痴言うのを今後一切やめるの?

じゃあこれからの生涯においてまったく愚痴を言わないのか?ということも一瞬考えたんですけど、

冒頭で書いた通り、愚痴って吐き出すことでストレスの緩和にも役立つと思うんですよ。

 

だからねー。一生愚痴を言わない人生、というのはちょっと無理ゲーかなって思いまして。

愚痴を言う相手を考えようと思いました。

職場の人

ここは完全にNGです。

職場の人にいうと負のスパイラルが発生することを痛感したので、ぜーーーったいにナシ。

職場の内情とかも知ってますしね。盛り上がっちゃいますから。確実に(´・ω・`)

友人

ここも避けた方がいいなーって思ってます。

友人であれば、愚痴を言っても「うんうん」って聞いてくれると思うんですけど、

せっかく会っているのに私の愚痴に時間を費やしてしまうのなんか悪いし、

「私と会う」=「愚痴のはじまりだぜ」みたいなイメージつくのもなぁ、って。

私がそう思っているだけで、友人の愚痴を聞くのは全然いいんですけどね!

家族

まぁやっぱりここかな、って思います。

自分のキレイな部分(あったのか)も、汚い部分も全部さらけ出せちゃう所です。

もちろん、家族に対しても長々愚痴に付き合わせるワケにいかないので、

「こんなことがあった!イラっとした!以上であります!」

みたいな感じで、端的に愚痴ろうかなと思います。(愚痴に端的という表現が合っているのかは不明)

 

あくまでも自分が愚痴を言うとしたらね!!

相手の愚痴を聞くのはOKなのか

ぶっちゃけ、

「オールOK!!Come on!Welcome愚痴!」

というわけではないです。

 

でも、自分が相手の愚痴…というか心に抱えたモヤモヤとかを聞くことで、相手の心が軽くなるなら別にいいかなーって思ってます。

 

ただ、

愚痴は聞くし「うんうん」って同調しても、もう二度と気持ちは引っ張られぬ!!

っていう感じです。

…なんかあったん?(;^_^A

こういう考えに至った理由なんですけど、

今の職場で

「もう私ここで仕事できないかも無理…限界…!」

という方がいて、これはマジで限界そうだ…(゜_゜)って思って話を聞いてみたんですよね。

 

そしたら、わーーーーーーーーーーーーーって今まで抱え込んでいたいろいろな思いを話してくれて、

それで気持ちが軽くなったらしく、前よりエネルギッシュに仕事できるようになったみたいなんです。

 

ということがあって以来、相手から愚痴を聞くことが増えたんですけど、

相手の愚痴を聞くこと自体は、相手のストレス発散になるならOK…と思えても、

自分自身の心がダークサイドに堕ちていっているような危機感を感じ始めて、本記事の決意に至ったという…。

 

なので、自分の心がダークサイドに堕ちるのを防いだということを記念して、

今日のこの日をダークサイド防止記念日とかにしましょうかね。(長いしダサい)

まとめ:自分から愚痴は言わずに心を穏やかに保つのじゃ

いかがでしたでしょうか?

というか、私の決意表明のような記事にお付き合いいただきありがとうございました。

 

自分的には相手の愚痴を共感して聞いてあげたいという気持ちはあるのですが、

どうにも最近自分の心が穏やかではなく、その原因を究明してみた結果の決意表明でした。

 

雑記ブログなので、あまり難しいこと考えないでこういう記事ももっと書きたいなーって思うこの頃。

これからもこういう記事出てくると思いますが、またお付き合いいただけるとありがたき…!!✧˖°

 

ここまでお読みいただき本当にありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です