Twitterはコチラ

私が使っているのはコレだ!宅録機材のご紹介✿

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ)わくにんです!

突然ですが、皆さんは宅録を行う際にどのような機材を使っていますか?

マイクの種類やオーディオインターフェースなど、宅録用の機材ってこだわろうと思えばどこまでもこだわることができるんですよね(*^^)v
※その分出費もかさむ…(´;ω;`)

「みんな、だいたいどのくらいの予算で機材を用意しているんだろう?」

「どこのメーカーの機材を使っているんだろう?」

宅録用の機材をそろえようと考えた時、他の人がどれくらいのものを使用しているのか、わたし自身もいろいろリサーチしました。

そこで今回は、これから宅録用の機材を揃えようとしている方や、機材の買い替えを検討している方向けに、私が実際に使用している機器をご紹介したいと思います(^^)/

そもそもどういう機材が存在するのか?どういう機材が必要なのか?については以前まとめた記事をご参照ください(*^_^*)

宅録で高音質の音声を録音しよう✿宅録に必要な機材はこれだ!

わくにんが使用している宅録機材

マイク:Rode NT1A

私は以前ダイナミックマイクを使用していたのですが、コンデンサーマイクの方が音質が良いと聞いて、コンデンサーマイクに買い替えました。

コンデンサーマイクはダイナミックマイクに比べると、価格帯が高いものが多いです(;^_^A

そんなわけでコンデンサーマイクを購入する場合、完全に予算と相談しなければいけないのですが、

私が購入したRode NT1Aは、

わくにん

コンデンサーマイクの割に比較的安価な部類に入るに関わらず、音質は高価なコンデンサーマイクと変わらないという驚異のコストパフォーマンス!!

と複数のサイトで評価されていたので購入しました!

実際、Rode NT1Aに買い換えてはじめて録音してみた時は音質のちがいに驚きました…!✧˖°

わくにん

マイク一本でこんなに変わる!?

と、思わず叫んでしまったほどですw

初めてのコンデンサーマイクであれば、価格を考慮しても圧倒的にオススメですよ( *´艸`)♡


【マイク機材フルセット!!】Rode NT1A Anniversary Vocal Condenser Microphone Package ■並行輸入品■

わくにん

ポップガード付きショックマウント、マイクケーブル、専用ポーチもついているなんてお得すぎます…!!

ヘッドフォン:SONY MDR-CD900ST

昔の私は、

わくにん

音さえ聴ければヘッドフォンもなんでも良いのでは?

と考えていたのですが、全然そんなことなかった!!!!

このヘッドフォンに買い替えてから、微妙~~~な音のちがいを聴き取ることができるようになりました!

アクセントのちがいなどは分かりやすいですが、一瞬声がガラガラしたように聞こえた…

というような微細な点に気づけるようになり、声のお仕事で納品する前の音声チェックで大助かりです!(`・ω・´)✧˖°


SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

わくにん

こちらのヘッドフォンは業界標準とされており、歌番組などの審査員が使っているヘッドフォンなので、安定の高音質ですよ!

オーディオインターフェース:Steinberg(スタインバーグ) UR22mkII 

オーディオインターフェースも、予算と相談する必要がある機材です(;^_^A

なくても良いのでは…?と思われる方もいらっしゃるかもしれないですが、雑音対策をするのであれば購入必須です!

たくさん種類があり、どれを購入するかかなり迷った(高額な買い物ですしね…!)のですが、こちらも複数のサイトで高評価&初心者でも操作しやすいと口コミが多かった、Steinberg(スタインバーグ) UR22mkII を購入しました!

わくにん

良いマイクとオーディオインターフェースで音質はここまで変わる…

と、何かのCMのように感動したのを覚えていますw


Steinberg スタインバーグ 2×2 USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR22mkII

わくにん

音声をPCに取り込みたい人はUSB接続のオーディオインターフェースを選択しましょう!

ポップガード:Rode NT1Aに付属していたもの

宅録における必須アイテムのポップガード、私はRode NT1Aに付属していた専用のポップガードを使用しています!

機材一式を買い替えるまでは、マイクとポップガードも別売りのものを使用していたのですが、ぴったんこカンカンではなかったのか、宅録中にポップガードがずり落ちてしまったり…ということがありました。

この点を考えると、専用のポップガードの心強さよ…!✧˖°
※正確にはポップガード付きのショックマウント(マイクの受け皿のようなもの)なんですが…!

わくにん

安すぎるとマイクにきちんと設置できなかったり、構造上そもそも自分のマイクには使えなかった…ということもあるようなので、あなどるなかれ…!

マイクスタンド:Xianqing マイクスタンド 専用バッグ&マイクホルダー2種類付き

マイクがあってもマイクスタンドがないと宅録は行えません…!

ということで、私が購入したマイクスタンドは、高さを調整することで立ったままでも座った状態でも録音することができるものを購入しました✧˖°

実際声を出すときは、お腹を使って発声するため立ったまま録音することが多いです!

こちらは、以前使っていたダイナミックマイク時代からの付き合いなのですが、今も現役で活躍してもらっています✧˖°


【最新改良版】Xianqing マイクスタンド 専用バッグ&マイクホルダー2種類付き ブームとストレートの2Way仕様 三脚 スタンド コンデンサーマイク用 折りたたみ 360度&高度 調整 特製 マイクスタンド 講習会 ライブ スピーチ 放送 カラオケ等に大活躍

わくにん

わくにんが購入した時は専用バッグなかった…!いいなぁ、専用バッグ…笑”

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は私が使用している宅録機材をご紹介しました!

機材を一新してから本当に音質の向上を実感することができ、今まで以上にクライアントの要望に応えることができるようになったかなと思っています(*^_^*)

ぜひ機材の購入を検討されている方に参考にしていただけると幸いです!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です