Twitterはコチラ

赤ちゃん肌着のミルク汚れにはオキシクリーンで決まり!

ミルクを飲む赤ちゃんのアイキャッチ画像

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ) わくにん(@wakunin89 )です!

 

 

毎日子育てをしていて、

「赤ちゃんがこんなにもミルクを吐き戻すなんて!!Σ(・ω・ノ)ノ!」

と驚いたママさんも少なくないのではないでしょうか?

 

 

かく言う私も、毎日わが子がミルクを吐き戻すたびに着替えさせて、気づけば毎日のように洗濯しているような気がします(^q^)w

 

 

「ミルクっていうぐらいだから、牛乳系?普通の洗濯でもミルク汚れは落ちるっしょ!」

と思っていたら、大まちがい(^q^)

 

 

あの独特の黄色みを帯びたミルク汚れは普通の洗濯ではビクともしないのです!!

今回は、ミルク汚れを落とす救世主『オキシクリーン』と、オキシクリーンの種類についてご紹介します!!

 

赤ちゃん肌着のミルク汚れにはオキシクリーンで決まり!

ミルクを飲む赤ちゃん

赤ちゃんのミルクの吐き戻し、本当に多いんですよね…(^q^)

 

毎日に何度もミルクを吐き戻す赤ちゃん

産まれたばかりの赤ちゃんは胃腸が小さく、一度にたくさんのミルクを飲むことができません。

なので、胃の容量をオーバーするほどのミルクを飲んでしまうと、途端に吐き戻してしまうんですね。

 

 

赤ちゃんが吐き戻してしまう原因は、胃腸の大きさだけではありません。

大人の胃は少し曲がっているため逆流を防いでくれるのですが、赤ちゃんの胃はほとんどまっすぐなため逆流を防ぐ機能が備わっていないんです。

このため、ゲップをしたりウンチをするために踏ん張ってしまうことがきっかけで、ミルクを吐き戻してしまうということもあるんです。

 

↓ちなみに、大人の胃はこういう形(^^)/

胃のイラスト

わくにん

子育てを始めるまで、赤ちゃんがこんなに何回もミルクを吐き戻してしまうなんて知りませんでした(´·ω·`)

 

ワイドハイターの直掛けが効かない、だと…!?

何を隠そう、私はワイドハイター大好きっ子(^q^)

どんな汚れもとりあえずワイドハイター使っておけば大丈夫だと思っていました。

今まで、油汚れやら泥やら…いろいろな汚れをワイドハイターに助けてもらっていましたからな!( •̀ω•́ )✧

 

 

だがしかし(゜_゜)

あのワイドハイターが…(゜_゜)

ミルク汚れに敗北するなんて…(゜_゜)

 

 

そうなんです、実はミルクで汚れてしまったわが子の衣服をきれいにしようと、ミルク汚れ部分にワイドハイターを直掛けしても汚れがおちれくれなくてすっかり途方に暮れてしまったのです(´·ω·`)

 

 

さて困った。どうしよう。

と思っていた時に、目に入ったのがオキシクリーン。

 

 

実は私がオキシクリーンを買ったのは洗濯機の掃除をするためだったのですが、

オキシクリーンのアイキャッチ画像 オキシクリーンで洗濯槽の掃除をしてみた!【4時間漬けでキレイを実感】

ワイドハイター同様、オキシクリーンもかなり評価が高かったので、わらにもすがる思いでオキシクリーンを使ってみたのでした( ˘ω˘ )

 

オキシ漬け最強説

オキシクリーンの使用方法は、有名な『オキシ漬け』。

  1. 40~60度のお湯を用意する
  2. 洗面器やバケツ、洗面台に1の湯を張りオキシクリーンを適量まぜる
  3. 2が完全にまざったら、オキシ漬けしたい衣類を投入
  4. 最長6時間漬ける(自分のスケジュールに合わせて早く取り出してもOK)

 

『最短でも2時間漬ける』という情報を見かけたのですが、その日の洗濯事情から1時間しか漬けられず…(´·ω·`)

「ワイドハイターでもダメだった汚れが、オキシ漬け(時間不十分)で取れるはずがない…」

というダメもと状態で試しました。

 

 

ところがどっこい(゜_゜)

 

 

落ちてる(゜_゜)

 

ミルク汚れがキレイサッパリ(゜_゜)

 

オキシ漬け1時間でもミルク汚れってきれいに落ちるんだ!!!!!

 

 

とにかく感動してしまって、オキシクリーンを速攻追加購入しました!!(^q^)

 

MEMO
後から調べてわかったのですが、ワイドハイターもオキシクリーンもどちらも酸素系漂白剤です。

ただ、液体タイプと粉末タイプでは活躍する場面が少々ちがいます。

 

日常的な汚れや防臭効果を期待するのであれば液体タイプ。

頑固な汚れやにおいを落としたいのであれば粉末タイプ。

 

私は液体タイプのワイドハイターを使用したため、ミルク汚れには効かなかったのでは…と思われます!

粉末タイプのワイドハイターであれば落ちたのでは…!

※画像は詰め替えタイプタイプの商品です!

 

オキシクリーンの種類に注意!

即効でポチした後に知ったのですが、オキシクリーンには実は2種類のタイプがあるんです。

 

 

ひとつがアメリカ製のもので、もうひとつが中国製のものです。

↑こちらがアメリカ製のオキシクリーンです。

↑こちらが中国製のオキシクリーンです。

 

2つのオキシクリーンのちがいは、界面活性剤が含まれているかどうか。

界面活性剤が含まれているのはアメリカ製のオキシクリーンで、中国製のオキシクリーンは漂白剤成分のみとなっています。

MEMO

アメリカ製のオキシクリーンには香料も含まれて入っているので、洗濯洗剤のような香りがするのも特徴です✿

他にもアメリカ製には蛍光増白剤という、白い衣類をより白く洗うことができる成分も入っています。

 

 

界面活性剤とはいわゆる石けん成分のことで、界面活性剤が含まれている方が洗浄力が高いんです。

なので、洗浄力や洗濯洗剤のような香りを求めるのであれば、アメリカ製のオキシクリーンがおすすめなのですが…!

 

 

赤ちゃんの肌着や衣服を洗濯するのであれば、界面活性剤が含まれているアメリカ製のオキシクリーンは避けて、界面活性剤が含まれていない中国製のオキシクリーンを使用しましょう!!

 

 

なぜなら、界面活性剤や蛍光増白剤、香料は洗濯した後の衣類に残ってしまうことが多く、肌への刺激が強いからなんです。

赤ちゃんのことを考えると、断然界面活性剤ナシのオキシクリーンですよね(*^_^*)

 

MEMO
本記事執筆中に赤ちゃん用のオキシクリーンを発見しました!!

蛍光増白剤不使用&無香料のようですが、界面活性剤は入っている模様…(´·ω·`)

OXICLEAN(オキシクリーン) ベビー 酸素系漂白剤 (アメリカ製) 1370g

まとめ:赤ちゃんの肌着や衣類のミルク汚れには、界面活性剤なしの中国製のオキシクリーンを!

いかがでしたでしょうか?

今回は、ミルク汚れをキレイサッパリ落としてくれるオキシクリーンについてご紹介しました!

  • 界面活性剤が含まれていない中国製のオキシクリーンがおすすめ
  • オキシ漬けするのは1時間でOK

赤ちゃんのためにも、ぜひ肌への影響が少ない中国製のオキシクリーンを使用してあげてくださいね(*^_^*)

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です