Twitterはコチラ

【引き寄せの法則って本当にあるの?】実際に引き寄せた話!~仕事編~

海を見る女性のアイキャッチ画像

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ) わくにん(@wakunin89 )です!

 

以前、引き寄せの法則についてこんな記事を書きました。

引き寄せの法則について書かれたアイキャッチ 【引き寄せの法則って本当にあるの?】実際に引き寄せた話!~恋愛編~

こちらボチボチご覧いただくことが多い記事でして、皆さん引き寄せの法則や潜在意識について興味を持って読みに来てくれているのだなぁ…!とありがたく思っております(*^_^*)

 

さて、上記記事では引き寄せの法則~恋愛編~をお届けしましたが、今回は仕事編について書いていきたいと思います!

引き寄せの法則や潜在意識に興味のある方、ぜひ最後までお付き合いください(*^^)v

 

【引き寄せの法則って本当にあるの?】実際に引き寄せた話!~仕事編~

光でいっぱいの仕事場

仕事関係についても、引き寄せの法則はあります!

 

とにかくなりきるのが好きな子供時代

子供時代の私についてはプロフィールにも記載があるので詳細は割愛しますが、とにもかくにも自分以外の何者かに成ることができる遊びが大好きで、ごっこ遊びを中心にいろいろなものになりきって遊んでいました。

 

男も女も年齢も関係なくいろいろなものに成れる声優という仕事を知ってからは、ひたすら声優という職業に憧れて、好きな声優さんが出ているアニメを片っ端から見ては「こんな声も出せるんだ!」「このキャラもこの人だったんだ!」という驚きとともに、

どんどん声優という職業に心奪われていきました。

 

ですが、親としてはやはり安定した仕事についてほしいという思いがあったのか、なんとなーく親から「声優になるのは反対よ」というオーラを感じ始めていました。

大人になった今となっては「なんとでもなるんだから挑戦すれば良かったやん!」なーんて言えちゃいますけど、

子供時代は家と学校が世界のすべてで、親や教師が言うことは守らないと!って感じだったんですよね~。

 

検察官という職業を知って

中学生の時に、木村拓哉さんが主役の『HERO』という検察官を題材にしたドラマを観てから、世界が一新しました。

成りきることはもちろん好きだけど、それは遊びとして一気に法律関係の仕事に興味を持つようになりました。

 

さらに、ミムラさん主演の『ビギナー』という司法修習生を題材にしたドラマの中で、修習生同士が法律問題についていろいろと話し合っている姿に心奪われて、将来の夢は一気に「法律に関する仕事に就く!」に変わりました。

 

法律について数名で議論するのが好きで、学生時代はビギナーにならってあぁでもないこうでもないと皆で議論しまくってましたw

 

ですが、こうした時代でも声優について完全に諦めていない私は、元アナウンサーが開講していた発声を教えるカルチャースクールに通い声関係の情熱を静かに燃やし続けていました(`・ω・´)✧˖°

とはいえ、もうだいぶ大人になっていたので「やっぱ声優になるのって厳しいよね~」と思ったりも。

 

頭をかすめるのは「自分が好き勝手生きて親に心配かけたくない」ということでした。

※実は、学生時代に声優になりたい!ということを親に伝えて、大喧嘩になったことがありました…( ˘ω˘ )

 

この頃から、安定した仕事に就きながら声の仕事ができればなぁ…(´·ω·`)と心のどこかで思うようになっていました。

 

安定したメイン収入+好きなことで稼ぎたいという思い

で、ここから社会人デビュー⇒中国留学⇒中国就職⇒地獄のコルセン時代や転職&上京という怒涛の経験があるんですけどw

これを語ると完全に本旨から外れちゃうので今回は置いといてw

 

上京してから本格的に声優を目指し始めたものの、当時の仕事はめちゃくちゃ激務で平日は仕事でつぶれ、休日に養成所に通ってはいたものの、なんとか週一のレッスンに通っているという状態…(もったいない!)

 

明らかに自分の理想の生活とは少しズレているなぁ…という思いがありました。

平日にもう少し自分のやりたいことや好きなことをする時間が欲しい…と思いながら毎日仕事していました。

 

現在の状況は自分が求めたもの=引き寄せていた!

またちょっと飛びまして、悪夢のドン底時代を乗り越えて今に至る私ですが、実は現在の状況は過去の私自身が求めた状況だったんです。

MEMO

↓ドン底時代については以下の記事でちょろっと書いてますw

道路のアイキャッチ画像 いつの時代も人生を変えるのは”行動すること”
  • 安定した仕事に就きながら声の仕事ができればなぁ…(´·ω·`)
  • 平日にもう少し自分のやりたいことや好きなことをする時間が欲しい…

産休育休中ではあるものの、現在私は企業法務のお仕事をしていて安定した仕事に就いています。

そのかたわら、声のお仕事をいただいて声のお仕事での収入も出てきています。

そして、企業法務の仕事は基本的に定時で帰宅できており持ち帰りの仕事もないため、ブログを書いたり声に関する活動をしたり読書したりと、平日に自分のやりたいことや好きなことをする時間がとれています。

 

引き寄せてんじゃん!!!!!!!(゜_゜)

 

安定した収入を得つつ好きなことも仕事にしたいという状況を引き寄せたのであれば、

やりたいことや好きなことを仕事にしていきたい!と強く思えば引き寄せられるのでは?(^q^)

 

引き寄せの法則、第4の条件

突然ジョジョっぽい見出しになっちゃったんですけどw

 

恋愛編で挙げた以下の3つの条件に加えて、仕事編をまとめる上でもうひとつの条件があることに気づいたんです。

MEMO
◆恋愛編で挙げた3つの条件◆

  • 引き寄せの法則の実現には試練がある
  • 引き寄せの法則の実現までには時間もかかる
  • 引き寄せの法則実現のためには行動が必要である

 

そのもうひとつの条件とは、

  • 余計なマインドブロックは外す必要がある

というものです。

これどういうことかというと、どんなに自分が引き寄せたい理想の状況があったとしても

「でもどうせダメなんだろうな」

「こうでなければいけないのだろうな」

「そうやって決まっているんだろうな」

というように余計なマインドブロックがあると、それが障壁となって引き寄せたい理想の状況がいつまで経っても自分のところにやってこない!

ということです。

 

私の余計なマインドブロックは、

「やりたいことや好きなことだけを仕事にすることはできない…だから安定した収入+好きなことを仕事にする(副収入)生活がベストなんだ」

というものです。

 

私にとってはこれが自分の中のマインドブロックであるとハッキリ自覚できます。

もう大の大人ですし、親のせいにするつもりは毛頭ありませんが、子供の頃の「声優(好きなこと)だけでは食べていけないんだ」という思いが今も色濃く私の潜在意識の中に刻み込まれています。

だからこそ安定した会社勤めでメイン収入を得る、という生活を選択しているわけです。

 

マインドブロックを外すにはきっかけが必要

上記の通り、マインドブロックがある場合はそれが障壁となっていつまで経っても理想の状況を引き寄せることはできません。

理想の状況を引き寄せるにはマインドブロックを外すことが必須となり、

マインドブロックを外すにはきっかが必要となります。

 

マインドブロックを外すきっかけとしては、瞑想やカウンセリング、潜在意識を扱ったシンボルゲームなどいろいろなものがあります。

五行のカードでトラブル解決✿シンボルゲームのご紹介!

これらは、そもそも自分の中にあるマインドブロックとはどんなものなのか?を探る手掛かりになってくれるものでもあります。

もしも自分の中にあるマインドブロックが何であるかを自覚することができれば、日常生活においても少しずつそのブロックを外していくことは可能です。

 

例えば私の場合、

「やりたいことや好きなことだけを仕事にすることはできない…だから安定した収入+好きなことを仕事にする(副収入)生活がベストなんだ」

がマインドブロックとなっているのですが、実はもう既にやりたいことや好きなことだけで生活をしている人たちと出会い、交流しているんですね(*^_^*)

 

彼ら彼女らの存在が

「いや、やりたいことや好きなことだけを仕事にするって可能じゃん!?(゜_゜)」

という具合に、少しずつ私の中のマインドブロックを外してくれているんです(^^)/

 

おかげで私も少しずつやりたいことや好きなことだけを仕事にするという方向でかじ取りを開始しました…!✧˖°

まとめ:やっぱり引き寄せの法則はある!

いかがでしたでしょうか?

今回は、前回の恋愛編に引き続き、仕事編での引き寄せの法則についてお届けしました!

 

私自身、恋愛では最上級の引き寄せを成し遂げ(ノロケですw)、仕事でも過去の自分が望んだ状況を手にすることができた…

つまり、やっぱり引き寄せの法則はあるんです!

 

引き寄せの法則があると確信できたのであれば、あとは引き寄せるのみ( *´艸`)♡

今度は仕事関係でどんどん引き寄せていきたいと思っております♪

 

ぜひ皆さんも理想の状況を強く思い描いて、その状況を引き寄せてくださいね!(*^_^*)

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です