Twitterはコチラ

断捨離をすると何が変わる?私自身に起きたことを紹介!

断捨離できたことに満足する猫

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ) わくにん(@wakunin89 )です!

本日は、断捨離について書いていこうと思います! (`・ω・´)

といっても、私は断捨離のスペシャリストでも、ミニマリストでもございません!

ひとりの人間が今回断捨離をしたことによって、自分自身にこんな変化がおきたよ~ということをご紹介していきたいと思います♪

断捨離をすると何が変わる?私自身に起きたことを紹介!

そもそも断捨離とは?

断捨離とは、やましたひでこ先生が自身の本、

『新・片づけ術「断捨離」』(マガジンハウス/2009年初版出版)にて定義した言葉です。

「断」……入ってくる要らないモノを断つこと
「捨」……家にあるガラクタを捨てること
「離」……モノへの執着から離れることを表す。

(コトバンクより引用)

を指しており、つまりどういうことかと言うと、

これ以上、部屋に不要なものを増やさず、部屋に今ある不要なものは処分して、

今後はものに囚われるのはやめようぜ!

ってことですね! (`・ω・´)

断捨離前のわくにんの部屋

そんなわけで、わたくしわくにんの断捨離前の部屋について説明したいと思います!

とにかく物が多かった。

服、本、小物、仕事で使った資料やその他書類、挙げるとキリがない。

特に目立ったのは服と書類ですかね…!

服については、「デザインが気に入っているからいつか着る」「部屋着になりそう」

資料や書類については、「いつかまた目を通す日が来るかもしれない」「何かに使えるかもしれない」

こんな理由でずーーーーーーっと大事にしまいこんでいたのでした。

服については以前からちょいちょい捨てたりしてたんですよ!

45リットルのゴミ袋1枚分をわっしょい!って捨てたこともありました。

それにも関わらずまだ上記理由で着ない服を保管していたのですね…(^_^;)

それでも生活はできているし、家に帰ってきたら落ち着くし、それなりの生活でした。

でも、「よし!何かしよう!」と日中に思っても、夜家に帰ってきたらテンション自体も妙に落ち着いてしまい、

「まぁ…休みの日、時間がある時にするか。今日はもう寝るドン」みたいな生活でした。

(そして休みの日も結局海外ドラマや映画観たり、ダラダラして終わる)

そんな私に、突然転機が訪れるのでした。

断捨離をしようと思ったきっかけ

とあるセミナーというかワークショップに参加した日の晩。

ものすご~~~~~~くリアルな夢を見たんです。

夢の中の私は、とにかく不要なものをせっせと捨てていました。

今でも鮮明に思い出せるくらい、リアルな夢でした。

目覚めた時、夢の中ですてたはずのものが部屋にあり、不思議な感覚を覚えたくらいです。

「こんなリアルな夢見るなんてよほどのことだ」と思い、そこから断捨離について考え始めました。

いざ、断捨離決行!

まず、私が始めたことは自分がどんな部屋に住みたいかイメージすることでした。

特に意識はしていなかったのですが、今思うと

近藤 麻理恵さん(通称:こんまりさん)が書かれた、『人生がときめく片付けの魔法』(サンマーク出版/2011年初版出版)の中で

最初にやることとしてこんまりさんが提唱していることだったなぁ、なんて。

でも、イメージ力って本当に大事だと思いました。

こういう部屋で、こういうことしたいという具体的なことを考えれば考えるほど、

すごくわくわくしてきて(わくにんだけに。すみません)、気づいたら作業を始めていたんです、笑”

いろいろな人の意見があると思います。

スタートからゴールまでをきちんと描いた方がよいという意見もあると思います。

でも、その人それぞれのペースややり方があるのだから、

結局自分が一番楽しいとか嬉しいとかハッピーな気持ちになれるやり方で良いのでは、と思います。

わくにんのやり方はこんまりさんが提唱する、「ときめきを大事にする」というものにかなり近かったです。

特に思い出のあるものなんかはね。でもその思い出が幸せな思い出だけとは限らない…。

ものを持った時、ハッピーな気持ちとマイナスな気持ちとが混在するものについてはすべて捨てました。

だって、マイナスな気持ちも呼び起こされちゃうもの持ってても仕方ないからね。

あと、ときめきはあるものの、でも実際着てないんだよね、使ってないんだよね、という服やものについても捨てました。

書類については、今すぐ必要なもの以外は全捨て。いつか目を通す?通さない、通さない。通すならとっくに目を通しているはずだから。

断捨離してからわくにんに起きた変化

とにもかくにも、自分ルールでわっしょいわっしょい物を捨て、

気づいたら模様替えまでしちゃったりなんかして、わくにんの断捨離祭は幕を閉じました。

今は、思い描いていた部屋で広々と過ごしています。

視界も広いし、開放感に溢れていて、やりたいことはやるぜ!!みたいなモチベになれる部屋。

変化があったのは、部屋の状況だけではありませんでした。

痩せた

と言ってもまだほんの少しですが…笑”

痩せたというか、今の自分に必要な量がわかるようになったという感じですかね!

そしたら自然と体重が落ちてきた、という具合です!

食べるの大好きだから、食べたい!って思ったら食べちゃうタイプだったんですよねw

ストレス感じたら、お腹がすいてなくても甘いもの食べたりしちゃってたし…

きれいな部屋を保ちたいと思うようになった

当たり前といえば当たり前なのですが…笑”

今床の上にテーブルとゴミ箱しかない状態なんですが、その状態を保ちたいと思うようになりました。

それゆえ、自然と物を元の場所に戻すようになりました。これも当たり前なんですけどね。

今にして思うと当たり前のことができていなかったんですね~~おそろしあ(-_-;)

テーブルの上にも、クーポンや光熱水費の領収証を置いたりしていたのですが、これもなくなりました。

スッキリしている部屋が好き!!!!!!!!!!!

部屋が今まで以上に好きになった

もうほんとにね、今私お部屋大好きマンなんです。

元々若干引きこもり体質ではありますが、そういうことじゃなくて 笑”

時にはカフェになる自分の部屋、時には図書館になる自分の部屋、

またある時には映画館や料理教室、ヨガやストレッチまで。もうなんでもござれ。

やりたいと思ったことが、のびのびとできる素敵空間なんです~~~~!!!!!

今自分が大切にしているもの、必要なものがわかるようになった

これも自分の中では大きかったです。

物がある時は、あれもこれも全部大切!と思いこんでいたのですが、そうじゃなかった。

今の自分が大切にできるものには限りがあるし、必要なものについてもそんなには多くはないんです。

断捨離をすることで、客観的に今の自分を見ることができたのかな、という感じがします。

まとめー断捨離は終わらない

先ほどから断捨離断捨離といっちょ前に書いていますが、

私が実行したのってあくまでも断捨離の”断捨”の部分なんですよね、特に”捨”。

なので、今後は”断”と”離”を重点的に行っていかなければ、なのです。

でもだからと言って、ガチガチに断捨離断捨離!って固めるのではなく、

やっぱり自分がハッピーな考えややり方で続けていきたいなぁーと思っています♪

ここまで読んでいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です