現在リライト中心で更新しております!最近の更新記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

声優は仕事を取りに行く姿勢も必要!実力のほかに伸ばすべきスキル

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ)わくにんです!

事務所の所属声優になった場合、事務所から仕事の案件が来るまで待つ日々を送らなければならない、というイメージをお持ちの方はいらっしゃいますでしょうか?

もちろん、事務所によっては個人的な活動を一切してはいけないという事務所もあるかもしれませんが、事務所の許可を得ることで個人的な活動をしてもよかったり、そもそも基本的に個人的な活動を許可している事務所もあります。

というのも、声優事務所に所属する場合になったとしても、あくまでも声優は個人事業主。

ゆえに、仕事が来るまでひたすらに待つのではなく、自分から仕事を取ってくる姿勢や、営業力や依頼主とのコミュニケーションといった声優としての実力以外にも要求される能力が必要になります。

今回は、どのようにして自分から仕事を取りに行くのか、営業力や仕事上でのコミュニケーション能力の身につけ方をご紹介していきたいと思います。

声優として実力のほかに伸ばすべきスキル

仕事に積極的な姿勢

どの仕事でもそうですが、やる気がない人とやる気がある人とではやる気のある人に仕事をお願いしようと考えますよね。

これは声優のお仕事でも同じです。いかに仕事に積極的な姿勢をアピールするかはとても重要な要素です。

とはいえ、仕事の案件が来ていないのにそもそもどうやってその姿勢をアピールするのか、という点ですが、

自分から舞台や朗読公演に積極的に参加するということがとても大切です。

事務所からの仕事をいただく前に、自分はこのようにスキルアップを図っているという点をアピールするのです。

客演でも良いですし、自ら主宰してもOK。要は自ら表現の場に飛び込み続けているという姿勢が大切なのです。

稽古をする上で実力向上にもつながりますし、お客様の前に立つことで緊張に慣れることもできます。

実際にお仕事をいただく前に、ある程度人前で表現することに緊張しない体と精神を作っていきましょう!

営業力

どんなに実力があっても、自分はどんな声をもっていてどのように表現できるのかを相手に伝えることができないとなかなか仕事に結びつくことはありません。

例えば、ボイスサンプルを作ってすぐに聴いてもらえるように準備しておくというように、自分の声を聴いてもらえる機会があればすぐに適応するという姿勢も必要です。

また、自分を売り込むという点では営業力がとても大事になってきます。初対面の人とも明るくハキハキと話すこと。物怖じしないこと。

「人見知りだから…」「引っ込み思案なので…」なんて言ってる場合じゃありませんよ!

なので、営業力を身につけるためにも、仕事をもらうためにも、人脈を広げて仕事につなげていくということが必要になってきます。

いろいろな人と話をすることで、話すというスキルを上げて営業力としていきましょう✧˖°

人脈の広げ方については以下の記事をご覧ください(*^_^*)

声優の仕事は人脈が大事!人脈を広げる方法!

コミュニケーション能力

先に書いた営業力と少々似ていますが、コミュニケーション能力も必要な能力です。

営業力が自分を売り込む力であるのに対し、コミュニケーション能力は人との交流全般といった感じでしょうか。

最近は、出演する作品の映像がメールで送られてきたり、サンプルボイスをデータで送信するということも増えてきていますので、口頭でのやり取りに加えて文字でのやり取りにおけるコミュニケーション能力も必要です。

そこでおすすめしたいのが、クラウドソーシングで実績を作ること。

実力の向上につながるのはもちろんのこと、依頼者の方とは基本的にメッセージでのやり取りになるので、文字でのコミュニケーションを図るとてもよい訓練になります。

ビジネスマナーまでは求められないにしても、正しい敬語やお仕事の時に使うような言葉については日頃からクラウドソーシングなどで依頼者とやり取りをすることで覚えておきたいですね(*^_^*)

そもそもコミュニケーション能力って何?ということについては、以下の記事をお読みください✿

また、自分のことをまったく知らない人から依頼を受けると、自分のどのような声が一般的に需要があるのかを知るヒントにもなりますよ!

依頼者の方々は、クラウドソーシングやサイトにあげている自分のボイスサンプルのみを聴いて自分に依頼をしてくださるので、声や演技についての情報しかお渡ししていないことになります。

その中から自分に依頼をしてくださるというのは、自分の声の需要を知るきっかけにもなりますし、自分の声に対する自信にもつながります。

私もクラウドソーシングで仕事をさせていただいておりますが、低めの女性の声や青年、おばさんの声を依頼されることが多く、これらが割と需要のある声なのかな?と自信を持つことができています✧˖°

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は声優としての実力以外にも伸ばすべきである能力を3つご紹介しました。

私の周りにいるプロの声優さんの方々も、これらの力がきちんと備わっている方ばかりなのでおそらく間違いないと思いますよ♪

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です