現在リライト中心で更新しております!最近の更新記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

【悲報】尽くすタイプは要注意!彼氏に尽くしすぎるとお母さんになります。

向かい合う恋人のシルエット

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ) わくにん(@wakunin89 )です!

ネットでこちらの漫画を読みました( ˘ω˘ )

参考 【漫画】大好きな彼に自分を出せない彼女 「大丈夫だよ」と言い続けた結果が切ない…マグミクス

 

この漫画を読んで、ふと7年間付き合ってお別れした彼氏のことを思い出しました( ˘ω˘ )

そしてそこから「女にはわがままも必要である」と学んだことも。

 

今回は、彼氏に尽くしすぎるとお母さんになっちゃうから気をつけて!!というお話DEATH!!

 

【悲報】彼氏に尽くしすぎるとお母さんになります。

尽くすことが愛だと思っていたの…( ˘ω˘ )

 

運命的な出会いをはたし、あっという間に交際することになった私と元カレ…

元カレは年下なのになんでも自分でできる、とても頼りがいのある男の子でした( ˘ω˘ )

 

家事は当然わたしの仕事

元々彼もひとり暮らしだったので、交際する前や交際をはじめた直後は

掃除なり洗濯なりをやっていたんですがね。

 

まぁ付き合い当初は一緒に住んでいなかったので、自分で洗濯したり掃除したりしないといけなかった…

という状況だったのでしょうが( ˘ω˘ )

 

いつしか同棲するようになり、洗濯ものが私と彼のものになってからは

もっぱら私が洗濯するようになりました。

 

はじめのうちは干したり畳んだりを手伝ってくれていましたが…

最終的にどうなったかは言わずもがなですよね!\(^o^)/✧˖°

 

そして掃除や料理もすべて私の仕事になりました。

はじめのころ、トイレ掃除はしてくれてたんだけどね…(´・ω・`)

 

気づけば宿題も私の仕事

まぁ家事はね、若干まだ女性の仕事的な風潮があるから百歩譲って「仕方なし」って思えたかもなんですけど、

いよいよ「あれあれ?」って思い始めたのは、彼の宿題まで私がやるようになった時からですw

(付き合いはじめた時は学生だったからね!)

 

ん?なんで私が宿題やってるんだ?(;^ω^)

 

って何度も思いましたけど、頼まれたらどうにも断れず(嫌われたくなかったんだと思う)、

お願いされるがままに宿題をこなしていました\(^o^)/

 

彼も学力向上しないし(まぁ元からできる奴ではあったが)、私も時間もっていかれるで

誰も幸せにならない(^q^)

 

内定した後もお手伝い

さらにさらに…ここまでやるか(゜_゜)の領域なんですけど、

内定した企業に提出す課題もやっていた\(^o^)/

 

大学の時に何があったとか、私はあなたじゃないから知るわけもないのに、

彼が選考していた内容とかゼミとかそのあたりの内容で「こんな感じかな?」って作ってた!

↑もはやただのおバカな彼女だけど、なんだかんだ課題を作りあげていたのは我ながらすごいと思っちゃうわけでw

 

転職活動用の書類も作ったよ

転職することにしたーーーって言われて、

元カレの職務経歴書も頼まれて作ったよ\(^o^)/w

 

私はあなたじゃないからどんな仕事していたか知らないけど、

どういう仕事をしていたか元カレからヒアリングして、それをもとに作成したよ!

転職活動用の書類つくる代行業でもやろうかしら(^q^) いや、やらんけど。

 

作成して元カレにチェックしてもらって、ダメだしされて、

さすがにその時は「いや、手直しはもう自分でやってよ」って突き返した気がしますw

 

とにかく頼まれたらなんでもかんでも「もう…仕方ないなぁ(´·ω·`)」って感じでやっちゃってました。

これはもう尽くすレベルを超えていたように思います( ˘ω˘ )

 

そして彼の口から告げられる「わくにんは家族みたいな存在」

それからいろいろありまして、別れるか否かみたいな時期があったんですけど、

その時に言われたのが「わくにんは家族みたいな存在だから」でした。

 

良い意味でもとれるんですけどね、そばにいるのが当たり前的な感じで。

でも男女の中で考えると良い意味ばかりじゃあないんだぞ\(^o^)/

 

尽くしすぎると都合のいい女になる

こんな感じで、とにもかくにも尽くしまくった結果

頼めばなんでもやってくれるお母ちゃんというか、まぁ都合のいい女になっちまったって話なんですね。

 

『尽くしすぎることや従順になることもひとつの愛のカタチ』なんてことはない。

と私は思います。

 

イヤならイヤだという意思表示を相手にすべきですし、

なんでもかんでもやってあげることが相手のタメになるわけでもなく、

というか、相手の課題をやるとかそういうことをするために、自分の限りある時間を相手に捧げている時点で

アリエンヌ(^q^)

 

だったらもっとその時間を自分磨きに使うとか有意義なことに使うべき!!(だった!!)

 

もっと自己主張を!もっとわがままでいい!

デートの時、彼氏に「何が食べたい?」って聞かれて「なんでもいい♡」って答えちゃう子、いると思うんですけど

いいんですよ!その時本当に食べたい!って一瞬でもよぎったものを答えれば!

 

逆に「なんでもいい♡」って言われたら、男は困るっていいますしね!

昔は男の3歩後ろを歩く女性がいいとかってのがありましたけど、昔は昔! 今は今!

 

私は元カレとの付き合いを通して、

「あぁ、女子たるものもっと自己主張せねばなるまい」

ということを学びました。

 

なんでも言うことを聞いてくれる、自分の言いなりになる、

そんな彼女は男にとって『自分の思い通りになるお人形さん』でしかないんです。

でも、いつまでもお人形さん遊びをしていてもつまらない。飽きてくる。

 

だからね、冒頭のマンガを読んで「あー…」って思っちゃったんです。

 

もちろん、男性によって女性の好みもいろいろあると思います。

だけど変化がない女性より、いろいろと変化を楽しませてくれる女性の方が何倍も楽しいと思います。

 

男女逆転して考えてもそうですしね( *´艸`)♡

 

まとめ:手を貸してあげるのはいいけど、尽くしすぎたらあかん!

いかがでしたでしょうか?

今回は私の実体験をもとに、彼氏に尽くしすぎたらお母さんになっちゃうよ!という内容をお届けしました。

 

恋人や夫婦、男女の関係はいろいろなカタチがあります。

少し手を貸してあげたり、お互い協力したり…というのは信頼関係を築くうえで必要なことではありますが、

尽くしすぎると、その関係は破綻します。

 

今、もしかして彼氏に尽くしすぎているのではないか…と思う方は、

友人や家族に相談してみるのがいいと思います。

客観的な意見を聞くことで、冷静になれるはずです。

(私もとっとと周りに相談して、はよ気づけば良かったわい。盲目ってこわい(^q^))

 

特に終盤、かなりアツく語ってしまいましたが…(;^_^A

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です