Twitterはコチラ

【派遣社員の方は要注意】ベンチャー企業の派遣社員はやめておけ

ベンチャー企業の派遣社員に注意喚起するアイキャッチ





今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ) わくにん(@wakunin89 )です!

今は自由な働き方が認められ、正社員でも副業OKだったり、派遣社員で収入を得ながら子育てをする…なんてことも増えてきていますよね♪

さて、派遣社員について、以前にこんな記事を公開しました。

派遣社員という働き方

私が実際に派遣社員として働いて感じたことをありのままに書いた記事ではあるのですが、

最近、ちと思うことがあったので今日はそのことについてまとめていきたいと思います。

ベンチャー企業の派遣社員はやめておけ





「ベンチャー企業」というと「エネルギッシュで勢いがあり、どんどん成長している企業」というイメージがあるのではないでしょうか?

なぜ、そんな前向きなイメージがあるベンチャー企業で派遣社員として働かない方がいいのか?

その理由をご説明していく前に、なぜ自分が派遣社員という働き方を選択しているのか、

選択しようとしているのか、をすこしの間でいいので考えてみてください。

  • 定時で上がりたい
  • 育児など家庭の事情
  • 時間を自由に使いたい
  • 責任ある仕事をしたくない

自分に当てはまる内容はありましたか?

もし1つでも当てはまったのであれば、あなたがベンチャー企業で働くことを私が全力で止めます!!

前置きが長くなりましたが、理由を見ていきましょう。



業務フロー開拓という大変な仕事が待っている

ベンチャー企業は成長途中であるため、とにもかくにも仕事が多いです。

個々の業務フローがきちんと確立していないことが多く、フローを確立することから始めることが必要ですし、

そもそもフロー自体がなく、イチから業務フローを作らないといけない…ということもしばしばあります。

道路を建設するときも、設計図を作り、工事スケジュールを組み、建設用の機械を用意し…という様々なステップを踏まなければいけないように、業務フローをひとつ確立させるのにはかなりの時間と労力がかかります。

ベンチャー企業で働くと、確実にこれに巻き込まれます(;^_^A

フローが確立されていないので、前例にないことばかりなんですよね…。

社員さんが業務フロー確立のベテラン、とかであればそこまで大変ではないかもしれないですが、経験上は社員一丸となって手探りで業務していく!という感じです。

大変な仕事をするとその分疲労も蓄積してしまうため、帰宅後の時間を自由に使える体力はあまり残りません…。



仕事が多く、残業発生

上記で説明した業務フローの開拓のような大変な仕事がいくつもあるため、とにもかくにも仕事が多いです(>_<; )

当日中になんとかしてください!と言われることもあるため、そうなってくると当然残業が発生することもあります。

定時で帰りたい、家庭事情で家に早く帰りたい…という理由で派遣社員という働き方をしている人にとっては、残業が発生するのはなるべく避けたいですよね。

社内の動きが活発で、新しい仕事も増える

ベンチャー企業あるあるですが、ベンチャー企業は割と内部の組織をいじりたがる傾向があります。

というか、これも試行錯誤のひとつなので仕方ないのですが、「どのような組織編成が一番会社にとって利益となるのか」を模索しつつ会社が進んでいる感じです。

なのでたびたび部署名が変わったり、人員異動なんかもあったり、新規のプロジェクトも立ち上がったりととにかく社内の動きが活発です。

これに伴い、「新規プロジェクトでわが部署でこの業務を担当することになった!」というように、次々と新しい仕事が増えます。

企業の成長のためにもこういった動きは大切なことなのですが、

新しい仕事が増える…ということはますます残業発生確率が高まるということ。

理由があってあえて派遣社員で働いているという場合、業務はなるべく落ち着いている方がいいですよね。



ルールが定まっていないことが多く、ストレスがたまる

上記の通り、新しい仕事が突然増えるということは、その新しい仕事にはルールがきちんと定まっていないことが多いです。

というかほとんどルールが定まっておらず、当面はその場その場の対応でしのいで、だんだんルール化されていく…というルートをたどります。

なので、正社員の方に質問をしても「うーん、始まったばかりだからまだ自分もよくわからくて…;」みたいに返されることが多いですw

「えーーーじゃあこれどうすればいいのー(´;ω;`)」ってなることもありますし、

正社員の方に「こういう感じでやってみてもらえますか?」と言われて、ビクビクドキドキの状態で対応したりします。

ベンチャー企業は人が少ない場合も多く、結構な確率で正社員の方たちと同じような働き方を要求されます(;^_^A

その分時給もいいという会社もありますが…(詳細は後述。)

なので、責任ある仕事をしたくないという方はもちろんおすすめできないですし、

帰宅後に家事や育児がある、自分の時間を有効に使いたい、という方にもおすすめできないんですね…

なにせストレスも疲労もたまってしまうんですから…(´;ω;`)



ベンチャー企業の派遣はいい点もある

ここまでは、かなりベンチャー企業で派遣社員として働くことを否定してきました。

ここからは、ベンチャー企業への派遣はいい点もある、ということに触れておきたいと思います。

時給が高いところが多い

上記で「正社員の方たちと同じような働き方を要求される」ということをお伝えしました。

これにはメリットもありまして、時給が高いところが多いんですね。

だからこそ、企業側も「高い金払ってるんだ、働いてもらおうか!!」という感じになるのかもしれないですね(´·ω·`)

ただ、ボーナスは出ないのがほとんどですし、正社員のような●●補助みたいなのも出ないことが多いので、

「確かに時給は少し高いけど、それだけでここまで働かないといかんの!?」と思ってしまうこともしばしばありますw

もちろん、少しでもお金を稼ぎたい!!という理由なのであれば、時給が高いベンチャー企業で派遣社員をやるのも悪くないかもしれません。

ですが、自分の時間を時給と引き換えに会社に使うよりは、自分のスキルを活かしてお金を稼いで、自分の力で生きていけるようにした方が得策なような気もしますよね。

会社はいつ倒産してもおかしくないですから(´·ω·`)

(あ、結局よくない点を語ってしまっている…)



いろいろな仕事を任せてもらえるからスキルアップになる

いろいろな仕事を任せてもらえるので、自分自身のスキルアップにつながります。

経験値を積むこともできるので、その経験は自分の財産になると思います。

これらのスキルや財産は、たとえ次の派遣先企業に行こうが派遣社員として働くのをやめようが残るものです。

ただまぁ、その会社ならではの仕事の場合は、他の企業に行っても生かすことができない…というのは難点ですね(;^_^A

仕事にやりがいを感じたい、と考える方もベンチャー企業で派遣社員をやるのはアリかと思います。




まとめ:自分が派遣社員として働きたい理由は?

いかがでしたでしょうか?

今回は、「ベンチャー企業で派遣社員をするのはやめておけ」という内容で記事を書かせていただきました。

自由な働き方が認められている現在。

自分が派遣社員を選択して働いている理由はなんなのか、その理由によって、ベンチャー企業はまったくおすすめできなかったり

逆にベンチャー企業で挑戦するのもいい!と応援できたりもします。

もしも今の派遣先企業で契約更新すべきか否かを悩んでいる方がいたら、いま一度「自分がなぜ派遣社員として働く道を選択しているのか」ということを考えてみるのが良いと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です