現在リライト中心で更新しております!最近の更新記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

価値のない記事を『ゴミ記事』っていうのイヤなんです。

黄色い花のアイキャッチ画像

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ) わくにん(@wakunin89 )です!

以前、こんなツイートをしました。

『ゴミ記事を増やすな』

ブログ論を書いた記事でよく見かける言葉です。

今日はこのツイートについてもう少し深く掘り下げていこうと思います。

価値のない記事を『ゴミ記事』っていうのイヤなんです。

『ゴミ記事』って誰が言い出したんだろうね…(´・ω・`)かなちみ

 

ゴミ記事って?

ブログを書いている人であれば、ご存じの方も多いと思います。

いわゆる『価値のない記事』『人の役に立たない記事』をまとめて『ゴミ記事』と呼ばれることがあります。

 

ブログで収益を上げたい!と思っている人にとっては価値のある記事や人の役に立つ記事こそが大事な記事となるので、

収益を上げてくれない記事 ⇒ 収益を上げたい自分にとっては不要 ⇒ ゴミ

という考え方になるのだと思います。

 

自分が産みだしたをゴミって言わなくてもいいのになぁ

収益を上げたい人にとって、収益を上げる近道は当然『価値のある記事』や『人の役に立つ記事』なので、

それ以外の記事を除外したい気持ちはわかります。

 

なので、収益を上げるために、全然読まれていない『ゴミ記事』は削除するかnoindexタグをつけるというのは必要なことなのかもしれません。

この意見もよく見かけます。

 

でもさ、自分が必死に考えてキーワードを選定して、

時間をかけて書きあげた記事を

わざわざ『ゴミ』なんて言い方しなくてもいいんでないかい?(´・ω・`)

 

結果として、その記事は確かにあまり読まれなかったかもしれないし、SEOを考えると削除なりnoindexにした方がいいかもですけど、

ブログの記事は自分が経験したことやこれを誰かに伝えたい!って自分の中から生みだしたものなんだから、

そんな悲しい表現しないで~~って思っちゃうんですよね(´・ω・`)

 

ゴミ記事産出人間みたくなっちゃう

ブログの記事を新規で書いていく時も、

『ゴミ記事』を量産するなみたいなブログ論があるので、ついつい気にしちゃいますよね。

これって「今日は●●を食べました♪」みたいな日記のような記事(誰も読まないであろう記事)を自ら書くな!ってことを指しているとは思うんですが、

価値がない記事をゴミ記事と表現するのであれば、以下のようなことも考えられます。

 

たとえば、自分が「ブログでこのことについて書きたい!」と思ってキーワードを調べた時に、

検索ボリュームがすごく少なくて「あ、これは求められていないネタなんだ…(´・ω・`)」ってしょんぼりして、

また記事のネタを探す…なんてことないですか?

 

私はこんなことをくり返して、一時期すっかりモチベーションを失ってしまいました。

 

自分が書こう!と思う内容が求められていない。

危うくまたゴミ記事を産みだすところだった…危ない危ない…

なーんてことを考えている内に「自分は価値あるものを産みだせない人間なのかしら」と思っちゃったり。

 

まぁ私は自他ともに認める極端人間なんですけどね!\(^o^)/✧˖°

 

書きたいことが書けなくなるとブログが辛くなってくる

自分が書こう!と思っても、その記事の内容は特に世間からは求められていない模様…(´・ω・`)

ってなったら、世間から求められている内容の記事を書こう!と考えますよね。

 

なので記事ネタ探しやキーワード選定を行うと思うのですが、

書きたいことが書けない状況が続くとブログを続けること自体がしんどくなってきます。

 

書きたい!!という前向きな気持ちはあるものの、

それを書くことができないという現実とのギャップに疲れてくるからです。

 

特に、私のように「書きたいからブログをはじめてみた!」という気持ちでブログを開始し、

その途中で収益することもできるのか…せっかくだから収益化したい!✧˖°

と思った方々は、書きたい気持ちと収益化したい気持ちとが一緒になっていて時にそれがジレンマになってしまうんですよね。

 

そんな方はぜひクロネさんの記事を読んでね。

参考 普段の何気ない日常で感じたことはアクセスや収益と切り離そう!記事の役割分担のススメクロネのブログ講座

 

そもそもゴミ記事って本当にあるのかね

記事に価値があるかないかは、世間の人にどれくらい読まれるか…によってはかられると思うんですけど、

そもそもゴミ記事ってあるんですかね。

 

1万人に読まれる記事と10人に読まれる記事。

そりゃ1万人に読まれる記事の方が『価値がある』という判定になるとは思いますけど、

10人に読まれる記事もその10人の方にとっては『価値がある』ってことになりますよね。

 

もしも誰にも読まれない記事だとしても、自分はその記事が書きたかったから書いたんだ!って

自分の気持ちを表現できたことで満足感や清々しさを得ることができるのであれば、それはそれで自分にとって価値があると言えるんじゃないでしょうか?

 

収益化目的の方からすると「そんなのキレイごとだ」ってなるかもですけど、

自分のブログなんですし、ブログをどういう目的で運営するかも、ブログに何を書くかもその人次第。

 

だからもう好きにやっちゃって~~~\(^o^)/✧˖°

って感じで私はいいんじゃないかと思います。

 

もし、収益化目的ではじめたブログだとしても、ブログ運営が苦しい…辛い…のって本末転倒ですよね。

だって、例えば1日8時間会社にいるのが辛いからもっと別な方法で稼ぎたいって思ってブログを始めたとしても、

気づけばブログ運営が辛い…って、それ会社にいた時と同じじゃーーん!ってことになっちゃうんですもん。

 

ブログはブログで書きたいことを書く場所と割り切って、

別の方法で収益化を目指すってことも、現在であればいくらでもできるんです。

 

だから、収益化できない記事=ゴミ記事としてしまうのではなく、

収益化できなくとも自分は書いてて楽しいんだ!っていう感じでそこに自分なりの価値を見出すことができれば

ゴミ記事という概念そのものがなくなるんじゃないかなーって。

私はそう思ってます。

 

どうしても収益化できない記事のことに何か名前をつけたいなら『箸休め記事』とか『休憩記事』とか、

とにかく『ゴミ記事』っていう表現以外にしましょう~~ゴミゴミゴミってかなちいもん。

 

まとめ:自分が産みだした記事、産みだす記事を大切に!

いかがでしたでしょうか?

せっかく何かの縁があって始めたブログなんですから、あまりネガティブな言葉を使わないで楽しくやっていこうぜって話でした。

 

そして、自分から産まれた記事を大切に。

自分自身が経験したこと、失敗談、それらすべてを書いたものが『ゴミ』になるはずないんですから(^_-)-☆

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です