現在リライト中心で更新しております!最近の更新記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

【実際に使ってみた結果】スリングと抱っこ紐は両方使いがおすすめ!【理由を説明します】

ママに抱っこされる赤ちゃん

こんにちは(ฅ`ω´ฅ)

スリングの良さに気づき、最近使い始めたわくにん(@wakunin89 )です!

 

赤ちゃんをあやす時、スリングと抱っこ紐……結局どっちがいいの?

この疑問を抱くママさんは少なくないと思います。

 

私自身、泣き止まないわが子に対して、途方に暮れることもありました(´·ω·`)

ですが、わが子と向き合い、いろいろなことを試している内に見えてきたことがあります!

 

それは、スリングと抱っこ紐は両方使いがいいということ!

今回は、どうして私がスリングと抱っこ紐の両方をおすすめするのかをご紹介していきます。

 

スリングと抱っこ紐、どちらで赤ちゃんをあやせばいいかお悩みのママへ。

私の経験談をまとめてみたので、ぜひご覧ください(*^^*)

抱っこされている赤ちゃん

この笑顔のために、お互い頑張りましょうね!

スリングだめじゃん時代

最近スリングを使うようになった私ですが、実はそれまではほとんどスリングを使ったことがありませんでした。

 

というのも、スリングを使っても子どもが全然泣き止んでくれなかったからです!!(´;ω;`)

私の使い方が悪いのか、わが子がスリング嫌いなのか…

 

泣き止ませるためにスリングを使っているのに、逆に悪化させてしまいギャン泣きに(´·ω·`)

 

スリングだめじゃん!!(゜_゜)

という状態です。

 

世間的には評価も高いスリングだったので、自分がうまく使いこなせないことに、ちょっとした自己嫌悪を抱いてみたり…w

そんなこんなで、スリングの出番は今まであまりなかったのでした…。

抱っこ紐をずっと使っていた

スリングに比べ……抱っこ紐の方は購入してしばらくした後、めちゃくちゃ使えることに気づいて毎日のように使っていました。

赤ちゃんを抱っこするママのアイキャッチ画像【経験談】抱っこひもは新生児から用意しておいたほうがいい!【結論:あると世界が変わります】

 

夫と「横抱きになるスリングより、縦抱きになる抱っこひもの方が密着度たかくて安心するのかね?」なんて話していました。

 

ただ、立ち仕事をする時は抱っこ紐が大活躍するのですが、

ブログ更新など座って何か作業したい時は若干ハラハラしていました。

 

なぜなら、抱っこ紐から出しているわが子の足がたまに椅子に触れてしまって、

居心地悪くなったことによって泣いてしまうことがあったからです(;^_^A

 

とはいえ、抱っこ紐で泣き止んでくれる確率はかなり高く、わが家では『あやすときは抱っこ紐』くらいのイメージで使ってました。

抱っこ紐マンネリ?

ところが、抱っこ紐最強伝説の雲行きが怪しくなり始めたんですねΣ(・ω・ノ)ノ!

お腹はすいていないハズ、オムツも汚れていない、室温・湿度共にOK…な状態で泣き始めるわが子。

 

大体こういう時は抱っこしてマンなんだよな~♪

と思って、いつも通りに抱っこ紐を使ってあやすの開始!

 

いつもだったらそろそろ…

泣き止む…

はず…

 

いつもだったら…

 

 

え!?全然泣き止まないんですけど!?(゜_゜)

 

特に抱っこ紐の装着方法をミスっていて足が痛いというわけでもなさそうだし…

なんで!?なんでなんで!?(゜_゜)

 

 

ついに抱っこ紐マンネリか?

「あーまたいつものやつね。それ使えば泣き止むと思ってるでしょ(-“-)」

って感じ!?

 

 

抱っこ紐をやめて、己の肉体のみであやそうとするも、腕がだんだん疲れてきてしまう始末…(´·ω·`)

これは…どうしたものか…と困り果てた時のこと。

なんとなくスリングを使った結果…!

なんとなーーーーく、「スリング使ってみるか?」という考えが浮かんで、久しぶりにスリングをタンスから出してみました。

久しぶりすぎて、まずは使い方を調べるという…(;^ω^)

使い方を調べて、早速実践。

「この使い方あってる!?」

と思いながら、あやしはじめると……

 

速攻寝たーーーーー!!!!(゜_゜)

 

え?

スリング効果バツグンじゃん!!

何が起きたわが子…!?(゜_゜)

 

と驚きつつも、わが子が落ち着いているスキにブログを書く私(^q^)

 

新生児にスリングを使う場合は横抱きになるので、抱っこ紐の時にたまに起きる『足の居所悪い問題』が発生しない…!✧˖°

スリングも使えることがわかり、ウキウキな私。

 

ですが、一体わが子はなぜ突然スリングがOKになったのでしょうか?

その時の気分で縦抱きか横抱きかが変わる

考えてみると、とても単純なことでした。

 

あやすときも、横抱きにしてゆらゆらがよかったり、外の空気を吸いたいなど…赤ちゃんはいろいろな注文をしてきますよね。

(もちろん、どれがその時の正解かわからずいろいろ試してみるんですが…w)

 

つまり、「抱っこしてほしい」という要求に対しても、

「今は縦抱きしてほしい気分!!」

「横抱きがいいんだよーーー!!」

など、その時々でしてほしい抱き方が変わるということではないかと。

 

ですが、そう考えると合点がいくんですよね。

スリングでは泣き止まなかった時は縦抱きすることで落ち着いた。

抱っこ紐を嫌がる時は、スリングで横抱きにするとすぐに寝た。

 

赤ちゃんは何か不満があると、泣いて不満を知らせますよね。

この不満の内容が何か、ベビー語翻訳機などが発明されればわかるようになりますが、現代ではこの不満を知ることが難しい…。

 

ですが、オムツやミルク、抱っこしてほしいなど赤ちゃんの要求を叶えるうえで

 

「縦抱きでもダメであれば、横抱きをご所望かもしれない…!」

 

という選択肢が増えるだけで、途方に暮れる回数を減らすことができますよね(*^^*)

縦抱きであれば抱っこ紐、横抱きであればスリングというように、その時の赤ちゃんの希望によってどちらを使うべきかが異なります。

 

つまり、縦抱きでも横抱きでも、ある程度の時間あやし続けるためには抱っこ紐とスリング、両方が必要!ということになるんです( •̀ω•́ )✧

まとめ:赤ちゃんのその時の気分で、抱っこ紐とスリングを使い分けよう!

いかがでしたでしょうか?

今回は、抱っこ紐とスリングの両方使いをおすすめする理由についてご紹介しました!

 

私たちにもその時の気分があるように、赤ちゃんにもその時々でどのように抱っこしてほしいのかの気分があります。

(うちの子が特に抱っこに対するこだわりが強いのかもしれませんがw)

ぜひ、縦抱きと横抱き、どちらにも対応できるように抱っこ紐とスリングを両方用意してみてくださいね(^^)/♪

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です