現在リライト中心で更新しております!最近の更新記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

【設定はお早めに!】パーマリンク初期設定方法&再設定方法

パーマリンク設定画面を操作する手

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ) わくにん(@wakunin89 )です!

別記事で、パーマリンクは日本語と英語どちらがよいのか?理想のパーマリンクとは?という内容をご紹介しました。

パーマリンクについて悩む顔 【理想のパーマリンクとは】英語それとも日本語?

今回は、以下2つの内容をご紹介したいと思います。

  • 理想のパーマリンクを予め設定しておくための初期設定方法
  • 既に日本語やあまり好ましくないパーマリンクを設定してしまった場合の再設定方法
    (301リダイレクト)
注意
本記事は、WordPress用の内容となっておりますので、予めご了承ください。




パーマリンク初期設定方法&パーマリンク再設定方法

パーマリンク初期設定方法

パーマリンクは上図の通り、設定⇒パーマリンク設定から設定することができます。

 

パーマリンク設定を選択すると、次の画面が表示されます。

ここでは、記事作成時にデフォルトでどのようなパーマリンクを設定するかを決めることができます。

基本形や日付と投稿名など様々な内容をパーマリンクとして設定することができますが、

理想のパーマリンクは、

https://wakunin-voice.jp/カテゴリー名/投稿名

という形なので、こちらのパーマリンクの形をデフォルトに設定しましょう。

 

注意
【2020年8月追記】

理想のパーマリンクは確かに上記の形ではあるのですが、カテゴリーを変更する可能性がある場合は必ずしも上記の形がオススメというわけではありません!

詳しくは☟コチラをご覧ください。

パーマリンクについてアドバイスするアライグマ 【パーマリンク設定】カテゴリー名は含めず投稿名にするんだぜ!

カスタム構造 にチェックを入れて、以下の文字列を入力します。

/%category%/%postname%.html

こちらの作業を行うと、記事の新規作成時に下の図のように予め理想のパーマリンクの形で表示されます。

『未分類』となっているのは、未分類カテゴリーを選択しているからです。

 

その記事のカテゴリー(例:lifehack)を選択し、下書き保存を押すと、lifehack/テストとなります。

ですが、このままではテスト部分が日本語のままなので、その記事に適した英数字に修正しましょう。

編集を押し、test と入力し、OKを押せば理想のパーマリンクの設定完了です。

これで、記事を投稿する度に理想のパーマリンクの状態で記事公開を行うことができます!✧˖°




パーマリンク修正&再設定方法

続いて、「既に日本語でパーマリンクを設定し、ブログを運用してしまっていた」

「今から理想のパーマリンクに設定しなおしたい」というような場合についてご紹介いたします。

具体的にどういう作業を行うのかというと、301リダイレクトという方法を使っていきます。

301リダイレクトとは?

301リダイレクトとは、以前のURLから新しいURLに変更した時に、

「この新しいURLの記事は紛れもなく、以前のURLの記事そのままですよ!」とプログラム側に伝える作業のことを指します。

 

パーマリンク自体は上記のとおり、記事作成画面から簡単に変更できます。

これは既に公開済みの記事においても同じです。

ですが、既に公開済みの記事においてただパーマリンクを変更するだけでは、以下の弊害が起きてしまいます。

  • 新規で記事を公開した状態になり、Googleの評価が公開時に戻る。
    ※検索結果が下がる可能性がある。
  • 以前のURLでアクセスしようとすると、404 Not Foundのエラー画面が表示される。
    ※以前のURLがSNSに貼られていた場合も、ユーザーさんがお気に入りに登録してくれていた場合も、
    記事の閲覧ができなくなる。

これらの弊害を防ぐのが、301リダイレクトなのです。

 

そんなわけで、早速301リダイレクトを行っていきましょう。

プラグイン『Simple 301 Redirects』をインストール

まずは『Simple 301 Redirects』のプラグインをインストールします。

こちらを有効にしますと、設定の中に『301 Redirects』という項目が増えます。

301リダイレクトの手順

設定の項目から『301 Redirects』を選択しましょう。

すると、次のような画面が表示されます。

①現在(変更前)のパーマリンク

②修正後のURL全体

をそれぞれ入力しましたら、最後に③変更を保存を選択します。

 

すると、自動的に画面が変わります。

このように、新規の入力窓が下の方に増えていきます。

地道な作業になってしまいますが、こうすることでパーマリンクの修正を行うことができ、以前のURLから理想的なパーマリンクを含んだ新しいURLに修正することができるんです(*^_^*)

ある程度の記事数があると膨大な時間が…

上記手順をご覧いただいた方は既にお気づきかもしれないですが、ある程度の記事数があるとすべての記事を301リダイレクトするのにかなりの時間を要します。

私自身、公開済みの記事が120前後となっていた時に理想のパーマリンクのことを知りました…。

それからは時間のある時にちょこちょこ301リダイレクトの作業をしているのですが、未だ終わらず…(´;ω;`)

結論:理想のパーマリンクの設定は早い段階で!

もう少し早く気づいて~と過去の自分に言ってやりたいです(;^_^A

とはいえ、まぁこの段階で気づけて良かったのかも…とも思います!

皆さんも理想のパーマリンクの設定を行う場合は、早めに初期設定を済ませてしまいましょう!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です