Twitterはコチラ

【妊娠中のかんたんレシピ♪】イタリアン風キャベツのサラダ✿

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ)わくにんです!

妊娠中は栄養バランスのとれた食事をとらないといけないということはわかりつつ、自炊はなかなかハードルが高い!ということはないでしょうか?

私自身、妊娠中の栄養バランスが大事ということは承知しており、スーパーでは妊娠中にとるべき食材を購入してくるのですが「いざ!料理!」となると仕事で疲れていたり、

どうにもお腹が張ってしまい、料理するテンションに至らず…という日が続いてしまうことがあります。

わくにん

そんなに手間なく簡単に栄養バランスのとれたごはんを作りたいー!!

と常々思っております…笑”

そんな私のズボラ精神から生まれたレシピをこのブログで紹介していきたいと思います♪

妊娠中の栄養バランスの大切さとスーパーで買うべき食材については、それぞれ以下の記事をご参照ください(*^_^*)

妊娠中は栄養バランスを大切に!妊婦さんが必要な栄養素✿ 【スーパーで買うのはコレ!】妊娠中に積極的に取り入れたい食材!

イタリアン風キャベツのサラダ✿

材料と分量(2~3人分)

材料と分量は以下の通りです(^^)/

・キャベツ………………3~4枚  

・ミニトマト……………5~6個 

・きゅうり………………1/2本 

・塩………………………小さじ1/2

・酢………………………大さじ1

・オリーブオイル………大さじ1

・黒コショウ……………適量

・チューブにんにく……小さじ1(2~3センチくらい)

・タバスコ………………お好みで

 

MEMO
きゅうりがなくても、キャベツとミニトマトだけでおいしく作れます♪

作り方

つづきまして、切って混ぜるだけの簡単な作り方をご紹介!(^^)/

STEP.1
野菜を切る
キャベツは一口大(千切りでもOK)、ミニトマトは1個を4等分、きゅうりは輪切りでそれぞれ切る。
STEP.2
ボウルにIN!
野菜と調味料をすべてひとつのボウルに入れる。
STEP.3
混ぜる
野菜とすべての調味料がなじむまで混ぜる
STEP.4
完成!
お皿に盛って召し上がれ♪

切る作業がひと手間かかるという感じかもしれないですが、実際にやってみると野菜は3つだけですしかなり簡単ですよ✿

きゅうりはスライサーで切ると楽ですし、キャベツも一口大のサイズにできるのであれば手でちぎってしまっても構いません!笑”

味の好みによる分量アレンジ

さっぱり感を強調したい場合

酢の量を調節しましょう!

上記レシピでは大さじ1とご紹介していますが、さっぱり感を出したい、すっぱいのが好き!という方は、

酢の量を少し多めにして、大さじ1と1/2~大さじ2で作ってみてください(^^)/

酢の酸味がサラダ全体をキュッと引き締めてくれます( *´艸`)♪

あっさり感を強調したい場合

オリーブオイルの量を調節しましょう。

夜食やちょっと小腹がすいただけなのであっさり食べたい、という場合はオイリー感が少なくてもよいです。

オイリー感を抑えたい場合は、オリーブオイルを大さじ1/2まで減らしましょう。

おかず感・おつまみ感を出したい場合

にんにくの量を調節しましょう!

上記レシピはあくまで妊娠中にオススメのサラダであるので塩辛さはあまりありません。

おかず感やおつまみ感を出したい場合、塩辛さは重要な要素となってきますが、妊娠中は塩分をなるべく控えたほうがよいです。

そこで、どうしてもあと1パンチがっつりくる感じをだしたい場合はにんにくの量を増やして、3センチ~5センチくらいたっぷり使いましょう。

スタミナ感が一気に増しますよ(^_-)-☆

生のにんにく1/2片を細かく刻んでまぶしてしまってもOKです!

ですが、生の方はかなり香りが立つため次の日に外出予定がある場合は、生のにんにくを使用するのは控えたほうがいいかもしれませんね(>_<; )

ピリ辛が好きな方

黒コショウ・タバスコの量を調節しましょう!

妊娠中は辛いものを食べると、胃腸を痛めてしまう可能性があるため、激辛料理を控えている方も多いかと思います。

(かく言う私も、蒙古タンメン中本などの激辛料理はガマン中です…(´;ω;`))

ですが、どうしてもあのピリっとした辛味がほしい場合がありますよね!

このサラダでは、黒コショウやタバスコを使用しているのですが、ピリッとした辛味がほしい場合はこれらの調味料を増やします。

私はミルと一体型の粗びき黒コショウを15~20ガリガリ(単位w)して、タバスコも5~10フリカケしています。

こうすることとで、黒コショウのピリッとした辛味とタバスコの酸味を帯びた辛味とがWパンチで風味に加わるので、食欲をそそるサラダになりますよ♪

肉好きな方

ベーコンを追加しましょう。

妊娠中は塩分量の関係であまりベーコンは食べない方がよいとはされていますが、こういったルールをガチガチに守ってしまうと、妊娠中の食生活でかなりストレスを感じてしまいます。

なので、食べたい!と思ったらあまり気にせずに食べたほうがいいです。

注意
お医者さんから食事に関する指導が入っている場合はお医者さんの指導に従って食事を摂ってくださいね。

使用するベーコンは1枚~1.5枚までと決めて、このベーコンを細かく刻みサラダに混ぜます。

ベーコンとキャベツとミニトマトときゅうり…この組み合わせがまずいハズがない…!!

MEMO
ベーコンを追加する場合は、塩の量をひとつまみ程度にして塩分摂取量を抑えましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「妊娠中に料理作る気力がな~~い(´;ω;`)」という場合にカンタンにできる料理のレシピをご紹介しました!

私自身、これからの妊娠生活でカンタンに作れるレシピで栄養バランスのとれた食事をとっていこうと考えています♪

またよさそうなレシピがあればご紹介したいと思います(^^)/

私の妊娠レシピ記事が、私と同じように悩むママさんの参考になれば幸いです!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です