Twitterはコチラ

妊娠37週目、正産期突入!お産はじまりの兆候をおさらい!

大きくなったお腹を支える37週目の妊婦

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ) わくにん(@wakunin89 )です!

 

妊娠37週目からは正産期と呼ばれ、赤ちゃんがいつ産まれてもおかしくない時期に突入します!

長かった妊娠生活ももう少しで終わり…いよいよ赤ちゃんと対面し、育児が始まりますね♪

わくわくする気持ちと不安な気持ちが入り乱れている時期かと思います!

 

さて、赤ちゃんとの対面の前に避けて通れぬのが出産(お産)ですよね!!

お産のはじまりについてはもうバッチリでしょうか?

 

本番のお産がはじまる前に、いま一度お産のはじまりを知らせる兆候についておさらいしておきましょう!(`・ω・´)✧˖°

◆この記事でわかること◆

  • もうすぐお産の合図
  • お産がはじまる兆候

妊娠37週目、正産期突入!お産はじまりの兆候をおさらい!

正産期の妊婦

いよいよ赤ちゃんとのご対面…!✧˖°

もうすぐお産の合図(前駆陣痛・おしるし)

もうすぐお産の合図といえるものは、2つあります。

それは、前駆陣痛とおしるしと呼ばれるものです。

 

おしるしについては聞いたことがある!という方も多いかと思いますが、前駆陣痛という言葉は妊娠してから初めて知った!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?(私だ(^q^))

それぞれどのような合図なのかを見ていきましょう!

前駆陣痛

前駆陣痛とは、臨月になると起こり始める子宮の収縮運動で、陣痛の予行練習のようなものです。

腹痛や腰痛が起きるため「陣痛!?」と思いがちですが、陣痛とは異なり前駆陣痛は不規則な痛みです。

「お腹痛い…!」と思ってから時間を計ってみると痛みが2~3分続いたり(陣痛は後述のように30秒~1分間ほど)、一度痛みがきたあと休んでいるとおさまった、といった感じです。

 

前駆陣痛がきたからといって、すぐにお産が始まるというわけではないので、前駆陣痛が来たら「もう何日か(何週間か)したら陣痛くるのかな~」くらいの気持ちでゆったり構えていましょう(*^^)v

 

おしるし

おしるしとは、卵膜が子宮内壁からはがれ粘液に血液が混じったおりものを指します。

少量だったり経血(生理の時に出てくる血液)くらいの量だったりと人それぞれです。

色についてもピンク色だったり茶褐色だったりさまざまです。

 

おしるしがあると「いよいよお産!?」と思われる方もいらっしゃるかもしれないですが(私だ(^q^))実はそんなこともなく、おしるしから24時間以内に陣痛が始まる人もいれば、1週間以上経過して陣痛が始まるということもあります。

なので、おしるしがあったからと言ってすぐに病院に電話するのではなく、以下でご紹介するお産はじまりの兆候がくるまで経過観察を行いましょう!

お産はじまりの兆候(破水・陣痛)

いよいよお産がはじまる!という兆候は、2つあります。

それが破水と陣痛です!

 

妊婦さんであれば、どちらの言葉も聞いたことがあるのではないでしょうか?(*^_^*)

それぞれの兆候がどのように異なるのかを見ていきましょう!

破水

破水とは、赤ちゃんを包んでいる卵膜が破れ、羊水が外に流出することをいいます。

下の方の卵膜が破れると、大量の羊水が出てくるので「破水だ!」とわかりやすいのですが、

上側の卵膜が破れた場合はチョロチョロ…というくらいの羊水の量であるため、おしっこと見分けがつきにくいそうです。

 

自分の意思とは関係なく、水分が出てくる!!ということであれば破水の可能性があります。

破水量の多さに関わらず、破水が起きた場合は膣から細菌が入り赤ちゃんが感染症にかかってしまう可能性があるため、すぐに病院へ連絡しましょう!!

 

陣痛

陣痛とは、お腹にいる赤ちゃんを外へ出そうとする子宮収縮の運動のことを指します。

子宮収縮という言葉からもなんとなく想像がつく方も多いかもしれないですが、生理痛のお腹が「きゅううう」と絞られているような痛みに近いものです。

 

痛みが始まる ⇒ 痛くない時間 ⇒ 次の痛みが始まるまでの時間が10分間隔であれば、本格的な陣痛となるので、病院への連絡が必要となります!

10分間隔とか計っていられない!という方は、痛みがきたら1時間様子をみて、1時間のうちに6回痛みがきたかどうかを確認しましょう。

 

お産はじまりの兆候が出たら…

何はともあれ病院に連絡です!!

病院に今の自分の状況を伝えて、自宅で様子を見るのか病院に向かった方がいいのかの指示を仰ぎます。

 

破水の場合は、すぐに病院にくるよう指示を出すそうですが、陣痛は家にいた方が進行することも多いそうで、自宅でもう少し様子を見ましょうと指示を出すことも結構あるのだとか(助産師さん談)。

陣痛が来たからといってすぐに産まれるわけではなく、本当に長い長い道のりが始まります…( ˘ω˘ )くらいのイメージで臨む方がいいです。

あまり意気込むと、お産自体の道のりが長すぎて途中で息切れしてしまうんですね(´·ω·`)

 

なので、陣痛が来たら病院に知らせて指示を仰いだ後、入院&退院グッズの最終確認を行ったりなど入院のための準備を進めましょう(*^^)v

 

まとめ:自分の状況を冷静に分析することが大事!

いかがでしたでしょうか?

今回は、もうすぐお産の合図とお産はじまりの兆候についてお届けしました!

 

初めてのお産の場合、右も左もわからず、いろいろと起きることに対して焦ってしまいがちですが

今後どのようなことが起きるのかを事前に知っておけば、「あ、これが陣痛か」と冷静に自分の状況を分析できます!(`・ω・´)✧˖°

 

もうすぐ赤ちゃんと対面できるんだ!という気持ちをエネルギーにして、これから来るお産までの長い道のりを乗り越えましょう!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です