Twitterはコチラ

【コツは原因究明!】苦手な人についての考え方!

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ)わくにんです!

皆さんは苦手な人と遭遇した時、どのように対応しますか?

プライベートであれば、だんだん距離をとったり、バッサリ関係を断つということも可能ですよね。

ですが、仕事においてはこれらの対応が行えず、否が応でも仕事上のつきあいをしなければならないという場面は多いと思います。

そこで今回は、苦手な人についての考えた方についてまとめていきます。

注意
今回は、言動や性格などメンタル面において苦手な人についての対処法を取り扱っています。

体臭が苦手、口臭がきつい、というような点で苦手であるという人に対する対処法には当てはまらないため、予めご了承ください。

苦手な人についての考え方!

苦手と感じる原因を探る

まずは、すこし気が進まないかもしれないですが、苦手と感じる人を思い浮かべてみましょう。

生理的に無理、何もかもが苦手、ということもあるかもしれないですが、いろいろな要素の中でも特にあなたが「この人苦手!」と感じる要素が存在するハズです。

例えば、以下のような点です。

  • 高圧的な物言い
  • ネガティブ発言の多さ
  • 批判的な態度
  • 拝金主義

複数あっても構いません。

とにかくピンポイントに、この人のココが苦手!という点を考えてみましょう。

なぜその点を苦手と感じるのか?

苦手な人の苦手な点を挙げることはできましたでしょうか?

では、次になぜその点を苦手だと感じるのか?について考えてみます。

苦手と感じる=可能な限り回避したい ということですよね。

人間が回避行動をとるのは、そのもの自体が自分を危険にさらす脅威の対象であるからです。

MEMO
ここでいう危険とは、生命に対する危険だけではなく、心に傷を負うなど、何らかの形で自分にダメージが及ぶことを指しています。

つまり、苦手と感じている人=何かしらの点において自分を傷つけてくる可能性があると感じている ということになります。

そして多くの場合、苦手と感じるようになった原因は過去にあるのです。

以下の例をご覧ください。

  1. 「小学生の時に高圧的な物言いをするクラスメイトがいて、その友クラスメイトのせいでツライ目にあった」
  2. 「子供のころ、自分が何かするといつも親から批判された」
  3. 新卒で入社した会社の上司から、毎回不条理なことで叱られていた」

過去にこのような経験をすると、心に傷が残ります。

そして無意識のうちに、自分の心に傷を残したような相手から自分を守るために「苦手」と感じるようになるのです。

無意識…つまり潜在意識です。

潜在意識に「こういう人は私を傷つけるから近づかないように!」という思いが強く刻み込まれているというわけです。

なので、苦手な点がわかれば過去にさかのぼり、そもそもどうして自分が苦手と感じるようになってしまったのか、そのきっかけとなったできごとや人物がいないか思い出してみましょう。

原因が分かると対応できる

原因がわかればこちらのものです。

もう一度、冷静にその原因について考えてみましょう。

過去で自分を傷つけた出来事や人物の言動と、その時の自分の様子を思い出してみます。

子どもの頃であれば、「言われたとおりにするしかなかった」「抵抗できなかった」ということもあるでしょうし、

大人になってからだとしても、「未経験だったために指示に従うしかなかった」「知識が足りなかった」など、

今とはちがう自分が過去に存在していたハズです。

では、過去の自分はその出来事や人物に傷つけられてしまったかもしれないですが、今の自分であればどうでしょうか。

いろいろ経験して大人になった自分なら、過去のあの時とはちがう、今の自分なら、

もしかするとその出来事や人物と遭遇しても何かしらの対応ができるかもしれないですよね。

また、「あの時は、こういう自分だったから傷ついてしまった」と自分自身で認識することは、自分自身を労わり、励ますこともできるのです。

「あの時は、こういう点で傷ついてしまったんだよね。ビックリしたし怖かったよね。でも、もうあの時とはちがうよ。今の自分なら対応できるから安心してね」

このように、潜在意識に深く刻みこまれてしまった「苦手な点」について、自分自身にゆっくりと言い聞かせてみましょう。

自分自身に語りかけるという行為から、客観的にものごとを捉えることができるようになり、

「じゃああの時あの人はどうしてあんな行動にでたのだろう?」といった感じで、相手のことを考える視点も生まれます。

そうすれば、今苦手に感じている人に対しても「この人はどうしてこういう行動/話し方/考え方をするのだろう」と考えられるようにもなるんです。

相手のことを考える余裕が生まれると、「苦手!」という気持ちでいっぱいだった心にすこしだけゆとりが生まれていることに気づけると思います。

もちろん、これで世の中すべての苦手が払しょくされて、全部バラ色パラダイス!✧˖°となるわけではないですが、苦手な人と仕事や何かしらの理由でつきあいを続けなければいけない方は、苦手を緩和するひとつの方法として、ぜひ試してみてほしいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は苦手な人に接する時の対処法についてお伝えしました。

私自身も実は苦手と感じる人がチラホラいるのですが、今回ご紹介した方法を試して、その人への「やだやだ!苦手!」という気持ちを緩和するよう心掛けています。

今回ご紹介した方法を試しても、「やっぱ無理」と思うのであれば、仕事関係の人でも極力関わらないようにしますw

そこまでやってダメならもう仕方ない!w

そんな感じでゆるゆるっと実践してみてください(*^_^*)

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です