Twitterはコチラ

会社の住所宛にプレゼントを郵送する場合の注意点【確実に届く手はずを整える】

プレゼントのアイキャッチ画像

こんにちは(ฅ`ω´ฅ) コロナの影響&子育てでお祝いごとのプレゼントは郵送お渡しにしているわくにん(@wakunin89 )です!

 

会社の同僚にプレゼントを渡す時、通常であれば会社に出勤したときに渡しますよね。

ですが、リモートワークとなっていたり、育休などでプレゼントを渡す側が会社に出勤しない場合はどうでしょう?

 

プレゼントを贈りたい相手の家の住所を聞いて自宅宛てに郵送するか、会社宛てに郵送するかと思います。

ただ、仲がいいにしても、職場の人の自宅住所を聞くのってすこしだけ勇気いりませんか?(;^_^A

プライベートにまでガッツリ入ってしまうような気がして……。

 

なので、会社の人にプレゼントを郵送する場合は、宛先を会社に指定する方もいらっしゃるかと思います。

ですが、発送の際にいろいろ注意しないと、後からハラハラする事態が発生してしまうかも…!?

 

今回は、私の失敗談をもとに、会社の住所宛にプレゼントを郵送する場合の注意点をお届けします!

会社の住所宛にプレゼントを発送する場合の注意点

並べられたプレゼント

会社宛てにプレゼントを郵送する場合の注意点とは…?

会社名は必須!階数も忘れずに

会社宛てにプレゼントを郵送する場合、絶対に忘れてはいけないのが会社名です。

 

配達してくれる人のことを考えると、会社ばかりが入っているビルに荷物を届ける場合、会社名が入っていないと

「住所はここだけど…合ってるかな?(;´・ω・)」

と不安にさせてしまう可能性があります。

 

確実に届けてもらうためにも、宛先を書く場合、会社名は必ず入れましょう。

 

また、会社が複数の階にまたがって入っているのであれば、プレゼントを渡したい相手が勤務している階数を書くとスムーズです。

 

今回、私は会社名を書かずに発送してしまい(うぉい!w)、階数は書いていたのでなんとか相手に届けることができました(;^_^A

 

そして、相手から「受け取ったよー!」と連絡が入るまでの間

「別の会社に行っていたらどうしようどうしよう…」

とハラハラしていました…!

 

幸いなことに、超巨大企業というわけではなかったので(失礼ながら…)、階数だけで届いてよかったのですが…!

自分自身が安心するためにも、宛先に会社名は必ず入れて、必要であれば回数も忘れずに入れましょう。

部署がたくさんあるなら部署名も必要

大体の会社に部署名があると思います。

会社名・階数だけでは、別の部署を転々としてしまうおそれもあるので、部署がたくさんある場合には部署名も宛先に入れましょう。

万が一、階数を書き忘れてしまった場合でも、会社名と部署名があれば相手の手元に届きやすくなります。

 

相手が属している部署がわからない場合は、それほど大きい会社でなければ会社名と階数だけの情報で、相手にプレゼントが届くと思います。

ですが、もしも大きい会社に勤めている方なのであれば、部署名がわからないと相手の手元に届くのが遅れてしまう可能性もあるので、プレゼント選びは慎重に行いましょう。

 

プレゼント選びについては後述します(^^)/

送り元名もしくは備考欄に仕事で使っている名前を書く

例えば、在職中に結婚して名字が途中で変わってしまった場合、旧姓のままで仕事する人もいると思います。

その場合、プレゼントを贈る仕事先の相手からも旧姓で呼ばれているのではないでしょうか。

 

であれば、送り元名か備考欄には、旧姓を書いておくのがベターです。

 

なぜなら、新姓でプレゼントを発送した場合、

「誰だろう…?(´·ω·`)」

となってしまう可能性があるからです。

 

職場の人は、『名字+さん』で呼び合う仲であることが多いと思います。

『自分の旧姓+さん』が相手にとってのスタンダードとなっているので、送り元名に新姓が書かれていても、すぐにピンと来ないかもしれないですよね。

 

なので、プレゼントを贈る相手を困らせないためにも、自分が職場で使用している名前を送り元名か備考欄に記入しましょう!

 

下の名前で呼び合う仲であれば、名字が変わっても特に困らないかもしれないですが…

下の名前で呼び合うほどに親しければ、YOUもう自宅宛てに送っちゃいなYO!\(^o^)/✧˖°

生ものやクール便が必要なもの、荷物になるものは避ける

自宅宛てであれば、当然その家に住んでいる人が受け取るのでなにも不安はないのですが、

会社宛てにプレゼントを送る場合、誰が受け取るかわからないのでハラハラしますよね(;^_^A

 

もしかすると、受け取った相手が多忙を極めていて、その日中に渡したい相手の手元にプレゼントが届かない可能性も考えられます。

 

このため、生ものやクール便が必要なものは避けた方が無難です。

 

自宅で使ってもらうことを想定したものをプレゼントする場合は、荷物にならないものを選択しましょう。

 

せっかくのプレゼントなのに、「持って帰るの大変…!」って思われたら悲しいですもんね(´;ω;`)

なので、会社で使えるもの(ハンドクリームやペン等)やコーヒー紅茶など仕事の休憩中にリラックスできるものをプレゼントするのがオススメですよ♪

 

会社で使えたり飲めるものであれば、自宅に持ち帰っても良いですしそのまま会社で使用するかは、プレゼントをもらった相手が決められます✧˖°

 

↓↓プレゼント選びの参考にどうぞ(^^)/↓↓

女性へのおすすめプレゼント✿【男性必見】

クール便を利用するなら、事前に連絡を

「どうしても、このお店のスイーツを贈ってあげたい!!」

という場合、クール便を利用することになると思います。

 

もしクール便を利用するのであれば、その日中に確実に相手の手元にプレゼントが届くように、相手に事前連絡をしておきましょう。

 

相手に事前連絡が必要、ということはサプライズは行えないということ…!

「えー!まさかプレゼントを贈ってくれるなんて…!」

と思わせたい場合は、事前連絡なしのプレゼント(=クール便不要なもの)を選択しましょうね♪

 

そして、事前連絡を入れたとしても、万が一プレゼントが届く当日に体調不良で欠勤…という可能性がまったくないとは言い切れないので、個人的にはやはりクール便が必要なプレゼントは自宅宛てか、直接会って手渡しする方が良いかと思います…!

まとめ:会社宛てにプレゼントを送って、喜んでもらおう♪

いかがでしたでしょうか?

今回は、会社の住所宛にプレゼントを郵送する場合の注意点をお届けしました!

 

コロナの影響でリモートワークになっていたり、育休中で出勤しないという場合、なかなか職場の人にプレゼントを渡せないですよね。

ですが、出勤していた時にランチに行ったり、飲みに行っていたような仲の良さであれば、誕生日プレゼントのひとつやふたつ贈ってあげたいですよね(*^^*)

 

自宅住所を聞くのがはばかられるのであれば、会社宛てに送ってしまえばいい!!

ですが、本記事でお伝えした内容には充分注意してプレゼントを手配してくださいね♪

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です