現在リライト中心で更新しております!最近の更新記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

【必須アイテム】はじめてママさんに授乳クッションは絶対おすすめ!

ママに抱っこされて眠る赤ちゃんのアイキャッチ画像

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ) わくにん(@wakunin89 )です!

 

 

赤ちゃんに母乳やミルクをあげる際のアイテムとして、授乳クッションというのがありますよね。

育児に関する書籍や雑誌の口コミによれば、「とても重宝した!」という意見と「特に使わなかった、買って損をした」という意見とに分かれるアイテムのひとつなのですが、

 

私個人の意見としては、絶対授乳クッションあった方が良い!!

 

授乳クッションは、授乳時以外にも使えるとっても便利なアイテムなんです!( •̀ω•́ )✧

今回は、私が授乳クッションをおすすめする理由をご紹介したいと思います!

 

【必須アイテム】はじめてママさんに授乳クッションは絶対おすすめ!

ママに抱っこされる赤ちゃん

授乳クッションの良さについて語るよ!!( •̀ω•́ )✧

 

授乳時に抱っこしつづけなくてOK

これが授乳クッションを使う上での最大のメリットなのですが、授乳中にずっと抱っこしていなくて良いというのが大きいです!

 

もちろん、赤ちゃんとスキンシップをする上で抱っこをするのはとても大事なことなのですが、赤ちゃんが母乳やミルクを飲み終わるまでの間ずーーーーっと抱っこしていると本当に腕が疲れます。ガチで(゜_゜)

 

 

日中の授乳ならまだしも、深夜帯の授乳時はただでさえ寝不足な状態であるので、そこでさらに抱っこをし続けなけらばいけないのはママにとってかなりキツいんです(´·ω·`)

 

退院したての産褥期は自分の体がまだ修復しきっていない状態で辛いですし(産院でも、退院しても産院と同じ生活を送るように言われる)

赤ちゃんが大きくなってくると、ママの腕で抱っこしつづけるのも大変です。

 

その点、授乳クッションがあると授乳時に赤ちゃんをクッションに乗せて母乳やミルクをあげる…という態勢になるので、自分で抱っこして授乳するよりもはるかに楽になりますよ!!

 

ベテランママさんの場合、赤ちゃんを抱き続けるということにも慣れて授乳クッションは不要!となる可能性はありますが、産ママやあまり力のないママさんには授乳クッションは必須アイテムだと思います!!( •̀ω•́ )✧

 

授乳後、赤ちゃんがそのまま寝ることも

授乳クッションは、授乳で満腹になった赤ちゃんがそのまま気持ちよく眠ってくれる際にも役立ちます!

 

もちろん、げっぷをさせたり、必要であればオムツ交換という対応は必要になりますが

授乳終わり⇒げっぷをさせる(オムツは汚れていないことを確認)の後、そのまま赤ちゃんをベビーベッドなどに移動させることなく授乳クッションで寝てくれることもあるので、ママとしては大助かりです✧˖°

MEMO
授乳後、満腹で寝るのであればベビーベッドに寝かせてもいいのでは?という意見もあると思いますが、なぜかベビーベッドに寝かせるとぐずってしまう赤ちゃんって意外と多いんですって。ベビーベッドに寝かせることで背中スイッチが入ってしまい、ぐずってしまうとか…笑”

 

我が家でも、授乳後はげっぷをさせてそのまま授乳クッションで寝かせるという手法をとっています(*^_^*)

赤ちゃんが深い眠りに入ったことを確認してから、ベビーベッドへGO!

この流れを採用してから、だいぶすやすやと寝てくれるようになった気がします✧˖°

 

 

また、スキンシップの一環として、そのまま授乳クッションで寝かせるというのも実践しています。

赤ちゃんも人肌のあたたかさで気持ちよく眠っていて、授乳クッションの上で横になってくれているため自分の両手は空いている。

 

そこで、可愛い寝顔写真を撮ったり、本を読んだりブログの下書きをしたり…

赤ちゃんを自分のそばに寝かせたままできることを思う存分楽しんでいます( *´艸`)♡

 

ママのお昼寝にもおすすめ

赤ちゃんが授乳後そのまま眠ってくれることからもわかるように、授乳クッションって寝るのにちょうどいい硬さなんです!

 

高さや弾力性も枕として申し分なく、赤ちゃんをお昼寝させた後、授乳クッションを使ってそのまま自分もウトウト…なーんて。

あるあるです( *´艸`)♡

 

 

私は出産後に授乳クッションを購入しましたが、お腹の大きい妊娠中にも寝る際に足を預けるなどして、楽に眠るために授乳クッションが使われることもあるそうで…!

妊娠後期はお腹が大きくなって本当に寝づらくなるので、体を預けるクッションの存在ってかなり大きいです。

私は家にあるサメのクッションに体を預けたりしていたのですが、授乳クッションもこんなに便利なら妊娠中に買っておけばよかったー!!

 

 

迷ったら産院で使用していた授乳クッションを選択

ここまで授乳クッションの良さを紹介してきたのですが、授乳クッションってかなり多くの種類が販売されているので、どの授乳クッションが良いのか正直悩みますよね(;^_^A

 

 

私自身、いろいろな口コミを見たものの「これ一択!!」という授乳クッションはなく、どの授乳クッションを買うべきか悩みました(>_<; )

 

ですが、もし私のように購入する授乳クッションに迷った場合、お世話になっていた産院で使われていて授乳クッションを購入するのがいいと思います!

 

理由は、以下の通りです。

  • 産院で採用されている時点で信用できる授乳クッションである
  • 入院中から使い慣れているため、自分が安心できる(もしかたしたら赤ちゃんも?)

 

特に、産院で採用されているというのは大きなステータスではないかと思います。

たくさんある授乳クッションの中で、そのクッションが選ばれたというのには何かしらの理由があるはずなので…!

 

 

私も上記の理由から、お世話になった産院で使用されていた授乳クッションを購入しました!

安定の使い心地です✧˖°

なので、入院中に使用した際に「なんじゃこの授乳クッション!使いづらい!」というようなことがないのであれば、

家で使用する授乳クッションも産院と同じものでよいのではーーー!と思います(^^)/

 

もちろん、お好みの授乳クッションや「これに決めた!」というものがあれば、そちらを購入してくださいね✿

 

まとめ:授乳クッションはママ大助かりアイテムのひとつ!

いかがでしたでしょうか?

今回は、ママさんに授乳クッションをおすすめする理由についてお届けしました!

 

実際使ってみないと必要・不要というのはわからず、人によっては不要となるかもしれないですが、

私個人の意見としては、授乳クッション導入後に授乳がめちゃくちゃ楽になったので、いち意見として参考にしていただけると幸いです(*^_^*)

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です