現在リライト中心で更新しております!最近の更新記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

『共感』を大切にすることでブログも人間関係もうまくいく!

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ)わくにんです!

皆さんは普段、どれくらい共感したり、されたりしているでしょうか?

「Twitterである人のつぶやきを見て『わかる~』って思うくらいかな…」

「会社の子とランチに行った時に恋バナになって、こういう男ないよね!って話でめちゃくちゃ共感した!」

など、人によってその頻度はさまざまかと思います。

今後はぜひ日頃から共感することについて意識して、共感という気持ちを大切にしてみてください(*^_^*)

なぜなら、共感はさまざまなことにプラスの影響を与えてくれる、素晴らしい気持ちだからです✧˖°

✿この記事でわかること✿

 

・共感がもたらすプラスの影響にはどんなものがあるか

・根拠ー本当にプラスの影響ってあるの?

・人間関係における「共感」

・ブログにおける「共感」

では、早速見ていきましょう!

『共感』を大切にすることでブログも人間関係もうまくいく!

共感がもたらすプラスの影響

共感がもたらすプラスの影響として、以下のものが挙げられます。

①好感度が上がる

②仲間意識の芽生え

③信頼感を生む

順を追って説明していきます(^^)/

①好感度が上がる

初対面の人と話している時に、出身地が同じだったことがわかると途端に親近感がわいた、という経験はないでしょうか?

私は北海道出身なのですが、同じく北海道出身の方とお知り合いになれると嬉しいですし、北海道あるあるの話で盛り上がることができてとても楽しいです。

たとえまったく同じ出身地ではなくとも、雪国出身であれば雪が降った時に雪かき(除雪のことです。)の苦労話で共感することができ、これにより一気に好感度が上がります。

つまり、共感=親近感がわく=好感度が上がる、というわけです。

②仲間意識の芽生え

SNSやブログで「暑くなると冷たい麺料理しか食べられなくなるんです」「アウトドア派だから野外フェス超好き!」というような、共感できる発信や記事を見かけると、

「あ!この人も自分と同じなんだ♪」という気持ちにならないでしょうか?

人間は、同じことを考えている人や同じ方向を向いている人に対して、仲間意識を感じやすいのです。

仲間であるという認識から、お互いに助け合おうという気持ちも生まれますよね。

仲間であればお互いに協力して集団生活を営み、野生動物から自分たちの身を守ろうとしていた、人類が生まれた頃の習性が残っている証拠です。

③信頼感を生む

好感度が上がり、仲間意識が芽生えることで今度はそこに信頼感が生まれます。

「この人は自分の仲間だ。信頼しても大丈夫な人だ!」と思えるからですね。

もちろん確固たる信頼を得るには、行動に移したり実績を残すということが必要になりますが、共感のおかげでお互いの距離が縮まっていれば信頼できる関係になりやすいのです。

共感…本当にプラスの影響はある?根拠は?

「いや、そうはいっても共感できるから好感度あがるなんて、人間の気持ちってそんなに単純か?」と思われる方もいらっしゃるかもしれないですね。

そこで、共感がプラスの影響を生むのかどうかを裏付けているものをご紹介しましょう。

心理学の用語である、ミラーリングという言葉を聞いたことはないでしょうか?

MEMO
ミラーリングとは……

自分が好意を抱いている相手のしぐさや言動を鏡のようにマネして行うことで、相手に安心感や親近感、好感を抱かせる心理テクニックのことです。ビジネスシーンでも恋愛においても有効なテクニックなんです。

ミラーリングの存在が、自分と同じような行動や言動をする人=自分が共感を抱くことができる人に対して、プラスの影響があることを証明しています。

人間関係における共感

ここまでお読みいただければ、共感の大切さが伝わったかと思います(*^_^*)

人間関係においても、新しく知り合った方に対してはもちろん、今までよく話したことがなかった方に対しても、お互いに共感することで一気に心の距離が近づき、そのまま友人になる。

…なんてことはよくありますよね(^^)/

なので、あの人と仲良くなりたい!と思う方がいた時は、ぜひ共感できる&共感されるポイントに目を向けてみましょう♪

けっこうすんなりと打ち解けることができるはずですよ!

ブログにおける共感

ブログの記事でも共感を大切にすることが大事です。

なぜなら、プラスの影響でもお伝えしたとおり、共感が信頼感を生むからです。

信頼されるということは、その記事を読んでもらえる可能性が高まるということにつながります。

だって、信頼できない人の記事より信頼できる人の記事の方が100倍読みたいですもんね?(;^_^A

また、共感から生じる好感度についてもブログにおける大切な要素です。

こちらの理由もカンタン!

いな人の記事は読んでいる時間がもったいないというか、そもそも読まないですよね(´;ω;`)

ブログを読む時間を使うのであれば、好きな人の記事を読む時間にあてるはずです。

なので、共感できる記事を書くことは大切なことなのです!(`・ω・´)✧˖°

どうやって共感できる記事を書く?

共感というのは人間の感情の一種です。

つまり、人間の感情が動かない限り共感されることはないんですね。

以下に示した2つの文章をご覧ください。

A:今日の気温は30度です。気温が30度以上に上がることで夏バテの症状が出てしまい、食欲が減退してしまう方が増加します。

B:今日はとても暑いです!30℃だそうですΣ(・ω・ノ)ノ!

私、暑いと食欲がなくなってしまって冷たい麺類しか食べられなくなるんですよね(;^_^A

暑い日に夏バテみたくなっちゃう人ってけっこう多いそうです!(>_<; )

少し極端な例ですが、Bの方が話し言葉を使っていたり、自分のことを踏まえて書かれているため共感しやすい文章ですよね。

事実などを伝える場合は当然客観的な書き方をする必要がありますが、主観的な書き方の方が書き手の考えや感情をのせることができるので共感されやすいのです。

なので、ブログを書く時は適度に自分の考えや気持ちを書くようにしましょう(^^)/

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、共感が生むプラスの影響についてご紹介しました(^_-)-☆

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です