Twitterはコチラ

過去でも未来でもなく今を生きる!現在型思考ノススメ

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ)わくにんです!

皆さんは自分の思考パターンについて考えたことはありますか?

思考パターンについてはいろいろな分類方法があるかと思いますが、今回は私が書籍から学んだこと+経験談から、

人間の思考パターンを「過去・現在・未来」の3つに分類するという考えを扱っていこうと思います。

実はこの考え方、潜在意識とも深く関わりのある考え方なんです。

では早速見てみましょう!

「過去・現在・未来」の思考パターン

過去型思考

過去型思考とは、過去に起きたことに重点を置き物事を考えるタイプです。私はこの傾向が強く、なんとかしたいと格闘中ですw

思考の特徴としては、過去の出来事に引きずられることが多く、失敗や傷ついてしまったことなどをいつまでも心の内に抱えてしまったり、

考えても仕方がないのに、タラレバ(あの時ああしていたら、こうやっていれば)で考えてしまうという点があります。

他にも、後悔をしてしまうタイプもこの過去型思考といえます。過去に○○してしまったから、今こうなっているのか…といった具合に、

現在起きていることに対して、過去の行動を引っ張ってきて後悔してしまうという具合です。

過ぎてしまったことに後悔してしまう時間、もったいないですよね(;^_^A

もしも後悔することが多い、という方は以下の記事も併せてお読みください。

後悔してる?その気持ちを今後の行動指針に!

ここまで書くと、過去型思考全然ダメダメじゃん!と思われるかもしれないですが、メリットもありますよ(*^_^*)

過去の出来事に重きを置いているので、過去に自分が何をしてどういう結果に至ったかを細かく覚えているんです。

つまり、他の思考タイプの方に比べ、過去の細かな経験を活かして次の行動に移すことができるんですね♪

とはいえ、デメリットの方が多いので、できれば過去型思考からは抜け出す訓練はしているのですが…(;^_^A

未来型思考

未来型思考とは、未来のことをよく考えて行動をするタイプです。こうやって書くと、前向きでいいじゃないかと思われるかもしれないですが、実はそうもいきません(;^_^A

未来型思考の方の特徴は、リスクを想定して行動するという点です。

リスク、つまりマイナスのことや最悪の事態を想定するということですね。

私の同僚がこのタイプで「いつも最悪の斜め下を考えるようにしている」と言っていました。

私が以前勤めていたコールセンターにもこういった方はいましたし、夫の元同僚もこのタイプだったようで、過去型思考の方同様、未来型思考の方も一定数はいらっしゃるようです。

こういった方々に思考傾向として、実際に最悪なことが起きてしまっても想定内だったと思える、想定していた内容だから多少のダメージはあるものの想定していなかった時より受けるダメージは少ない…など、自分の心を守るために予め最悪な想定をしておくということが挙げられます。

ですが、杞憂という言葉もある通り起きもしないことを考えて不安な毎日を過ごしたり、最悪なことを考え続けて毎日マイナスな思考に囚われるより、何か起きてしまってからその事象に対して対応する方がよほど健康的ではないかなと思います。

それに、潜在意識のところで解説したとおり、自分の中で考え続けていることは潜在意識がキャッチし、それを現実のものにしようとしてしまいます。

なので、最悪なことを考えれば考えるほど、現実もその最悪なことへ向けて舵を切ってしまっているということなんですね。
潜在意識とは?

ですが、リスクに備えて予め動くことができるというのは未来型思考のメリットであると思います。

行動できればいいですが、最悪の想定をして終わりという方もいらっしゃるので…(;^_^A

現在型思考

現在型思考とは、過去にも未来にも囚われず、現在起きている事象に対し今自分にできることは何かを考え、行動に移すことができる思考パターンです。

過去を嘆く時間も、未来を憂う時間も実はどっちも時間がもったいないんです(>_<; )

過去のことをいくら考えても現在を変えることはできないし、最悪のパターンをいくつ想定しようがその想定しているアクションは、最悪なことが起きないかぎり実行に移さないアクションなので、最悪のパターンが起きない限り意味のない想定になってしまうんです。

将来こうなりたい!というビジョンや夢、目標を潜在意識に刷り込ませた上で、そこに到達するため今の自分にできることは何か、という形で未来⇒現在という風に考えることができるのであればまったく問題ありません。

私は以前、完全に過去型思考の人間でしたが、今は現在型思考に移行するべくマインドブロックやシンボルゲームを行っています。

思考パターンの具体例

3つの思考パターンを紹介しましたが、ここで具体的にどういう思考回路になるのかを解説しますね。

ブログの収益が上がらない。何を思う?

過去型………もっと前からブログを始めておけばよかった。
やっぱり特化型(雑記)ブログにした方が良かったのかな。

未来型………このまま収益ゼロだったらどうしよう。別の副業を始めた方がいいのか。
でもブログも運用するのに結構な時間がかかっているし、
別の副業を始めるとなると他の時間を犠牲にする必要があるし…
ブログに掛かっているコストを一度洗い出してみてそれから……。

現在型………今何かできることはないか。リライトしよう。
質の高い記事を書くべくインプットしよう。
ブログの書き方をもっと勉強しよう。

このようにして書くと、それぞれの思考パターンの特徴が見えてくるのではないでしょうか?(*^_^*)

過去型や未来型に比べ、現在型はありのままを受け入れその事象に対し、行動を起こす!という感じで建設的なイメージなのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は3つの思考パターンの類型をご紹介いたしました。

あなたは、過去・未来・現在の思考パターンの内、どちらに該当しましたか?(*^_^*)

周囲の方の言動でその方の思考パターンも読めるかと思いますので、こっそり試してみてくださいね♪

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です