現在リライト中心で更新しております!最近の更新記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

【よい発声のために喉を大事に!】わくにん自己流喉ケア法!

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ)わくにんです!

声の表現者として、大切にしたいものの一つに喉があると思います。

喉を痛めることで本来の声が出せなかったり、喉を痛めてしまうことによりそのまま風邪をひいてしまって、声のお仕事や朗読などの活動に支障が出てしまうこともあります。

そこで今回はわくにんが独自にやっている喉ケア法をご紹介していきたいと思います。

注意
個人の意見なので、参考程度にご覧ください。医療的な効果がある保証は致しかねますので、予めご了承ください(>_<; )

わくにん自己流喉ケア法

喉に負担がかからないよう、飲み物に気をつける

喉ケア法というより、生活習慣的なことでもあるのですが、私は普段から温かい飲み物、もしくは常温の水を飲むようにしています!

最近は、美容やダイエットでも朝起きたら白湯を飲むというのもよく言われていますよね。

頭が活性化するのと同時に喉や体全体を温めることができるため、喉のケアにおいてもかなりオススメの方法です。

人それぞれあるかとは思うのですが、私の場合はどうにも冷たい飲み物を飲んでいると、

喉だけではなく、胃腸や足先など体全体も冷えてきてしまって全体的に活動力が落ちてしまう感じがしてしまいます。

なので、どうしても冷たい飲み物を飲みたい時でも、できるだけ氷抜きで飲むようにしています。

真夏や冷たい飲み物がほしい暑い日でも、喉のことを考えると極力氷抜きの飲み物をいただく方がよいです。

氷入りの飲み物は、冷房がかかっていることもあり、やはり喉と体が冷えてしまうのです…

喉が冷えると、自分的には声がすこしだけ出しづらい感じがするので、飲み物については結構気をつけている点だったりします♪

飲み物ひとつでも自分の喉のコンディションは変化してしまうものなので、どういった飲み物が自分に適しているか、または良くないのか、については日頃から意識して確認しておきたいですね(*^_^*)

風邪予防!喉を守るために移動の際はマスク必須

こちらも声を使う方々の間では当たり前なことになってきておりますが、移動中はマスクを着用するようにしています。

特に、電車に乗る時と人混みの中では必ずマスクを着用します!

電車内は閉鎖された空間ですし、人混みでもどのようなウイルスが浮遊しているか分からないです。

大体私が風邪をひく時って、うっかりマスクを忘れて電車に乗ったり人混みの中に行かざるを得ない状況かつどえらい咳やクシャミをしている方の近くになってしまった時なんですよね。

悲しいことにこういったことがあると、結構な確率で風邪をいただきます(-_-;)なので、移動の際はマスクを必ず持ち歩くようにしています。

また、冬場は空気自体が乾燥しているので、喉を保湿するために割と外にいる時はずっとつけていることが多いです。

喉の乾燥予防にも、マスクはもってこいのアイテムなんですね(*^_^*)

ただ、お化粧している時にずーーーーっとマスクをつけている肌に悪く、気づいたら肌荒れを起こしてしまうので、マスクを外せそうなタイミングがあれば外しています。

女性にとっては肌のコンディションも気にしないといけないので、喉にも肌にも同時に気を遣わないといけないのは大変です(>_<; )

喉をケアするためには、やはりのど飴も有効

のど飴、という名前の通り喉の乾燥を感じたり、なんとなくイガイガしている場合はすぐにのど飴をなめます。

甘い飴よりもやはりのど飴と称された商品の方が、ミント成分が入っていたりで喉にやさしい感じがします。

のど飴にもたくさん種類があるので、自分の中でお気に入りの飴をストックしておくと、いざという時にすぐになめることができて便利ですよ✿

私がよくお世話になっているのど飴はコチラ☟です。

喉に異変を感じた時は…

喉に異変を感じたら、すぐに葛根湯を飲んで、塩水うがいをします!!

これが私の中でのベストな初手なんですね(*^_^*)

風邪のひき始めにこの対応をしているからか、実はここしばらく風邪をひいた記憶がないです✿

あと、鼻声(地声が若干鼻にかかってはいるのでデフォルトで鼻声ですが笑”)になっているなーという時は、塩水で鼻うがいもしますね!これも結構効きますよ(*^_^*)

注意
塩分濃度が低いと、鼻に水を入れると鼻が痛くなります。過剰に入れてしまうのも良くないですが、ある程度しょっぱいと感じる程度まで塩を加えて鼻うがいを行いましょう。

これらの対応が済みましたら、異変を感じなくなるまでの1,2日はよくのど飴をなめるようにして、温かい飲み物に生姜を加えて飲んだりと、徹底的に喉のケアにあたります。

というのも、冒頭に書いた「喉を痛めてしまうことによりそのまま風邪をひいてしまう」というのが私のことだからなんです(;^_^A

喉を痛める=風邪をひくということがわかっているので、初手で徹底的に喉の異変に対処するようにしています。

喉ケア方法まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、わくにん自己流の喉ケア方法をご紹介いたしました!

  • 飲みものに気をつける
  • 外出時はマスクを常備
  • のど飴の力を借りる
  • 異変を感じたら葛根湯ですぐに対策!

ご紹介した方法が私にとってのベストな方法ではあるのですが、人によってベストな方法は異なってくると思います。

ゆえに、ここにご紹介した以外の方法にもたくさん喉ケア方法は存在します(^^)/

ぜひ無理のない範囲で、自分の体と相談しながら自分の体に合った喉ケア方法を見つけていってくださいね!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう♪

ドロンなのです★

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です