Twitterはコチラ

【経験談】留学したい方向け!私が中国へ留学した方法!

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ)わくにんです!

以前、海外留学や海外生活をオススメする記事を公開しました。

【世界を知ると人生が変わる!】海外留学&海外生活ノススメ✿

留学したい子ちゃん

そりゃ留学には憧れるけど、どこから何に手をつけていいかわからないよ…

と、お困りの方はいらっしゃらないでしょうか??(`・ω・´)✧˖°

今回は私が実際に中国へ留学した具体的方法についてまとめようと思います!

◆この記事はこんな方向けの記事です◆

 

・留学に行きたいけど何からすればいいかわからない

・なるべく安全に留学したい

・留学はしたいけど後悔はしたくない

私が中国へ留学した方法!

結論:短期留学⇒長期留学と切り替えるのが安全

憧れの海外留学とはいえ、いきなり単身で海外に乗り込むのって怖くないですか?(;^_^A

私もいきなりひとりで中国へ留学に行って大丈夫かなぁという思いがありました。

そこでまず利用したのが留学のあっせんや手続きを代わりに行ってくるれる代行業者です。

短期留学である程度、その国や地域のことを知ってから長期留学に切り替えると少しお金はかかりますが、安全ですし不安もまったくなく長期留学に切り替えることができますよ(*^_^*)

なので、私のようにいきなり一人で長期海外留学はこわい!という方は留学あっせん・代行業者を利用しましょう!

留学あっせん・代行業者の選び方:複数の会社から資料を送付してもらう!

留学を決意し「中国 留学」というようなキーワードで検索すると、いろいろな業者のホームページが表示されます。

私はこの中からホームページがしっかりしている(ある程度任せて大丈夫そうかな?と思える)業者を複数ピックアップして、資料を送付してもらいました。

いきなり1社にしぼりこむのではなく、どういうサービスがあるのか確認したり、金額としては総額どれくらいになるのか見積もりを出してもらい自分の予算も検討材料に入れて1社に決めます。

私が実際利用した留学あっせん・代行業者:毎日エデュケーション

私が実際に利用した業者は、毎日エデュケーションです。

送られてきた資料がわかりやすく、見積もりも予算の範囲内、いろいろなサポートにも対応していたため「安心できそう…!」と思い選択しました。

まずは電話でお話しさせていただき、担当の方とごあいさつしました。

電話ではありますが、担当の方と直接会話できたことで安心感が生まれました。

そのあいさつの後はメールでのやり取りがメインとなりました。

留学したい国をお伝えした後は、担当の方のアドバイスから自分がどの地方や地域に行きたいかを決めていきます。

それぞれの地方や地域の特徴を教えてもらえるため、自分の希望に合った場所を選択できます(^^)/

◆ちょっとブレイク、私の場合◆

 

私の場合も、中国に行きたいとお伝えした後は、以下の情報をいただき、中国の大連市に留学することを決めました。

  • 南部はなまりがある
  • 北京は首都で留学地としても人気だけど物価が高いのと政治的思想が強い人も多い
  • 大連は物価もそこまで高くなく、なまりもない。北海道に似た気候。

気になることはどんどん質問:本当にささいな質問でもOK!不安を残すのはNG

留学をする上で不安なことってたくさんあるかと思います。

こんなこと質問してもいいのだろうか…と思うような質問もあると思いますが、どんなにささいでも自分が気になるのであれば質問しましょう。

不安を残したまま出発し、その不安が的中した場合、「あの時確認しておけばよかった…」と絶対後悔します。

◆ちょっとブレイク、私の場合◆

私もかなり細かい点まで質問しました。実際に質問した内容が以下のものですw

  • 大連滞在について、変圧器は延長コードは必要でしょうか。
  • お土産を購入することを考え15万円ほど持参するつもりなのですが、よほど高価なものを買わない限りこの金額で足りますでしょうか。
  • 北部でコンタクトレンズを使用するのは少々大変であるという情報を見たのですが、大連も大変でしょうか。
  • 紙の辞書は持っているのですが,電子辞書は必要でしょうか。

すべての質問にとても丁寧に回答いただきました…(´;ω;`)✧˖°

短期留学で物足りなくなったら、長期留学へ切り替え!:短期留学中に下準備

留学に行ってみて、「すごく楽しい!有意義!勉強になる!もっと長く留学したい!」と思えたのであれば、短期留学は大成功!

長期留学切り替えの準備をはじめてしまいましょう!

ここで1点、注意事項があります。

あっせん・代行業者は安心感はあるのですが、代行手数料が発生するため、単身で留学するより高くつきます。

ゆえに、長期留学する場合は業者には頼らず自力で長期留学することをオススメします。

留学したい子ちゃん

自力で長期留学って…そんなことできるの…!?

できますよ~♪

ポイントは、以下の2点。

  • なるべく短期留学中に現地で知り合いや友人を作っておくこと(そして連絡先交換)
  • 筆談でも大丈夫なので中国語などの現地言語でコミュニケーションできるようにすること

現地の人が知り合いだったり友達であれば、留学中、いざという時に助けてくれたり手続きなども協力してくれるのでかなり心強いです!

友達なんてすぐにできません…という場合でも、自力でコミュニケーションできるようになっていれば、大丈夫。

大学の事務室で長期留学したい旨伝えれば、案外手続きできるものなんです(^_-)-☆

中国では入学時期が毎年9月なので、大体秋ごろから長期留学が始まります。

※短期留学の場合は時期を選ばず留学可能です。

なので、9月の長期留学開始前に、パスポートやビザ関係、荷物の準備など日本でやらなければならない準備をすべて終わらせておきましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

・留学に行きたいけど何からすればいいかわからない

・なるべく安全に留学したい

・留学はしたいけど後悔はしたくない

今回はこのような方に向けて、私が実際に留学した方法をご紹介しました!

海外留学は本当に人生が変わるのでオススメですよ!

また留学関係で私の経験を記事にしたいと思っておりますので、更新をお待ちください(^^)/

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です