現在リライト中心で更新しております!最近の更新記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

友達がいない?少ない?それでも人生は楽しくなる。

ウサギとカメのアイキャッチ画像

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ) わくにん(@wakunin89 )です!

あなたには、友達とよべる関係の人はいますか? いる方は何人いますか?

 

「いや、ひとりもいないんだけど…」

「ひとり…ふたりかな?」

という方もいらっしゃるかと思います。

 

友達がいない?少ない?

いいじゃないですか。何の問題もないですよ。

 

小学校や中学校などの学生時代は友達が多くてナンボみたいな風潮があったかもしれないですが、

大人になると、ぶっちゃけそこまで友達の人数って関係なくなりますよね。

むしろ友達が多すぎて自分の時間が犠牲になっている…なんてこともあったりするんです。

 

だから、友達がいない方も少ない方も安心して大丈夫です。

今回は友達がいなくても少なくても、人生は楽しめる!というお話をしていきます( ˘ω˘ )

 

友達がいない?少ない?それでも人生は楽しくなる。

人生の楽しさは友達の数では決まらないのだ( ˘ω˘ )

 

そもそも『友達』とは?

友達ともだちといいますが、そもそもどういう関係の人を『友達』って呼ぶのでしょうか?

互いに心を許し合って、対等に交わっている人。一緒に遊んだりしゃべったりする親しい人。

参考 友達(トモダチ)コトバンク

 

改めて意味を調べて思ったのですが、心を許し合える人ってそんなにいますか!?

言葉だけの定義でいくと、心を許し合ったわけでもなく「とりあえず数合わせで呼ぶか」みたいな扱いをされている場合は、友達じゃないってことですよね!!

 

そして、そういう人に限って「いいじゃん、うちら友達なんだしさー」みたいなこと言ってきません!?

いや私が現実にこういうこと言われたわけじゃないですけど、ドラマとか漫画の勝手なイメージです(^q^)

 

友達がいるメリット

では、友達がいることでどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

思いつくのはこのあたり。

  1. 悩みを相談できる
  2. 一緒に遊びに行ける
  3. いろいろな考えに触れることができる
MEMO

ごめんなさい。私自身が友達すくないからこれくらいしか思いつきませんでした。

他にもあるよって人はぜひご意見ください…

ただ、これらのメリットって実は友達がいなくてもかなえられることばかりなんですよね。

悩み相談は家族やインターネット、電話相談などでもすることができます。

 

遊びに行くのもひとりで行けますし、むしろひとりの方が自由に動けて良かったりする。

(イベントとかライブとかは友達と行って一緒に盛り上がれるからこそ、いいのかもですが)

 

いろいろな考えに触れることができるというのも、本を読むことで著者の意見に触れることができますし、

現代ではTwitterやYoutubeなど、たくさんの人がいろいろな意見を発信していますよね。

むしろ、多くの意見に触れたいのであればTwitterやYoutubeの方が良いですよね。

 

という感じで、友達がいるメリットって実は別の方法で代替できる…というのが私の意見です(^^)/

友達についてメリットデメリット語ってる時点でなんかちがう。友達はプライスレスなもんや!という方はごめんなさい( ˘ω˘ )

 

友達がいるデメリット

友達がいることによるメリットもあれば、当然デメリットも存在します。

 

以前、こういう人とは距離を置きましょうという記事を書きました。

【こういう人とは距離を置いて!】自分の人生を楽しくする方法✿

この記事で書いた内容と少し重複してしまうのですが、友達がいることによるデメリットを見ていきましょう。

  1. 付き合いへの参加
  2. 時間を使う
  3. 友達づきあいがうまくいかないと疲弊する

1.付き合いへの参加

まずは友達グループで集まるなど、こうしたイベントへ参加するということが挙げられます。

これ、心の底から楽しい!と思えるイベントであればまったく問題ないのですが

「その日はちょっとなぁ…」という時もありますよね。

そして「その日はちょっとなぁ…」が続くと「えー、また来れないのー?」みたいなことになったりするようで(;^_^A

 

特に女性同士の友達関係でこういうのあるそうです。

幸いなことに、私の友達はみんな放任主義ばかりなので、上記のようなことはまったくないのですが…。

 

2.時間を使う

イベントに参加しないといけない…とほぼ同義ではあるのですが、「時間をつかう」というのもデメリットのひとつかなと思います。

例えば突然かかってくる電話。

どうしたのだろう?急用かな?と電話に出てみると、そこから始まる長時間におよぶ電話…

友達だと思うと、邪険に扱うこともできず…みたいなことってありますよね(;^_^A

 

「ちょっと話を聞いてほしい…」というような内容であれば、私も力になってあげたいと思うのですが、

「最近なんの仕事してるの?」とか「ハマってるゲームある?」とかだと

むきーーーーーーー(^q^)

ってなっちゃうの。

 

3.友達づきあいがうまくいかないと疲弊する

最後に、友達づきあいがうまくいかないときってめちゃくちゃ疲弊するんですよね。

どうでもいい人であれば「さいなら(^q^)」で済むのですが、

意見が食い違ってしまった友達や、一緒にいるのがしんどくなってきた友達などについては、どのように対応すべきか…いろいろ悩んでしまうところです。

こういう友達がいるんだけどどうしたものか…と別の友達に相談することもあるんですがねw

 

そして疲弊するような友達はもうごめんなさいでいいじゃんという意見もあるとは思いますが(私の意見です)、

そんなドライにバッサリ切れない関係もありますしね!!

 

やりたいことがある人は、友達がいないor少ない方が良かったりする

メリットとデメリットを考えた上で言えること( ˘ω˘ )

 

友達との時間を自分の時間に充てる

デメリットでも挙げた「時間を使う」ということについてですが、

やりたいことがある、夢がある、挑戦したいことがあるというような人達にとって

時間を使われることほどわずらわしいことはないですよね。

 

「今日はこれをやるぞー!」と決めていたのに、突然その時間を奪われてしまえば誰でも「うへぇ…」ってなっちゃいます。

 

このように突然時間を奪ってくるような友達と付き合うくらいなら、

申し訳ないけどこの友達とはごめんなさいして、その時間を自分の時間に充てたほうがいいです。

 

有意義な時間を過ごせる友達を大切にする

上記のように突然時間を奪われて「うへぇ…」となるのは、

自分にとってまったく興味のない長電話だったり、プラスになるようなことがない事柄に時間を使われてしまうことへのガッカリ感からくるものです。

 

であれば、共通の目的がある友達との建設的な会話だったり、自分が興味のあることであれば

「時間を奪われた」と思うことなく有意義に過ごせるということになります。

 

また、たとえ共通の目的や興味がないことだとしても、

自分が心穏やかに過ごすことができたり、一緒にいて楽しいと思えるような関係であれば、

自分のなかでプラスの感情が芽生えているので、このような関係の友達と付き合うのはとてもいいことだと思います。

 

そして、このように時間を有意義に過ごせる友達は大切にした方がいいです。

大人になってから新たに友達関係を構築するってなかなか大変ですから…。

 

友達少ないけど幸せです

私自身、以前は友達がまぁまぁいた方なのですが(どうなんだろう、世間的には元から少なかったのかな)、

時間を奪う人やネガティブ発言が多い人など、友達づきあいをしていて疲れを感じた友達には、そっとごめんなさいをしてきました。

 

その結果、「友達何人いますか?」と聞かれると、片手で数え終わる人数しか思い浮かばない状況になってしまいましたが

それでも自分のやりたいことに時間をたっぷり使えることができるし、

頻繁ではないけれどたまに連絡を取り合ったり、会って食事をしたり…という関係が続いているので、友達関係はいまとても充実しています。

 

ほんとね、連絡しない時はぜーーーーーんぜんしないんですw みんな放任主義なのでw

でもたまにLINEで連絡とると、連絡とってなかった時間がウソのように、いろいろな話題で盛り上がることができるんですねー。

真の友達関係は距離も時間も超越する。 あ、なんかのCMに使えそう。

 

友達が欲しいのであれば行動が必要

でもやっぱり友達ほしいです、増やしたいですって方もいるかと思います。

そういう場合は、以下のような対応が必要になります。

  • 新しく出会う
  • 現在の行動範囲内で新たに行動する
  • SNSで趣味が合う人と交流する

社会人サークルなどの交流の場で新しく出会うことで友達ができる可能性が広がりますよね。

普段の生活において特に友達になれる人がいないのであれば、新しい出会いの場を求めるというのはかなり大切です。

 

また、現在の行動範囲内でなんとかしたい!という場合、

たとえば会社の気が合いそうな人を食事に誘ってみる、というのもひとつの手ではないでしょうか?

たとえ出会いが会社でも、趣味嗜好が合えば友達になれるチャンスは大いにありますよ(*^_^*)♪

 

趣味が合う人と友達になりたい!という目的がハッキリしているのであれば、

SNSで趣味の合う友達を探してみる、というのもいいかもしれません。

現に、Twitterを見ているとジャニーズが好きでつながった方々や、楡坂や乃木坂などのアイドルが好きでつながった方々のやりとりを目にすることがあります。

彼ら(彼女ら)もTwitterで趣味が合う友達を見つけた、と言えるでしょう。

 

まとめ:友達がいてもいなくても、人生を幸せにできる!

いかがでしたでしょうか?

今回は、友達がいないor少ないという場合でも人生を幸せにできる!という内容でお伝えしました。

 

もちろん、人によって「友達が必要」「友達は別にそこまで…」という意見は分かれると思います。

ただひとつ言えるのは、自分が自分の人生をより楽しく幸せに生きるには?ということに重きをおくことが大事!ということです。

 

もし友達がいないor少ないとうことで、人生を楽しめていない…ということであれば積極的に友達を作っていけばいいと思いますし、

逆に友達づきあいが足かせになっているように感じるのであれば、一旦友達づきあいをお休みしてしまうというのも方法のひとつです。

 

ぜひ自分の現在の状態と、これから自分はどうしていきたいのか…ということを念頭に、

友達づきあいについて考えてみてくださいね!(^^)/✧˖°

 

長文にもかかわらずここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です