現在リライト中心で更新しております!最近の更新記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

【人生の主役は自分】家族との関係がつらい・しんどい・疲れる方へ

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ)わくにんです!

突然ですが、家族から「あぁしなさい、こうしなさい」と言われたり、必要以上に干渉を受けるのがつらい、疲れると感じてはいないでしょうか?

実はわたし自身もこうした気持ちを抱えて生きていましたし、今でもたまにふとよぎってしまうこともあります。

ですが、いろいろな経験を通して学んだことや考えたこと、書籍を読むことによって得た知識から、これらの気持ちとの向き合い方を身につけることができました。

今回は、家族との関係でお悩みの方向けに、家族との関係についての私がたどりついた考え方をご紹介しようと思います。

家族との関係が疲れる時の考え方

家族から自分に向けられる言葉がキツい表現であったり、自分のテンションを下げてくるような内容だったり…

とにかく自分に対してマイナスの効果が発動される…というのは本当につらいですよね。

では、そもそもなぜ家族はそんなに私たちに対して干渉をしてくるのでしょうか?

過度な干渉の理由は心配しているから

この心配とは、以下3つのものが挙げられます。

  • 私たちに対しての心配
  • 自分に対しての心配
  • 他の家族に対しての心配

私たちについての心配

これは言及するまでもないかと思いますが、何か新しいことを始めようとする時、遠いどこかに行こうとする時、

私たちが傷つかないよう、失敗しないよう、後悔しないよう、身の危険から私たちを守ってあげたいという気持ちから干渉をしてくることがあります。

血のつながっている家族は自分が守らなければという思いに駆られるのでしょう。

自分に対しての心配

私たちだけに向けられる心配だけではなく、家族が自分自身のことを案じて私たちに干渉してくることもあります。

どういうことかというと、近所の人から「まだ上の子結婚してないの?」などと言われたくないから、「アンタもいい年なんだから早く結婚しなさいよ」と言ってくるようなパターンです。

要は、自分の体裁が傷つかないかの心配をしているということです。

他の家族に対しての心配

例えば、「アンタ最近実家帰ってきてないから、お父さんが心配してるわよ。早く帰ってきなさい」というような場合は、私たちに対してでも、自分に対してでもなく、他の家族を案じていますよね。
※と言いつつ、自分も帰ってきてほしいんでしょ~って思うこともありますがw

他の家族が傷つかないために、他の家族を守りたいから、私たちに対して行動を要求してきます。

家族とはこうあるべきという考えが強い

誰でも上記で挙げたような心配はします。

ですが、過度な干渉に至るか至らないかについては、干渉してくる家族の思考回路が起因しています。

ひとつは、「家族とはこうあるべき」という考えです。

この考え(価値観ともいえます)が強いと、私たちに対してもその考えを押し付けてくることになります、

「家族なんだから月に一度は全員で顔を合わせるべき」⇒「月一で家に帰ってきなさい」という思考回路です。

~しなければならないという考えも

もうひとつの考えは「~しなければならない」という義務感に駆られているものです。

例えば、「私は長女なんだから親の面倒を見なければならない、弟(妹)が道を踏み外さないよう注意しなければならない」といったものです。

行動に至るためには、何かしらの原因や理由があります。

過干渉という行動は、心配(私たち・自分・他の家族))×「家族とはこうあるべき」「私(僕)は●●だから~しなければならない」という要素が組み合わさって生じるものなのです。

自分の人生の主役は自分

家族が干渉してくる理由も原因もなんとなくわかった気がする。

…とはいえ、とはいえですよ(;^_^A

私たちの人生は誰のものですか?って考えた時に、当然家族のもの、ではなく、自分のもの!という回答に至るわけです。

せっかく、奇跡的な確率(宇宙や見えざる何者かに選ばれたといってもいいくらいです。)でこの世に生を受けて自分が主役の自分物語がはじまったのに、家族の干渉でその物語がつまらなくなるなんて、とんでもないことだと思いませんか?

家族は家族の考えがあって、行動を起こしているのでしょうが、私たちにだって私たちの考えがあって行動していいはずです。

家族が大切にしている思想や、固く守り抜いている思考を、私たちに押しつけていい理由はどこにもないのです。

家族であっても他人

少し冷たい言い方になってしまいますが、どんなに血がつながっていようが、どんなに仲が良かろうが、家族であっても、自分ではない別の人間…他人なんです。

他人である以上、私たち以外だれも私たちの人生をコントールする権利は持っていないんです。

このことに気づけず(もしくは忘れてしまい)私たちに対して干渉(=コントロール)を行ってこようとしてしまうのでしょうが、それに屈する必要はまったくないです。

私たちの人生の舵取りは私たちだけに与えられた唯一無二の権利なんですよ♪

なので、今まさに家族からの干渉により家族関係がつらい、しんどい、疲れる…と感じてしまう方は、

今一度自分の人生がだれのためにあるのか、だれの物語なのかを考えてみましょう。

何をどうしたいか、どういう行動をとりたいのか、すべては自分のこころが知っています✿

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、家族との関係についてお悩みの方に向けて、私なりの考えを共有させていただきました。

私自身悩むことも多いですが、本記事に書いたことを思い出し、自分の人生を楽しく生きる!と言い聞かせていつものハッピーライフに戻ってきます(*^_^*)

この記事はある種、自分に対しての備忘録かもです…( *´艸`)

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です