Twitterはコチラ

【基本をおさらい!】良いブログの記事の書き方って?

パソコンに向かう男女のアイキャッチ画像

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ) わくにん(@wakunin89 )です!

現在、ブログを書く人がすごく増えていますよね。

ブログ論もたくさん世に出回り、そのブログ論でけっこう苦しんでしまう…ということもあります。

以前、読んで自分自身が苦しくなるブログ論については、ごめんなさいしましょう!という記事も書きました。

黒板のアイキャッチ画像 ブログ論で苦しくなるなら、そのブログ論はごめんなさいしましょう。

 

とはいえ、「ブログを始めたからにはそれなりに収益にもつなげたい…!」

と思うのが正直なところですよね(;^_^A

 

私も「ブログを楽しく続けたい!でもできれば収益にもつなげたい!」

というよくばり人間なので、ブログ論にアップアップしつつ勉強をつづけています。

 

勉強の一環として、最近ブログに関するオンライン講座を受け始めました。

今回は、そこで学んだことから私が改めて再認識した、ブログに関する大事なことを記事にしていきたいと思います!

【基本をおさらい!】良いブログの記事の書き方って?

ブログにおける良い記事(コンテンツ)と言われるものとは一体なにか?

いろいろなブログ論で必ずここは書かれているよねって内容…ありますよね!

 

大体どのブログでも書かれているのって『人の悩みを解決する』『人の役に立つ』ということだったり、

『専門性がある』『オリジナリティがある』ということだったりします。

 

これらを大別すると、以下の2つにわけることができます。

  • ユーザー視点から考えた書き方
  • 内容を重視した書き方

わくにん

それぞれについて詳しく見ていきましょう!

ユーザー視点から考えた書き方

ユーザー=人、読者の視点に立って記事を書いていくというのが、良い記事を書いていく上で必須!

 

人の悩みを解決する記事

もう見飽きたわい!という声も聞こえてきそうですが、

しかし見飽きるほどにいろいろなブログ論で書かれているのもまた事実…。

 

でも、人の悩みを解決するとか人の役に立つって言われても、

「いや、自分そんな立派な人間じゃないんで…(´・ω・`)」

なーんて思っちゃいますよね。

 

だからこそ、便利になるのが「自分の検索履歴」なんです。

何かの事がらを人に聞いたら「ググれ」と返されるように、何かわからないことがあったり、調べたいことがあればGoogleを使うというのが当然!みたくなってますよね。

 

ぜひ自分の検索履歴、見てみてください。

意外と「こんな些細なことまで調べてるのかw」って思います( *´艸`)

 

でも、そんな些細なことでも世の中には調べる人がいるということです。

数としては少ないかもしれないですが、自分が書いた記事が何らかの形で人の悩みを解決することができるってことなんです♪

 

やっぱり大切なのがキーワード

これも本当にどのブログ論に登場する内容ですよね。

たとえ人の悩みを解決することができる記事でも、そもそもその記事を見つけてもらえなかったら本末転倒!ということです(´・ω・`)

 

キーワードについても、自分の検索履歴を見ることをおすすめします。

大体の場合『玉ねぎ 大量消費』だったり『新宿 パフェ おすすめ』だったりと、

キーワード2語もしくは3語で検索していることがわかると思います。

 

『玉ねぎ』のキーワード1語だけで調べることってないですよね。

玉ねぎの何を知りたいの!?ってことになるので…w

 

『玉ねぎ 大量消費』の検索意図は、「玉ねぎが大量にあるから消費したい!」というもの。

『新宿 パフェ おすすめ』の検索意図は、「新宿でおいしいパフェが食べられるお店を知りたい!」というものですよね。

 

つまり、ユーザーの検索意図が明確に分かるようにキーワードを決めればよい!ということになります。

 

なので、自分の書いた記事を見つけてもらうためにも、どう~~~してもキーワードって大切なんですね!

ラッコキーワードをおすすめする猫のイラスト 【ブログのキーワードに困ったら】ラッコキーワードでキーワードを決める! キーワードプランナーの登録と使い方を書いたアイキャッチ 【2020年版】Googleキーワードプランナーの登録と使い方!【初心者向け】 Ubersuggestを使いブログのキーワードを決める女性 【ブログのキーワードを決める!】Ubersuggestの使い方!

 

見やすさ、読みやすさ

ブログの見た目や記事の読みやすさも、ユーザー視点から考えると重要な要素です。

 

配色が独特で目がチカチカする。

文字が小さくて行間がない。

 

こういうブログだと、来てくれたユーザーさんがなかなか長期的に滞在してくれたなかったり、

また読みに行こう!と思ってもらえなかったり…ということになってしまうので、

ユーザー視点から考えると見た目も大切な要素です!✧˖°

 

なので、自分がよく読みに行くブログや有名なブロガーさんのブログを分析してみるのがいいです。

よく読みに行く、有名=また行きたくなるブログ、人々からよい評価を得ているブログ

ということなので、よく訪問される=見やすい、読みやすいの宝庫ですよ✧˖°

 

内容を重視した書き方

ユーザー視点から考えるのと同じように、内容についても大切な要素があるんです!

どういうブログにしていきたいか…という点も、ここに含まれます(^^)/

 

専門性がある

専門性があるというのは、いわゆる特化型ブログの性質です。

稼ぎやすさでいけば特化型ブログの方に軍配が上がる!というのもよく見るブログ論のひとつですよね。

 

確かに、何かのことについて専門的に書かれていれば、

ユーザーからしても『このブログであれば、●●のことについてなんでもわかる!』となりますよね(^^)/

 

なので、例えば美白について調べたい方がいて、美白を専門に扱っているブログを見つけることができれば

その人にとって、そのブログは宝の宝庫!

 

あの記事もこの記事も気になる!読もう!ということになり、回遊率やそのブログの滞在時間も上がります♪

オリジナリティ

最近特に重視されているのがオリジナリティです。

 

もちろん正確な情報が大切、という点もありますが

オリジナリティがないと誰が書いても同じ文章になってしまいますよね。

 

事実だけを羅列したキュレーションサイト(まとめサイト)であれば、

その人がブログを書く意味がなくなってしまいます。

 

人間が書いているのだから、文章にも血を通わせる必要があります。

その人だからこそ書ける記事が、最近特に重要視されているんです。

 

同じものを食べてもその人それぞれの感想があり、

同じ商品を試してもその人それぞれの使用感がある。

同じ体験をしても、自分の中でその体験がどのようなものであったのか感じ方は千差万別です。

 

「あなただから書ける記事」をお待ちしております。

と言われると、少し気が楽になりませんか?(*^_^*)

 

何か専門的な知識がなくてもいい、人から驚かれるような経験がなくてもいい。

日常のことでも「自分はこう感じた」と誰かに伝えるメッセージがあり、

その記事がだれかに読まれて、そのメッセージが伝われば、それだけで良い記事と言えるんです。

 

オリジナリティが重視されている。

このこともブログを続けていきたい人にとっては、ありがたいことですよね♡

 

Googleさんは、キーワードや回遊率、滞在時間だけではなくブログの内容も見ているそうなので、

誰でも書けるような記事ではなく、自分だからこそ書ける記事、オリジナリティあふれる記事をどんどん更新していきましょう!

 

まとめ:個人でも雑記ブログでも、努力しつつ楽しく収益化を目指しましょう♪

いかがでしたでしょうか?

今回は、

  • ユーザー視点から考えた書き方
  • 内容を重視した書き方

上記の内容を二大柱に、改めてブログの良い記事の書き方をおさらいしてみました!

 

もちろんライティングスキルやキーワード選定スキルを磨くという努力は必要です。

ですが!!

 

オリジナリティが重要視されてきている…

個人でもこれからどんどんブログで戦っていけるということなんです!(`・ω・´)✧˖°

 

私も、わくにんのブログを読みに来てくれる方々を大切にしながら

これからもどんどんブログを書いていきたいと思いました!(*^_^*)♡

 

長文にも関わらず、ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です