現在リライト中心で更新しております!最近の更新記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

【毎日更新継続中!】ブログで1記事を1時間以内に書く方法!

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ)わくにんです!

突然ですが、皆さんはブログを1記事に書きあげるのにどれくらいの時間がかかりますでしょうか?

なかなか書きたいことが形にならず、PCの前で2~3時間…もしくはもっと時間がかかってしまう…なんてことはないでしょうか。

私は毎日記事更新を継続することで、記事のネタを探すのに少し時間がかかる…ということはあっても、書き始めたら大体30分~1時間以内で書き上げることができるようになりました。

そこで今回は、ブログの1記事を1時間以内で書く方法について私なりのやり方をご紹介しようと思います!

【わくにん流】ブログで1記事を1時間以内に書く方法!

記事のネタが決まればほぼミッションクリア

私にとっての最大の難関は、「何を書くかを決めること」。要は記事のネタを何にするかについてです。

記事のネタさえ決まってしまえば、頭の中もしくはノートなどの筆記用具を使って、書くことを組み立てていくことができます。

ブログを更新する上で、一度はネタ探しに悩んだことがあるのではないでしょうか?

特に、毎日更新者のブロガーさんだと「ネタ切れ!!」ということも起きると思います。

私もたまに

わくにん

ヤバい、何も書くこと思いつかん…!!

となることがあるのですが、そんな時は焦らずに自分との会話を開始。

以下の記事でご紹介している方法で、ネタを見つけることができています(*^_^*)

記事のネタに困ったら!〜ブログ記事のネタ探し✿

記事のネタさえ決まってしまえばあとは一気に内容を組み立てていきます!(`・ω・´)✧˖°

そのネタに関する結論はなにか

わくにん

よし、今回はこのネタに関する記事を書こう!

と決めたとき、実は、既に自分の中でその記事において何を結論とするのかというのも同時に決まっていたりします。

例えば、以下の記事は宅録における音質向上について書いた記事です。

【めざせ高音質!】私が宅録の音質を向上するために行っていること【挑戦は続く】

私は今までに宅録を行ってきた中で、いろいろと重要な要素はあれど、特に重要なのは「録音機材」と「部屋の環境(反響音防止)」という結論に至りました。

この結論を得たことで、この記事を書こう!と思ったのですが、ご覧いただくと分かるとおり「録音機材」と「部屋の環境(反響音防止)」の所だけ熱が入っているのがわかります…笑”

なので、この結論をお伝えすると共に他にも必要な要素をご紹介しているという形になっています。

結論はそのままタイトルにしてしまうことが多いです。

【幸せ用の席を用意!】執着心を捨てることで幸せが訪れる

こちらの記事は、タイトルの通り「執着心を捨てると幸せになる」というのが結論となっています。

なので、何を書くかネタが決まった時点で、「結論」と「記事タイトル」の2つが決まるということになります。

記事タイトルはSEO対策のことを考えて、なるべく検索されやすいキーワードに設定する工夫をしているのですが、どうしても自分が書きたい内容とキーワードが結びつかない場合、私は書きたい内容を優先してタイトルを考えちゃいます!

SEO対策的にはあまりよくないかもですが、自分の書きたい内容を変えてまでブログを書くのはちょっと自分のポリシーから外れちゃうかな、と思いますので(>_<; )

結論につなげるために内容を逆算していく

さて、前項までで以下の項目の内容が決まりました。

  • 記事のネタ
  • 記事における結論
  • 記事タイトル

次に、どうしてその結論に至ったのか自分の思考回路をスタートまで逆算していくという作業をします。

失敗談や経験談系の記事を書く時は、特に有効な手段となります。

例えば以下の記事も、結論をタイトルにしています。

【こういう人とは距離を置いて!】自分の人生を楽しくする方法✿

どうして「こういう人からは距離を置こうと考えたのか」自分が過去に経験したこと、ストレスになったできごと、疲れてしまったエピソード、そういったことを自分の中から探し集めます。

こちらも難しい作業ではないです。積もり重なったいろいろなできごとがあって「こういう人とは距離を置こう!」という自分の中での結論に至っているので、答えはすべて自分の中にあるんです♪

途中の内容を肉づけ

結論に至るまでの内容を集めることができたら、あとはそれぞれの内容に肉づけしていくだけです。

上記の例、「こんな人とは距離を置いて!」では、距離を置くべき人の特徴を5つ挙げています。

この5つの特徴について、具体的にどういう人なのか、密に関わっているとどうなってしまうのか、というのを私なりに肉づけしています。

失敗談や経験談を書く場合は、「私の時はこうだった」というエピソードを書くようにしています。

一般的な内容であれば、私でなくとも書くことができます。

私ならではの失敗談や経験談があるからこそ「わくにんのブログ」と言えるのかなぁ、と思っているので(*^_^*)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はブログの記事を1時間以内で書く方法をご紹介しました!

私がブログを書く時は本記事でご紹介した方法を実践していますが、こちらもブログをはじめてすぐにできるようになったというわけではありません。

やはり毎日記事更新をつづけていく中で、記事を書くための思考回路が鍛えられたのかな、と思っています。

レビュー系や自分で調べた系の記事についても、使ってみた感想だったり、自分で調べて知識になったことを書くという形なので、今回ご紹介した方法と同じように書き上げることができますよ(^^)/

ブログを頻繁に更新するというのは、慣れるまでなかなか大変かもしれないですが、習慣化してしまえばコチラのものです!

毎日ブログを書かないとウズウズしてしまうようになります( *´艸`)

習慣化できるまで、自分なりのペースで楽しく更新していきましょう♪

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です