現在リライト中心で更新しております!最近の更新記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

赤ちゃんがベビーベッドで寝てくれない原因を考えてみよう!

寝る赤ちゃんに寄り添う女の子のアイキャッチ画像

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ) わくにん(@wakunin89 )です!

 

子どもが産まれてベビーベッドを用意したのに、夜になるとまったくベビーベッドで寝てくれない…(´·ω·`)

ということはないでしょうか?

昼間はすやすやとベビーベッドで寝てくれるという場合、ベビーベッド自体の寝心地が悪いというわけではなさそうですよね(;^_^A

 

では、どうして赤ちゃんは夜ベビーベッドで寝てくれないのか?

 

今回は、ベビーベッドで寝てくれないわが子に悪戦苦闘している中で見つけた最高のアイテムをご紹介すると共に、どうしてベビーベッドで寝てくれないのか考えてみました(^^)/♪

赤ちゃんがベビーベッドで寝てくれない原因を考えてみよう!

ベビーベッドで眠る赤ちゃん

夜になるとベビーベッドで寝てくれないのはなぜ…!?

わが子、エブリデイ抱っこ寝

実はわが子(以下、わくベビとします♡)も産まれて病院を退院し、我が家にきてからというもの、一度も夜の時間帯にベビーベッドで寝たことはありませんでした…!!

 

具体的には、授乳クッションを使ってお腹の上あたりでなければ寝てくれない状態…。

いわゆる抱っこ寝です(´·ω·`)

 

「最初の頃は、人肌が恋しいのかな?可愛い奴め♡♡」と思って、お腹の上で寝かせていました。

ですが、毎日の3時間授乳で削られていく体力と度重なる睡眠不足。

加えてみるみる成長していくわくベビに、私と夫の体は限界寸前…!!

だってほとんど4キロのわくベビをお腹の上で寝かせたまま寝るんだぜ!お腹重いし痛いんだぜ!可愛いけどさ!

 

 

これはもうマジでベビーベッドで寝てくれないと、我々がもたんぞ!!!!(゜_゜)

 

 

と、ガチなトーンでわく夫(私の夫ですw)と相談した結果

「なぜ、ベビーベッドで寝てくれないのか?」

を真剣に考えてみるようになったのでした。

昼間はベッドですやすや寝るのに…

不思議だったのが、昼間~夕方はベビーベッドで寝てくれるのに、いざ大人たちが就寝する夜の時間帯に限ってベビーベッドで寝てくれないことでした。

 

これで、いかなる時もベビーベッドで寝てくれないのであれば

「あ、この子はベビーベッド自体が嫌いなんだな(^q^)」

と納得できたのですが、なにせ寝ないのが夜だけだったから…なんでや!!!!って感じでした。

 

そこで、昼間と夜間のちがいを考えてみたのです。

  • 昼間は大人たちが家事や作業しているので、物音がする(夜は静か)
  • 部屋が明るいか暗いか
  • 室内の温度(昼は日光が入って暖かい、夜は寒い?)

室内の温度についていえば、夜は暖房をつけたりスチーム式加湿器を使用したりしていたので、昼と比べてそこまで温度差はないはず…。

という感じで、ひとつずつ考察していったのですが、考察の過程であることに気づきました。

 

 

わくベビは抱っこがお好き(゜_゜)

 

 

いや、そんな文字大きくして強調することでもないんですけど、わくベビは夜間に抱っこしないと寝ないくらいに抱っこが好きなんです。

昼間にもぐずぐずしているときに、抱っこをした瞬間にご機嫌になったりすることもありました。

 

MEMO
わくベビに限らず、赤ちゃんはスキンシップが大好きで、特に抱っこは人肌のぬくもりを感じることができるから赤ちゃんも安心するそうです(*^_^*)

 

 

このことから我々夫婦は『夜はベビーベッドでは安心できないから泣くのでは?』という仮説を立てたのです…!

夜は安心できないから寝られない?

よく考えてみると、昼間は夫婦のどちらかが必ず近くでわくベビの様子を見守っている状態なのですが、夜は夫婦ふたりともベッドに入ってしまうため、わくベビからするとパパママの気配を感じることができなくなってしまっているんですね。

※ベビーベッドと夫婦のベッドは同室にあるのですが、少しだけ離れている。

 

昼間ベビーベッドですやすや寝てくれるのは、近くで作業なり家事なりしているパパママの気配を感じることができるから。

では、発想を逆転させると(逆転裁判大好きなんです私)……

 

 

パパママの気配を感じることができるのであれば、夜もすやすや寝てくれるのでは?

 

 

ということに気づきまして。

 

 

我々夫婦としては、「ベビーベッドで寝てほしい」というよりかは「抱っこしないでも寝てほしい」の気持ちの方が強かったので、

 

 

ベビーベッドにこだわらずに、わくベビが抱っこしないでも寝てくれる方法を考えるようになりました。

たどり着いたのが添い寝ベッド

そうしていろいろ考えた結果たどり着いたのが、添い寝ベッド(ベッドインベッド)でした!!

 

添い寝ベッド(ベッドインベッド)とは、大人たちが寝るベッドの中に赤ちゃんが寝る用のスペースを確保するためのものです。

↓こういうの!

大人のベッドの上にそのまま広げて使用することができるので、設置がめちゃくちゃ簡単!!(しかも折り畳みできるので超コンパクト!)

 

この添い寝ベッドを使用して、夜だけど近くにパパもママもおるんやで!と安心してもらうことができれば寝てくれるのではないかと…!!

早速添い寝ベッドを購入し、届いたその日に親子3人川の字で寝てみることに……。

 

久々に抱っこをしない状態で寝ようとしていること自体に、ある種の感動を覚えつつ…いざトライ!!!!

その結果は…!!!!

 

 

 

 

( ˘ω˘ )スヤァ…

 

 

 

寝たーーーーーーーー!!!!!!(´;ω;`)✧˖°

寝てくれました!!!!

抱っこ寝をせずとも!!ひとりで!!すやすやと!!

 

 

…いや。正確には寝つくまでに、抱っこしてウトウトするまであやしたんですけどw

しかも、まだ抱っこしているからね感を出すために、添い寝ベッドに横にした後もしばらく抱っこしたままの状態(右手をわくベビの下に置いたまま)でキープしたりしましたけどw

 

とにもかくにも、久々に自分のお腹にわくベビの重さを感じずに寝ることができて、翌日はめちゃくちゃ体の調子が良かったです…!!(´;ω;`)

誤解なきように言うと、わくベビは本当~~~~~に可愛いのですが、抱っこをしたまま眠りにつくのが体的にきついのです(むしろ眠れない)

 

 

わが子を近くに感じつつ、体が解放された状態で眠るのは本当に最高でした…!!(´;ω;`)✧˖°

 

ありがとう添い寝ベッド!!!!(´;ω;`)✧˖°

 

折りたたみ可能だから簡単収納で持ち運びもらく!

私たちが購入した添い寝ベッドは折りたたみ可能なタイプであったため、使わない時は簡単に収納できますし、帰省する際や旅行先でも使うことができるので大変便利なタイプでした!

帰省先や旅行先に赤ちゃん用のベッドがあるとは限らないですしね!(ホテルによってはあるかもしれんが!ちなみに私の実家にはない!)

 

また、折りたたむ場合もファスナーをしめればよいだけなので、とても簡単なんです♪

折りたたんだ後は、少し大きめのカバンのような見た目になるのですが、サイドポケットがついているのでちょっとした物をいれることも可能…!!✧˖°

そんなに重たくもないので、帰省先や旅行先でも重宝しそうです!

買ってよかった添い寝ベッド!!!!(´;ω;`)✧˖°

まとめ:ベビーベッドで寝ない原因を考えることで問題解決の糸口に!

いかがでしたでしょうか?

今回は、ベビーベッドで寝てくれないわが子に悪戦苦闘している中で見つけた最高のアイテムをご紹介すると共に、どうしてベビーベッドで寝てくれないのか考えた結果をお届けしました。

 

 

我が家では、ベビーベッドで寝ない原因を考える過程で、ベビーベッドで寝ないことよりも抱っこしないと寝てくれないことに問題点が移り、そこから問題解決の糸口をつかむことができました。

ベビーベッドで寝ない原因を考えることで、ベビーベッドで寝てもらうにはどうすればいいか具体的な行動に移ることができます。

また、我が家のように問題解決のために別の方法を思いつく可能性もありますよ!

 

ベビーベッドで寝てくれない原因は、個々の家庭によっても異なるはず。

まずは、なぜ赤ちゃんがベビーベッドで寝てくれないのか、家族全員の知恵をしぼって考えてみましょう!!

そうすることで、必ずベビーベッドで寝てくれない問題を解決することができます!✧˖°

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です