現在リライト中心で更新しております!最近の更新記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

赤ちゃんがいる家は布団とベッドどちらが良いのか?【わが家の場合は布団でした】

整頓されたベッドのアイキャッチ画像

こんにちは(ฅ`ω´ฅ) 上京してからずっとベッド派なわくにん(@wakunin89 )です!

 

突然ですが……布団派ですか?ベッド派ですか?

私は上京してからというもの(といってもまだ数年だけど(^q^))ずっとベッド派でした。

 

実家に住んでいた時は、小学生の時はベッドだったものの、そこから先はずっと布団だったんです。

なので、ベッドに対する憧れのようなものがあったのかもしれません。

 

ですが、ここにきてベッドを卒業し、布団生活に行こうすることを決意しました!!

そんな胸を張って言うことじゃないですけどw

 

なぜかというと、わが子が誕生したからなんですね。

 

「え?子どもが産まれたからベッドから布団にするの?なんで?」

と思われるかもしれませんが、子どもがいると、生活環境も一変するんです…!!

 

今回は、赤ちゃんがいる家はベッドと布団どちらがいいのか?

それぞれのメリットとデメリットを比較しながら、考えをまとめていきたいと思います!

赤ちゃんがいる家は布団とベッドどちらが良いのか?

開いた本が置かれたベッド

あなたはベッド派?布団派?

はじめに

赤ちゃんがいる場合、赤ちゃんが寝る方法としては以下の3つがありますよね。

  • ベビーベッド
  • ベビー布団
  • 親と同じベッド&布団

……なんですが。

わが家では親と同じベッド&布団を選択しています。

詳細は以下記事からどうぞ!↓↓

寝る赤ちゃんに寄り添う女の子のアイキャッチ画像 赤ちゃんがベビーベッドで寝てくれない原因を考えてみよう!

 

で、赤ちゃんにどこで寝てもらうかについても一つ記事が書けそうなのですが、今回は赤ちゃんにどこで寝てもらうか…という内容ではなく…。

本記事は、あくまでも赤ちゃんがいる家はベッドと布団どちらがいいか?を検討している記事となります!

ベッドのメリットとデメリット

では、早速ベッドのメリットとデメリットを見ていきましょう!(^^)/

ベッドのメリット

  • 親も赤ちゃんもハウスダストを吸い込む心配がない
  • ベッド下収納を利用できる
  • 布団のように毎日敷いたり畳んだりしなくてもよい
  • 起き上がる時の負担が少ない

赤ちゃんがいることを考えると、ベッドの一番のメリットはハウスダストを吸い込む心配がないことですよね。

ハウスダストは床から30cmのところを舞っているため、ベッドの高さであれば睡眠中にハウスダストを吸い込むことがありません。

 

また、赤ちゃんが産まれると何かとベビー用品が増えることもあり、ベッド下を収納として利用できるのもいいですよね。

夜中の授乳後、朝に布団を畳まなければならない…ということもなく、起き上がる時は座った状態で起き上がれるので、体の負担も少ないです。

ベッドのデメリット

  • 部屋が狭くなる
  • 万年床になる
  • 干したり洗ったりできない
  • ベッド下の掃除がしづらい
  • 寝る時、横幅が気になることがある
  • 簡単に買い替えできない

ベッドのデメリットは何といっても部屋が狭くなってしまうことです。

 

また、万年床になることや布団のように干したりすることもできず、衛生面が少々気になりますよね。

 

ベッド下の掃除がしづらいことも難点です。

ましてやベッド下収納を利用していると、ますます掃除しづらくなり、ベッドの下がえらいことになりますよ(^q^)(経験談w)

 

私見ですが、家族一緒になって寝る場合、ベッドの横幅が気になることがあります。

元々の家族構成でベッドフレームやマットレスを用意しても、家族が増えることで当然一人分のスペースは狭くなります。

壁側の人はより一層窮屈に、通路側の人はより落下の危険性が高くなります…!

 

だからと言ってベッドフレームとマットレスを簡単に買い替えることはできないですよね(;^_^A

最初からキングサイズやクイーンサイズのベッドを買って、そのベッドが入るお家だったらいいですが!!\(^o^)/

布団のメリットとデメリット

続きまして、布団のメリットとデメリットを見ていきましょう!

布団のメリット

  • 布団を畳むことで部屋のスペースを確保できる
  • 干す&洗う&クリーニングで清潔に保つことができる
  • 布団が敷いてあるスペースも掃除できる
  • 買い替えが楽
  • 横幅をそこまで気にする必要がない
  • 生活にメリハリができる

布団の最大のメリットは、布団を畳むことで部屋のスペースを確保できることですよね。

このため、多くのミニマリストの方が、布団を愛用しているようです。

 

布団を干したり洗うことで布団自体も清潔に保てますし、布団が敷いてある場所も簡単にお掃除できます。

ベッドの場合、買い替えるとなるとベッドフレームとマットレスの両方が必要になりますが、布団の場合は敷布団かマットレスだけでOKで経済的です。

 

布団からはみ出してしまったところで、落下する危険性はないので安心して眠ることができますよね。

また、毎朝布団を畳むのは少し大変かもしれませんが、朝と夜のメリハリをつけることができるというのはメリットと言えるでしょう。

わが家が出した結論、その理由とは…!?

上記のように、ベッドと布団のメリットとデメリットを検討した結果…

私たち夫婦が出した結論は、

 

「ベッドから布団に切り替えよう!!( •̀ω•́ )✧ 」

 

でした。

ハウスダストのことを考えると、確かにベッドの方が安全かもしれません。

ましてや小さい子どもがいるのに、布団にするのか…?という迷いがあったのも事実。

 

なんですが。

デメリットのところでも少し触れましたが、ベッド下の掃除のしづらさが本当にハンパなくて、なんならベッドの方がハウスダスト蓄積していってない!?という感じなんですよね(;^_^A

 

また、布団にすることでスペースを確保したいというのもあります。

 

元々現在のお家は夫婦ふたりで引っ越してきて、ふたりであればちょうど良い広さでした。

ですが、子どもが産まれて、今後ハイハイしたり歩き回ったり、遊んだりするにはあまりにも狭すぎる!!(^q^)

 

子どもを歩かせたい、遊ばせたい、そのためにわざわざ公園行ったり区などがやっている児童センターみたいなところに行くのか?(´·ω·`)

このコロナのご時勢に?(´·ω·`)

という感じで、日中子どもが活動するためのスペースを考えると、どうしてもベッドでは厳しいというのが実情でした。

赤ちゃんとの生活で変わることとは?

また、ハウスダスト吸い込みのリスクは高くなるものの、こまめに掃除することでそのリスクをある程度抑えることができるのでは?という考えもありました。

 

「そんなにこまめに掃除する?」

と思われるかもしれませんが、断言します。

 

掃除します。

 

冒頭でも触れたように、子どもがいると生活環境が一変します。

具体的に言うと、子どもの服や子ども用のタオルはこまめに洗濯するようになりますし、哺乳瓶などもこまめに洗って消毒します。

 

つまり、赤ちゃん関係については、『こまめに』やるようになるんですね。

私のようなズボラ人間でも変わったくらいですから!!

なんたって、大事なわが子の健康面に直結するからね!!

 

なので、

布団にすることでハウスダスト吸い込みのリスクが上がるだと?

では、掃除しよう。掃除しようじゃないか。

という心持ちなわけです。

 

子どものために、家の環境を清潔に保とう!と思うパパママは多いハズ!

まとめ:住環境や生活スタイルに合わせてベッドor布団の選択を!

いかがでしたでしょうか?

今回は、赤ちゃんのいる家ではベッドと布団どちらがいいのか?

ベッドと布団のメリット・デメリットを比較検討してみました。

 

あくまでも、布団という結論に至ったのは、わが家でのことです。

同じようにベッドと布団のデメリットを比較検討した結果、ベッドを選択される家庭もあるかと思います。

 

最終的に、どちらを選ぶかはパパママ次第。

ぜひ、自分たちの住環境や生活スタイルに合わせて考えて、自分たちや子どもにとってベストな方を選択してしてくださいね(*^^*)

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です