Twitterはコチラ

潜在意識とは?

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ)わくにんです!

今回は、私の別の記事でもちょいちょい登場している潜在意識について説明していきたいと思います。

潜在意識と聞くと、スピリチュアル?と考える方もいらっしゃるかもしれないですが、実は私たちの超身近にあるものなので、そこまで身構えなくても大丈夫(*^^)v

気軽な気持ちでサクッと読んでみてくださいね!

潜在意識の概要

潜在意識とは、読んで字のごとく私たちの中に潜んで存在する意識です。無意識という表現の方がなじみがあるかと思います。

潜在意識に初めて注目したのは、精神分析学を創始したオーストラリアの精神科医ジークムント・フロイト(1856-1939)とされています。

潜在意識の逆は顕在意識で、潜在意識とは異なり外部に表面化している意識、私たちが日常で「やろう!」と表に出している意識がこれに該当します。

顕在意識が全体の意識の5-10%を占めているのに対し、潜在意識は残りの90-95%を占めているんです。

よく潜在意識と顕在意識の説明の際に使用される図が氷山の一角の図です(^^)/

水面上に見えている部分がほんのわずかでも、実は水面下ではかなり大きいというものですね。

潜在意識の働き

では、潜在意識が私たちにどのような影響を及ぼしているかというと、主な働きがこちらです。それぞれについて簡単に説明します。

  • 習慣、癖
  • 過去の経験、思考パターン
  • ひらめきや直感
  • 生命維持

習慣、癖

この二つは潜在意識の働きの中で特になじみ深いものですよね。例えば、食事をしたら歯を磨く。寝るときに横になったら毛布なり布団なりを自分の体の上にかける。

当たり前のことすぎて「え?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私たちが何も考えずにこれらの行動ができるのは潜在意識のおかげです。

寝るときに、「よし!横になった!さぁ、布団を自分の体の上にかけるぞ!」と意識しないでもやってますよね?

それは無意識(=潜在意識)の内にやっているということです(^^)/

なので、習慣にしたいことも潜在意識に刷り込ませることによって自分の意思とは関係なしに行うことができる(=自動化できる)ようになるんです。

良い習慣であればぜひ自動化したいですよね♪

過去の経験、思考パターン

過去の経験や思考パターンも潜在意識に眠っているものです。例えば、過去に誰かに恋をしてとにかくしつこくアプローチした結果、酷いフラれ方をしたとします。

そうすると、潜在意識の中で「ふむふむ、しつこくアプローチするとこのように酷い目に遭うのか」という経験が蓄積され、そこから「好きになってもしつこくアプローチはしない」という思考パターンが生まれます。

これと同様、「私人見知りなので…」というのも潜在意識ですね。内向的が外交的かというのは赤ちゃんの時点である程度判断できる(※)そうですが、内向的=人見知り ではないですよね。

※赤ちゃんがいるところで何かの音を立てた時に、音の方を向く子は外交的な傾向があり、顔をそむける子は外交的な傾向があるそうです。

なので、自分のことを人見知りだと考えている方は、過去に初対面の人とうまく話せないことが続いたもしくは何らかの失敗をしたことにより、自分=人見知りというレッテルを自分自身で貼っているのです。

ひらめきや直感

ひらめきや直感も「よし、ひらめこう!」と思ってひらめけるものではないですよね。

なので、突然のひらめきや直感も潜在意識の為せる技です。

過去の経験の蓄積も相まって「そうだ!前に見たアイディアを今回の企画に活かせそうだ!」とつながったりするんですね(*^^)v

他にも虫の知らせや嫌な予感も潜在意識が関係しているとされています。

生命維持

生命を維持する上でも潜在意識は重要です。例えばですが、「心臓よ動け!とまれ!」というように、自分の意思(=顕在意識)で心臓を操作することってないですよね。

私たちが何をしなくとも、無意識で体の臓器は動き、血液が流れることで私たちは生命を保つことができます。

なので私たちが生活している上で表立ってはいない意識が関わるものはすべて潜在意識によるものなのです。

夢占いなんかも、その時に見た夢が潜在意識からのメッセージであるという言い方をしますよね。

顕在意識との関係

引き寄せの法則、というのを聞いたことがある方はいらっしゃいますでしょうか?あの法則もまさに潜在意識が関係しているものです。
法則の詳しい内容や実践方法等は関連書籍が多数出ているので、ぜひ読んでみてくださいね(*^_^*)

前項、潜在意識の働きについてのご説明で人見知りの例を挙げたかと思います。

あれは、潜在意識に「自分は人見知りだ」と深く刷り込んでしまったがために、実際に表面化する顕在意識でも「あの人誰だろう、初対面の人はこわい。話しかけないでおこう」となってしまっているのです。

つまり、潜在意識で強く考えてしまっていることは、その潜在意識に引っ張られて外部にも表面化してしまうということなんですね。

これって実はかなりこわいことじゃないですか?(;^_^A

「このプロジェクト成功させるぞー!」と表面化していても、潜在意識で「こんな大規模なプロジェクトうまくいくわけない。絶対失敗する」と思っていたら潜在意識に引っ張られて失敗してしまうということなんですよね…。

人間は、実際にその物事が起きてしまったときに、自分へのダメージを軽減するために物事を悪く考えておくということをしがちです。

できれば悪く考えるのはやめたほうがいいですが、どうしても考えてしまうという方は、その物事に対しては予めどのように対処するかを考えておくと良いと思います。

そうすることで、何か起きても対処できるから大丈夫!うまくいく!という風に思考を転換できますよね。

そして、潜在意識でマイナスなことを考えているとそれが表面化するということは、逆を言えば潜在意識にプラスなことを刷り込むことで、それも表面化できるということなんです♪

これを利用しない手はないですよね!

現に、成功しているアスリートや実業家は日頃から自分が成功している様子をイメージしているそうです。有名なところでいくと、イチロー選手ですね(*^_^*)

大人になっても忘れたくない! イチローが少年野球時代に最も意識したこと

こちらの記事に、

スポーツの現場で活用されているイメージトレーニングはいまだに私たちを成功に導く強力なスキルである。五感を総動員して頭の中で成功のシーンをリハーサルしておけば、本番でうまくいく確率が高くなる。

という記載があります。日々の訓練をきちんとした上で、自分は本番でかならずうまくいく!と潜在意識に刷り込んでいる様子が書かれています(*^^)v

日頃から自分が成功するイメージ、幸せに生活しているイメージを考えることを習慣にして、プラスな要素を潜在意識に刷り込んでしまいましょう!

少しずつ、人生があなたの思っていた方向に進んでいくはずですよ♪

まとめ

今回は潜在意識についてまとめてみました!

潜在意識=スピリチュアル的な内容と思われがちですが、実は私たちのとても身近にあるものということをご紹介できたかと思います。

潜在意識は人生を幸せにしていく鍵のようなものなので、ぜひご自身の味方につけて生活していきたいですね♪

今回もここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です