現在リライト中心で更新しております!最近の更新記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

陣痛タクシーとは?登録方法と利用方法を説明します!

タクシーのアイキャッチ画像

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ) わくにん(@wakunin89 )です!

突然ですが、陣痛タクシーというものをご存じでしょうか?

陣痛が起きて出産間近の妊娠ママさんにとって、とーーーーってもありがたいサービスなんです✧˖°

 

私自身、妊娠後期を迎えるまで陣痛タクシーというサービスを知らなかったのですが、

調べれば調べるほど、これは利用しない手はない!というほど素晴らしい内容だったので、

早速登録してしまいました!\(^o^)/✧˖°

 

今回は、ぜひ妊娠ママさん達にご活用いただきたい便利なサービス、

陣痛タクシーについてご紹介いたします!(^^)/

 

陣痛タクシーとは?登録方法と利用方法を説明します!

自家用車がないご家庭は登録必須!✧˖°

 

陣痛タクシーとは?

陣痛タクシーとは、その名の通り陣痛が起きた時に利用できるタクシーのことです。

いろいろなタクシー会社が陣痛タクシーのサービスを提供しており、事前登録が必要となります。

 

タクシー会社によって対象地域が異なるので、お住いの地域および分娩病院が対象地域となっているか、

事前登録をする前に、タクシー会社へ確認する必要があります。

 

といっても、インターネットでタクシー会社の情報を検索すれば対象地域の確認が行えますし、

事前登録もインターネットで行うことができます( *´艸`)♡

注意
登録完了までタクシー会社によって時間がかかることがあるようなので、早めの段階で事前登録をしておくことをおすすめします!

 

陣痛タクシーのメリット

陣痛タクシーのメリットは以下の通りです(^^)/

  • 24時間365日対応
  • 陣痛時の送迎講習を受けたドライバーが対応
  • 自宅や分娩病院への道案内が不要
  • 破水などでシートを汚してしまってもクリーニング代不要
  • 妊娠時の買い物や退院時にも使用可能

 

特にありがたいのが、事前登録制であるため道案内が不要であることと、

万が一シートを汚してしまったとしてもクリーニング代が不要、という点ではないでしょうか…!✧˖°

 

病院へ付き添ってくれる家族がいれば、道案内をお願いできるかもですが

もしも自分ひとりで病院に向かうことになった場合、陣痛の痛みに耐えながら道案内はけっこう厳しいですよね…(;^_^A

 

また、シートについても「汚してしまったらどうしよう…」とハラハラすることなく、

ゆったりとした気持ちで病院に迎えるのがいいですよね!(^^)/♡

 

24時間365日対応で、陣痛時の送迎講習を受けたドライバーさんが来てくれることも

妊婦さんにとっては大変安心できる内容だと思います♪

 

陣痛タクシーという名称ではあるものの、妊娠時の買い物や退院時に利用できるというのも便利ですよね( *´艸`)♡

 

利用料金は?

タクシー会社によって異なりますが、お迎え料金(500円未満)+メーター料金というシステムがほとんどです。

注意
深夜・早朝(22時~5時)の場合、通常のタクシー同じく料金が割増となる会社が多いのでご注意ください!

詳細については各タクシー会社のサイトで情報をご確認ください✿

 

タクシー会社によっては、地域から配布される補助券やこども商品券を使用することもできます!✧˖°

MEMO
◆地域から配布される補助券の例◆

品川区内共通商品券、港区スマイル商品券、中央区出産支援祝タクシー利用券、杉並区ゆりかご券、世田谷区子育て利用券など

せっかくいただいた補助券なので、使える時に使いたいですよね( *´艸`)♡

お住いの地域で配布された補助券が使えるタクシー会社がないか、確認してみることをオススメします♪

 

利用できる地域は?

47都道府県すべてを確認したわけではないですが、全国ほとんどの地域で陣痛タクシーのサービスがあるようです。

MEMO
北海道、青森県、群馬県、東京都、石川県、奈良県、広島県、愛媛県、鳥取県、沖縄県には陣痛タクシーのサービスがあることを確認しました!

 

タクシー会社によって対象エリアが異なりますので、お住いの地域で陣痛タクシーサービスを利用できるか確認してみましょう(`・ω・´)✧˖°

 

陣痛タクシーの登録方法

タクシー会社やタクシー協会などの公式ページに用意されている登録フォームから登録を行います。

 

入力する項目はだいたい下記の通りです!

  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • 出産予定日
  • 分娩病院
  • 緊急連絡先
  • お迎え時、どこに車を停めればいいか

ここで事前に自宅住所や分娩病院を登録するので、道案内が不要となるんですね♪

入力自体は3分ほどあればすぐに完了するので、妊娠週が進む前にパパッと登録しておくと良いですよ(^^)/

 

陣痛タクシーの利用方法

では、実際に陣痛タクシーを使う場合、どのように利用すればよいのでしょうか?

いざ陣痛!となった時にあせらないように、事前に流れを確認しておきましょう!(`・ω・´)

 

STEP.1
お産の兆候
破水、おしるしなどの兆候や陣痛を感じたら、まずは病院に連絡して指示を仰ぎます。
STEP.2
陣痛タクシーに電話

病院から来院するよう指示があったら、陣痛タクシー登録時に案内された番号に電話をして、タクシーに迎えに来てもらいましょう。

STEP.3
タクシー会社からの確認やお知らせ
陣痛での利用か、付き添いの方がいるか、破水しているか、病院には連絡済みで病院からの指示を仰いでいるか、荷物はあるかなどの確認が行われ、到着予定時刻が伝えられたり、念のためバスタオルなどを用意するよう指示があります。
STEP.4
陣痛タクシーの到着を待つ
予め登録しておいたお迎え場所にて、陣痛タクシーが来るのを待ちます。
STEP.5
病院へ
陣痛タクシー到着後、荷物がある場合は荷物を乗せてもらい、病院へ向かってもらいます。

タクシー会社からの確認事項の内容は、タクシー会社によって異なりますが、どれも落ち着いて回答すれば問題ない内容なので

陣痛が起きているからといって、あわてずイライラせず、ゆとりをもって対応しましょう!

 

まとめ:便利な陣痛タクシーサービスをぜひ利用しましょう!

いかがでしたでしょうか?

今回は、陣痛タクシーサービスについての概要やメリットなどについてご紹介しました!

 

自家用車があり、運転してくれる方もいるのであれば不要のサービスかもしれませんが、

自家用車がなかったり、万が一運転してくれる方がいないタイミングで陣痛が起きてしまった場合などに備えて

陣痛タクシーを事前登録しておくことをオススメします!✧˖°

 

備えあれば憂いなし、です( *´艸`)♡

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です