現在リライト中心で更新しております!最近の更新記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

職場でのコミュニケーションの取り方

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ)わくにんです!

私はよく職場の方から「コミュニケーション能力がある」「人当たりが良い」という評価をいただきます。

ですが、私は幼少時代に友人関係に苦労したことがあったせいか、その時のネガティブな側面がまだ自分の中にも残っていると考えており、自分的にはそこまでコミュニケーション能力があるとは考えていません。

ただ、職場でコミュニケーションを図るうえで自分なりに意識していることがあり、職場の方からコミュニケーション能力があるという評価をいただけるのは、この意識して行っていることが影響しているのではないかと考えました。

そこで今回は私が職場で実践しているコミュニケーションの取り方について、共有していきたいと思います(*^_^*)

どれも簡単なことなので、ぜひ試してみてくださいね!

コミュニケーションを図る上で意識していること

挨拶は必須

これは仕事をする上で基本的なことですが、職場での挨拶は必ず行っています。

出勤時には「おはようございます」、勤務時間中に廊下ですれ違う方がいらっしゃれば「お疲れ様です」、退勤時には「お先に失礼します」「お疲れ様でした」という具合です。

そんな当たり前のこと?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、案外できていない方もいらっしゃるんですよ(>_<; )

特に最近はワイヤレスイヤフォンで音楽を聴きながら出勤されたりする方もいるのですが、朝お手洗いでお会いした方に挨拶をしても帰ってこず、おや…?と思ったところ耳にイヤフォンが入っていたということもよくあります。

コミュニケーションが苦手な方やあまり人と関わりたくない方なのかもしれませんが、いずれにしろ、挨拶をしても返ってこないと「この人には挨拶しない方が良いのかな?」と思われてしまいます。

一度そう思われてしまうと、なかなか会話の取っ掛かりが掴めず、コミュニケーションを取ることが困難になるのです。

逆に、挨拶を自分から積極的に行うようにしておけば「この人は話しかけやすい人だ」と思われやすいですし、挨拶から始まり「今日は寒いですね」「今夜雨が降るそうですよ」という会話にもつながりやすいです。

なので、挨拶はいつの世もコミュニケーションの基本であるということを覚えておくとよいと思います(*^_^*)

笑顔を忘れずに

これも基本と言えば基本なのですが、人と会話する時はなるべく笑顔を心掛けた方がよいです。

もちろん悲しい話題の時に無理に笑う、という意味ではなく、あくまでも職場の人と話す時は仕事の話や世間話をすることが専ら多いと思いますし、ある程度仲良くなってきたら多少プライベートな話もすると思いますが、

いずれにせよムスっとした顔、つまらなそうな顔をしている人とはあまり話したいと思わないですよね?(;^_^A

なので自分が不愛想な人と思われないように、笑顔とまでは言わないまでもマイナスな印象を与えてしまう表情は避ける方がベターです。

私もこのように書いていますが、私自身も何かに集中していたり、油断するとすぐむぅ…っと顔になってしまうんですよね(>_<; )

なのでなるべく口角を上げるということを意識的に行うようにしています。

挨拶をした時、何かの会話をする時に笑顔の人ってやっぱり一緒に話していて気持ちがよいものです。

なので、笑うのは苦手という方もいらっしゃるかと思いますが、まずは口角を上げようという意識から始めてみてください。

これだけで印象もだいぶ変わると思いますよ(^^)/

観察して会話

この一言だけ書くと誤解が生まれそうですが、実は私は人と話す時に結構観察しています。

上記までにご紹介した挨拶・笑顔をクリアすることができれば、コミュニケーションを取るために必要になってくるのは会話です。

会話をすることで、その人の人となりもわかりますし、会話をしてコミュニケーションを取るようにすることで、仕事もしやすくなります。

仕事の案件も相談しやすくなりますし、お互いにお願いできそうな業務はお願いして効率化を図っていくこともできるんですね。

そうすると仕事のパフォーマンスもあがるので、一石二鳥です。なので、コミュニケーションが取れないよりかは、取れる方が絶対得です。

観察して会話する方法、実は結構いろいろ応用が効くので私の中ではかなりオススメです(*^_^*)

ただ、詳しく書くとそれだけで膨大な量になってしまいますので、詳細については別記事にまとめたいと思います。

簡単な一例を出すと、その人が身につけている物を観察し、感想を伝えます。

別の部署に書類を持って行ったところ、受け取ってくれた女性が可愛いネイルをしていたので、「そのネイル可愛いですね!」と伝えたところ「ありがとうございます!」とすごく喜んでくれて、それを取っ掛かりにお手洗いで会うとお話しするようになりました。

残念ながらその子は退職してしまい寂しくはありましたが、私の中ではちょっとしたことから仲良くなることができた一例だなと自分で思っています。

このように、その人を観察することで会話の取っ掛かりをつかむのは結構有効です♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、職場でのコミュニケーションの取り方についてまとめてみました。

最後の項目、観察して会話することについてはもう少し詳しく書きたいと思っておりますので、その記事をご参照いただけますと幸いです。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です