現在リライト中心で更新しております!最近の更新記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

相手に伝わる話し方

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ)わくにんです!

日常生活や仕事中、相手と話している際に話し相手から「え?」と聞き返されてしまった経験はないでしょうか?

実はそれ、油断した時の私自身だったりします(;^_^A

私の地声は鼻にかかっていて、少しこもった感じがする声です。そのおかげでマイクを通すと特徴的な声、個性的な声という評価をいただけています。

ですが、マイクを通さない普段の会話の時は油断をすると上記の通り話し相手から聞き返されてしまうことが割とあります…

そこで今回の記事では、私が会話をする際、相手に伝わるよう心掛けていることをご紹介したいと思います。

すきなところにジャンプできるもくじ

口を開ける

当たり前のことではありますが、実は重要なことです。私自身、聞き返される際は口先でぼそぼそっと喋っていたということがよくあります。

人は会話するとき、話し手が発した音だけではなく、話し手の表情や口の開け方で、話し手が言わんとしていることを総合的に理解します。

実際、マスクをしている人と話している時、少しだけ聞き取りにくいと感じたことはないでしょうか?

あの現象はマスクで口をふさがれているので物理的に発せられる音が小さくなっていることに加え、どういう口の開け方をしているのか、どういう表情をしているのかがマスクによって判断できないため起きるのです。

音という聴覚情報と、口の開け方・表情という視覚情報が相手に伝えるうえで重要な情報であるということです。

この考えはメラビアンの法則というものを基に、私が意識し始めたことです。
※メラビアンの法則については別の記事でご紹介したいと思っております(^^)/

とにもかくにも、口を開けてはっきりと単語を言おうと意識すること。これだけで相手への伝わり方は変わってくると思いますよ。

声を響かせる

プロのボイストレーナーや、俳優や声優の養成機関で発声方法を学んだ方はなじみやすい表現なのですが、特に発声方法を学んだことがない方は「なんのこっちゃ?」と思われる方も少なくないと思います。

人間の体も楽器と同じです。喉にある声帯という筋肉が声を震わせ、響かせているのです。つまり、人間も楽器と同じ原理で声という音を発しているというわけです。

実際は声帯が声を出すうえで大きな役割を担っているのですが、その声帯で震わせた声を体のどの部分に響かせて外部に音を発するかを意識するだけで、音の響き方が変わってきます。

例えば、前項で私は口先でぼそぼそっと喋っていたという表現を使いましたが、このように唇にだけ音を響かせようとすると唇の前部分にしか音が発することはできず、当然聞き取りにくい声、ということになってしまいます。

相手に伝えたい場合は、鼻孔より少し上、目の下あたりの広範囲に声を響かせる意識で話すとよいです。

そう意識するだけで、声を前面の広範囲に響かせようとするため、音の響き方が変わってきます。

はじめは意識しづらいかもしれないですが、唇だけに響かせようとする場合と鼻腔より少し上の辺りで広範囲に響かせようとする場合に、音の出方がどうちがっているのかを試してみてください。

私も聞き返されてしまった時は、よく「広範囲に響かせる」を意識的に行い、聞き返されることを防止しています。

相手に届けるイメージ

こちらもよく発生を学ぶときに言われることですが、声のベクトルを意識して相手に届けるイメージをすることが大切です。

すぐ近くにいる人と話すときに大きな声では話さないでしょうが、遠くにいる人を呼ぶときに案外そのベクトルをイメージできずにその方に届いていない、という場面を日常生活でたまに見かけます。

相手に届ける!というイメージが明確にできあがっているからこそ、その人への的確な発信ができるのではないかと思います。

もちろん、すぐ近くにいる人と話すときも同じです。大きな声で話す必要はないからと油断していると相手に届けるという意識が薄れてしまい、たとえすぐ近くに相手がいても聞き返されてしまうということが発生します。

なので、たかがイメージじゃないかとバカにせず、ぜひ今話しているこの人に届けたいんだという気持ちを忘れずに会話をしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は日常生活や仕事で会話をしている際に、聞き返されてしまうことがあるという方向けに、どうやったら相手に伝わるかをご紹介いたしました。

今回の記事は発声方法からのアプローチで執筆しているため、記事内で少しだけ触れたメラビアンの法則のようなビジネス心理学を掛け合わせることで、より明確に相手に伝わりやすくなるかと思います。

また、発声方法についても私がプロのボイストレーナーや養成機関、ワークショップで学んだことをご紹介したいと考えておりますので、ぜひまたお読みいただけると幸いです!

今回もここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です