現在リライト中心で更新しております!最近の更新記事は『おすすめの記事』からどうぞ(ฅ`ω´ฅ)

日記10年以上継続!習慣化のコツ✿

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ) わくにんです!

今回は、高校2年生の時から10年以上日記を書き続けている私が、どうしてそんなに日記を続けることができたのか、私が現実に実践したことをまとめていきます。

まず、何かの習慣化をしようと考えている方に向けて私なりの結論を先にお伝えします。

✤習慣化のためにひつようなこと✤
・目的を明確にする
・ハードルを下げる
・行動を大切にする

目的を明確にする

そもそもなぜ私は日記を書きたいと思ったのか。それは、「自分が書いた日記を将来読み直したい」と思ったからです。

写真は思い出を残してくれますが、その時の自分の感情までは残してくれません。

私がその日その時何を思ってどんな行動をしたのか、後から読み返したいなと思ったのです。

ある種のタイムカプセルのようなものかもしれないですね。

目的を明確にすると、自分が怠けそうになった時に抑止してくれる効果がありますし、

そもそも自分が決めた目的なのですから、達成してやるぞ!!という気持ちになります。

ハードルを下げる

今でこそB5のノートに最低1ページは書くというルールがありますが、

はじめた時はこういったルールは定めておらず、「とりあえず気が済むまで書く」という自由な感じにしていました。

始めた時はよーし!今日も書くぞ!と意気込んでずいぶん書いたものです。

ですが、日記を書きつづけていると日に日にマンネリ化してきます。

日記を書き始めた高校2年生といえば、学校があり、部活があり、部活が終わったら家に帰ってご飯たべてお風呂入って寝る。

こうした、ほぼ決まりきった生活を送っていたため、目新しいことがない限り「書くことない…」となってきます。

でも、そこで書かないという選択肢を書くと今まで積み上げてきたものが台無しになってしまいます。

そこで自分で初めて決めたルールが「とりあえず一言」「一行だけでもいい」というものでした。

こうすることで随分楽になりました。このルールはずいぶん続き、大学の時には実際3行で終わっている日もあります、笑”

3行で終わっているこの日は何があったんだ!?と逆に気になりますが、

勉強やバイト、友達との遊びなど様々な誘惑があった中、よく続いたなとも思います笑”

行動を大切にする

私は『書く』という行為を大切にしました。

へとへとに疲れ果てていて眠い、泥酔している、そんな状態でも日記は書きました。

正直なところ、こういう状態の時に書かれた日記は何が書いてあるかさっぱり読めません、笑”

それじゃあそ後から振り返るために日記を書きたいと言っていた目的を達成できていないじゃないかとツッコミが入りそうですが、

私は「書かなくてもよい日」を作りたくありませんでした。

一度「こういう日は書かなくても大丈夫」という日を作ってしまうと、それに甘えるようになります。

「今日はバイトが忙しくて疲れた」「会社の飲み会だったし今日はいいか」

そんな言い訳を作って日記を書かなくなる日が増えていくのは目に見えていましたから、心を鬼にして自分自身を日記に向かわせました。

あくまでも『日記を書くという行動』を徹底したのです。

…と、まるで自分をストイックな人間のように書いていますがそんなことはまったくなく、

2、3回このようなピンチを脱した後は、「日記を書かないと逆に落ち着かない」という状態に至ることができました。

今にして思うと、これが習慣化した証だったのかなと思います。

日記を続けていて良かったこと

さて、ではここまで長期間にわたり日記を続けてよかったことはあるのか?という点についてお伝えしたいと思います。

ブログの記事に活用

まず、私は現在ご覧いただいている通り、ブログを書いております。

いくつかの記事は私の失敗談を交えて執筆しているのですが、あの時どんな気持ちだったかなぁ…どうしてそうなったんだっけ…等、

当時の詳細を思い出せない場合に読んだりしています。

思考プロセスの分析

また、単純に当時の思考プロセスがわかって面白いです。

私は昔、闇属性で劣等コンプレックスの塊でした。油断するといつも思考がネガティブになっていたような気がします。

そんな私がどうしてこうなったのか、何が転機だったのか。それらもすべて書かれている日記はやはり読んでいて面白いです。

自分のルーツというか、いろいろな選択をしてきて今に至っているのだなぁということが本当によく伝わってきて感慨深いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はどうして私が10年以上にわたり日記を継続できたのか、習慣化のコツについてまとめてみました。

いっちょまえに10年以上続いた!なんて言っていますが、自分でもまさかここまで続くなんて想像できませんでした。

しかも日記に書いた自分の失敗談や闇感情のどろどろしたものを基にこうしてブログの記事にしているなんて想像もできませんでした。

全然関係ないような、まったく目的が異なるものであったのに、こうして今はブログに活かすことができる。

まさに点と点がつながった瞬間、というのでしょうか。本当に自分の行動が未来のどこにつながるかなんてわからないですね。

あんなに引っ込み思案だった私が、自分の感情をうまく表に出せないからこそ、表現の場として日記を選んだ私が、

今こうして皆さんにブログという形で表現しているなんて。

人生って本当にわからないですね(*^_^*)

最後は少し熱くなってしまいました!今回もここまでお読みいただきありがとうございました(^^)/

次回の記事でまたお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です