Twitterはコチラ

リライトって何するの?記事をリライトする時の書き方を紹介!

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ)わくにんです!

ブログを書いている方であれば一度は耳にしたことがあるリライトという言葉。

内容の一部を書き直して更新するということですね!

ブログで生計を立てている方は「リライトなくしてブログの成長はありえない」ということを仰っている方が多いです。

そこで今回は、リライトって具体的に何をどうすればいいのかということについて、私がリライトする際に確認しているチェックポイント及び書き方をご紹介していきたいと思います(^^)/✧˖°

記事をリライトする時の書き方紹介!

記事を読み直す

まず、リライトしようと考えている記事の内容を一通り読み返しましょう。

ざっと読んで、内容が一貫しているか(横道に逸れていないか)、誤字脱字がないか、誤った表現(的を得るなど。正しくは的を射るです。)を用いていないか確認します。

この時に大体どの辺りを直した方がいいかの目星をつけます。

確認するポイントの詳細をひとつずつご紹介していきますね。

文字数を確認

記事の文字数が2,000字~2,500字前後となっているかを確認しましょう。

なぜなら、Googleに内容が充実していると判断されるのは、文字数の多い記事だからです。

GoogleAdSenceに合格する基準がそれを物語っています。

基準をベースに考えるのであれば、最低でも1,500文字以上書かれていることが望ましいです。

なので、1,500字未満の記事はリライト対象です!

ですが、ここで注意なのは文字数が多ければ多いほどいい、ということではないということです。

もちろんGoogleに評価されることは大切な要素ですが、そもそも読者さんが読むのが大変なくらいの文字数になってしまうと、記事自体途中で読まれなくなってしまう可能性がありますよね。

Googleの評価と読者さんのニーズの両方を考えた時に適切な文字数が2,000~2,500字となります。

私の場合ですが、どんなに長くても3,000字を超えないように心がけています!

SEO対策はされているか

SEO対策については、今はもうする必要はない。それよりもSNS集客に注力すべき、という声も増えてきていますが、できることはやっても良いのでは?と個人的には思っています。

せっかくリライトするのであれば、そのついでにSEO対策もしちゃえー!というイメージです。

SEO対策ってなに?具体的にどうすればいいの?という内容だけで1記事書けてしまうので、本記事ではブログをはじめて間もない方でも今すぐにできるSEO対策に少し触れたいと思います。

MEMO
SEO対策を厳密に言うと、文字数や後述する記事の内容もSEO対策であるといえます。
そういう意味では、何のためにリライトするの?=SEO対策するためだよ と言えなくもない。。

例えば、記事タイトル(h1タグ)のキーワードをきちんと絞り込む、この時ユーザーが検索するキーワードを設定する、ということだったり、記事本文にも設定したキーワードをきちんと登場させる、ということが必要となります。

リライトする際には、キーワードに自分が設定したキーワードに注目して記事を更新しましょう!

文字数が多すぎる場合、別記事を書くのもあり

文字数については先にご紹介した通りなのですが、あまりにも長い(3,000字超以上)場合は、別記事に分けてしまう方法もありかと思います。

特に、文字数が多くキーワードの特定が困難となってしまっている記事は、思い切ってどこかで分断して、きちんとそれぞれの記事でキーワードはこれ!と言えるようにリライトしても良いと思います。

私は以前パーソナルカラーと骨格診断(+α)を一度に受けたのですが、この記事を1つにまとめようとしたところ、とんでもない量の文字数となってしまいました。

そこで、「パーソナルカラー」と「骨格診断」という独立した2つのキーワードで記事にすることができると考え、元々1つにしていた記事を2つに分けて文字数の調整に成功しました!

パーソナルカラー診断を受けてきました! 足を上げてストレッチする女性 骨格診断&顔型診断を受けてきました!【判断基準もお伝えします】

内容の精査

あとは、元々の記事内容を詳しく精査していきます。

具体的に行うことは以下の通りです。

・肉づけできないか

・根拠の追加

・余計な部分はないか

文字数が少ない場合であれば、内容についてもう少し肉づけできる部分はないかというのを確認していきます。

ただインプットしたことだけではなく、自分の経験を交えてみたりして、自分だからこそ書ける記事=付加価値を上げることも大切です。

また、文字数が少ない場合は、根拠を追加できる箇所がないかも確認します。根拠の有無で権威性もだいぶ変わりますので、信頼できる引用元を記載するといった対応も有効ですね。

文字数が多い場合は、逆に余計な部分がないかの確認をしましょう。

特に興味のある分野や好きな分野については、ノリにのって結構余計なことを書いてしまいがちです(;^_^A
※かく言う私もよくあります…

記事を見直すことで、本当にこの内容はこの記事に必要なのか?ということも冷静に見ることができると思いますので、リライトの際に余計な部分は削除しましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、リライトする場合にどういう点を確認すべきなのか、リライト方法についてご紹介いたしました!

ブログを始めたばかりの時は「とにかく記事数を!」という思いでなかなかリライトまで着手できないですが、ある程度の記事を書けたら少しずつ過去の記事をリライトして、記事の価値を上げていきたいですよね(*^_^*)

ここまでお読みいただきありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょう✿

ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です