Twitterはコチラ

パーソナルカラー診断を受けてきました!

今日もにんにん、こんにちは(ฅ`ω´ฅ)わく忍です!
今回は、わく忍が念願だったパーソナルカラー診断を受けてきた結果についてレポートしたいと思います!

パーソナルカラー診断とは、人それぞれ生まれ持った肌の色や瞳のイメージ等から、その人に合った分類に当てはめる診断です。
パーソナルカラーにはSpring(春)、Summer(夏)、Autumn(秋)、Winter(冬)の4つの分類があります。
大別すると黄色みの肌(イエローベース)をお持ちの方は、Spring(春)or Autumn(秋)で、
青みがある肌(ブルーベース)をお持ちの方は、Summer(夏)、Winter(冬)となります。
自分のパーソナルカラーを用いたメイクをしたり洋服を着ることで、肌がきれいに見えたり、血色が良く若々しくみられるという女性必見の診断なのです。
※パーソナルカラーの詳細については、また別記事でまとめたいと思いますので今回は割愛させていただきます。ご容赦ください。

わく忍は、以前とあるコスメのコーナーでパーソナル診断を受けたことがあり、そこで「典型的なサマー」と言われました。なので「きっとサマーだろう、サマーにちがいない」と思っていたのですが、ところがどっこいな結果が待ち受けておりました。
順を追ってご説明していきますね。

第一のチェック:手のひら

まず、確認されたのが手のひらの色でした。

わく忍、自分で言うのものなんですが肌が白い方です。北海道出身であるということも関係しているのか、昔から「肌白いね!」と人に言われ続けていました。

以前、コスメのパーソナル診断を受けた時も腕の内側にイエローベースとブルーベースのファンデーションを乗せて、どちらがより肌になじむかという検証をしていただきました。
その結果、ブルーベースのファンデーションがなじんだために「サマー」と診断されたのですが…。

ともあれ、手のひらもやはり白いです。白いのですが、この日パーソナル診断の担当をしてくださった方(サマータイプ/夏希さん・仮名)の手のひらと見比べると、わく忍の手のひらの方が少々黄色っぽいのです。夏希さんの手のひらはどこか赤っぽいというか、確かに黄色みがない肌でした。

夏希さんもこの時既に(というか初対面からなんとなくそうかなと思っていたそうですが…笑”)わく忍がどのタイプか気づき始めていたようでした。

第二のチェック:瞳

次に瞳の色です。
黒目(瞳孔)とその周りの茶色い部分(虹彩)の色と、瞳孔と虹彩の境界部分をチェックされました。
私の虹彩は明るめのこげ茶で、境界部分もソフトでやわらかな印象になっているとのことでした。
(境界部分が、マーカーでひいたようにはっきりくっきりの方もいらっしゃるそうです!)

ここまでの2つのチェックでなんとなーく大別できるようですね。
ともあれ、きちんとパーソナルカラーを判断するためには、最後のチェックが必要となります。
夏希さんも「おそらくこっちだと思う」と思いながら最後のチェックに臨み、わく忍のパーソナルカラーについて結論を出したとのことでした。

第三のチェック:ドレープ

これは、さまざまな色の布を顔の近くにあてていき、肌の透明感・血色感・瞳の印象・全体の雰囲気等を総合的に診断してくものです。

例えば、言葉で表現するならピンク!と言える4枚の布(同じピンク色なのに色が薄い、濃い、少し青っぽい、オレンジに近いという感じ)が用意され、それを次々にあてていくのです。

この4枚の布がそれぞれ、Spring(春)用、Summer(夏)用、Autumn(秋)用、Winter(冬)用となっています。
同じ工程をピンク・黄・青・白・緑・紫というように色々な色で試していきます。

はじめにピンク色の布をあてていったのですが、この時点で既に脱落するだろうものがはっきりと私にもわかりました。

Winter(冬)です。

Winter(冬)用のピンク布を当てた時、悲しきかな、目の下が黒くクマができたような感じになり、
全体的に疲れている、老け込んでいるというような印象になってしまいました。

その後あてたのが確か黄色だったかな…?
この布を当てた時に脱落したのがAutumn(秋)です。
Autumn(秋)用の布を当てた時、顔が黄ばんでしまい、透明感とは程遠いものとなってしまいました。
元々黄色い色の布を当てているから仕方ないのかなと思ったのですが、ピンクに戻ってもらっても、他の色の布をあてても、やはりこの現象は変わりませんでした。

残ったのはSpring(春)とSummer(夏)です。
肌が白いため、夏希さんもここ2つから絞り込むことに苦労したようです。
結果が出たのは2色ほど試した後です。

Summer(夏)の布をあてると、わく忍の肌の白さが際立ち、「本当に肌白いね!」と言われても仕方ないなこれは。と思うほどにスゥっと白くなりました。
でも、どちらかというと人形のような作られた白さ、青白く血色をあまり感じない白さだったのです。

対してSpring(春)の布を当てると、肌の白さはそのままに頬の辺りがぽっと血色づきました。充分「肌白いね!」と言われるくらいの白さではあるのですが、その状態に加えて「健康的な白さ」という印象を抱くことができる肌になったのです。

このことから夏希さんが判断した結果、わく忍のパーソナルカラーは「Spring(春)」とのことでした!
また、この日の診断ではメインだけではなくセカンドカラーまで診断してくださったのですが、セカンドカラーが「Summer(夏)」でした。
※以前診断してくださった美容部員さんも間違いではなかった…!

「Spring(春)」「Summer(夏)」の中でも、明るい系の色やパステルカラーが似合うとのことです。
とにかく明るいわく忍ということでしょうか……笑”

ともあれ、パーソナルカラーが判明したことは私にとって大きな一歩です!
家にあるワードローブを確認し、この色は似合わぬというのが一目瞭然!ワードローブ整理に大助かり✿
そして不要な洋服が整理できたら、今度は似合う色の服やアイテムを購入するだけ(^^)/
自分に似合うものだけで構成されたワードローブを作ることができるのです✧˖°

今から買いものするのが楽しみで仕方ありません!!(`・ω・´)
そして、実はこの日の診断パーソナルカラーだけではなく骨格診断と顔型診断もやっていただくという3本立ての診断だったのです。
また別の機会に骨格診断と顔型診断レポも掲載したいと思いますので、そちらもお読みいただけますと幸いです(*^_^*)

今回もここまでお読みいただきありがとうございます!
また次回の記事でお会いしましょう✿
ドロンなのです★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です